生命保険外交員の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>生命保険外交員の仕事の年収・やりがい・本音

生命保険外交員の仕事の年収・やりがい・本音

insurance-canvasser

生命保険外交員の仕事の年収・月収

生命保険外交員の仕事の年収や月収は、その人がどれだけ新規の契約を結べたかによって大きく違ってきます。正社員として雇用され最低限のノルマを達成している場合は、月収15万円程度、年収250万円程度ですが、次々と新規契約をこなしているような人だと月収40万円以上、年収も800万円から1000万円近くになる人もいます。

スポンサードリンク

生命保険外交員の仕事は、消える職業?消えない職業?

以前は死亡保険や医療保険だけだった生命保険の種類は、最近ではあらゆる場合に対応できるようにその補償内容も細かくなtっており、生命保険を掛けようと思っても一体どの保険を選べば良いか悩んでしまうほどです。そんな時に細かい説明をしてくれて相談できる生命保険外交員の存在は非常に有難いものなので、これからも消えない職業として存在し続けていくでしょう。

生命保険外交員の仕事の将来性・安定性

最近ではネットで簡単に申し込みができる生命保険が増えてきていますが、簡単な分保険内容をキチンと理解しておらず、いざという時に保険金が支払われないなどのトラブルも発生しています。その点、生命保険外交員を通した場合の方が安心感も高くなるので、生命保険外交員の仕事の将来性や安定性は、高いものと言えるでしょう。

生命保険外交員の仕事のやりがい・本音

生命保険外交員の仕事のやりがいは、自分が提案した生命保険を契約してくれたお客様に「保険料が節約できた」とか「補償内容の見直しでたくさん保険金がもらえた」などと喜ばれた時や、契約が給与に反映された感じることができるでしょう。そのためには、自分も一生懸命勉強しなければならないので、その点が大変だという本音も聞かれます。

生命保険外交員の仕事の良い点

生命保険外交員の仕事の良い点は、基本的にお客様の元を回る仕事なので、就業時間に縛られないという点です。また一度固定客が付くとその人との長いお付き合いができ、その人からの紹介で新しいお客様と契約できたりすることもあります。さらに女性の場合は、結婚をしたり出産後でも続けられる仕事なので、長い期間働けることができる点も良い点と言えます。

生命保険外交員の仕事の悪い点

生命保険外交員の仕事の悪い点は、ノルマを達成できなければ給与が上がらない、という点がいちばんでしょう。またお客様の元に伺う仕事なので、時には夜間や土日祝日に訪問しなければならないこともあり、この点も悪い点としてあげられます。さらには、保険外交員は自営業と同じなので、いろいろな経費を自分で負担しなければならない点も悪い点でしょう。

スポンサードリンク

生命保険外交員の仕事の内容

生命保険外交員の仕事の内容は、、お客様一人一人に応じたライフプランを設計して、保険内容を詳しく説明して契約につなげていくことです。アポイントのある場所を訪れることが多いですが、一般家庭や企業に飛び込みで営業をかけることもあります。自分の会社の保険商品ばかりでなく、他社の生命保険についても勉強する必要もあります。

生命保険外交員の仕事に必要な資格

生命保険外交員の仕事に必要な資格は、国家資格の『生命保険一般課程試験』を受験して合格し、国に登録をすることです。これはその時に所属している保険会社でのみ通用する資格で、もし他の保険会社に転職する際には、再度受験して合格しなければならないので注意が必要です。さらにキャリアアップするために『フィナンシャルプランナー技能資格試験』を受験する人もいます。

生命保険外交員の仕事に必要なスキル

生命保険外交員の仕事に必要なスキルは、複雑な生命保険の補償内容をお客様にわかりやすく説明することができる話術と、お客様の疑問を解決できる幅広い知識でしょう。一日のうちにたくさんの人と話すので、もちろん社交性も要求されます。さらには、一度話しただけで契約が成立することはほとんど無いので、粘り強く説得できる根気も必要となります。

生命保険外交員の仕事のまとめ

生命保険はいざという時のためのものなので、保険を掛けようとする時にあまり補償内容を検討せず、掛け金が安くて保険金が高い保険を選んでしまいがちです。ですが、やはりそのような美味しい話はなかなか存在せず、保険金が少額だったり支払われなかったりするトラブルも発生しています。そこで求められるのが、しっかりした知識を持つ生命保険外交員の存在なのです。

スポンサードリンク

生命保険外交員の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング