工業デザイナーの収入・平均年収700万円。仕事は工業製品のデザインを担当する専門職

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>工業デザイナーの収入・平均年収700万円。仕事は工業製品のデザインを担当する専門職

工業デザイナーの収入・平均年収700万円。仕事は工業製品のデザインを担当する専門職

デザイナーは多くの人が憧れる花形の職業ですが、デザインにもいろいろな分野があるものです。

中でも機械などの工業製品をデザインする工業デザイナーについて、どれだけ収入が得られる職業なのかを中心に見ていきます。

スポンサードリンク

1.工業製品のデザインを担当する専門職

デザイナーと言えば多くの人はファッションデザイナーをまず思い浮かべますが、身の回りにあるすべての品々はどれもプロのデザイナーが形状や意匠を考案したものです。

衣料品や服飾品だけでなく家具や家電製品・雑貨に至るまで、さまざまな製品をデザインする職業をプロダクトデザイナーと言います。

プロダクトデザイナーの中でも特に自動車や家電製品・産業機械といった工業製品のデザインを担当するのが、インダストリアルデザイナーとも呼ばれる工業デザイナーです。

小さいものでは携帯電話やスマートフォンから、大きいものではパワーショベルや航空機・風力発電機に至るまで、工業デザイナーは幅広い分野のデザインを手がけています。

そうした工業製品は何よりも機能が重視されるだけに、デザインにも機械設計と一体になった使いやすさが求められます。

市場調査に基づいた企画立案からラフスケッチへと進み、CADソフトなどを使ったデザイン案作成を経て模型作成や試作品の検証実験を行うのが工業デザイナーの仕事です。

2.大企業のインハウスデザイナーは平均年収が700万円

工業デザイナーの就職先には自動車メーカーや家電メーカーといった工業製品のメーカー企業に加え、工業デザイナーやプロダクトデザイナーの所属するデザイン事務所が考えられます。

社内に専門のデザイン部門を設置しているメーカーは概ね大企業が多く、給与水準も全般に高い傾向が見られるものです。

インハウスデザイナーとも呼ばれるそうした企業内デザイナーの初任給は大卒で20万円程度ですが、経験を積むごとに給料は大幅にアップしていきます。

大手企業に勤務する工業デザイナー全体の平均年収は700万円に達すると言われており、会社員全体の平均年収を大きく上回る給与水準です。

主任デザイナークラスになると年収1000万円に達する例も珍しくないだけに、工業デザイナーは大企業の中でも優遇されているポジションと言えます。

デザイン事務所に就職した場合の平均年収は450万円程度で、インハウスデザイナーに比べると低めの水準です。

3.採用枠が少なく中途採用も経験者限定

デザイナー全体の中でも安定した高収入につながる職業として工業デザイナーは人気が高まっていますが、求人数は決して多くないのが現状です。

社内に専属のデザイナーを雇用しているほどの大企業そのものが数も限られており、そうした大企業への就職はデザイン部門以外の部署であっても簡単ではありません。

プロダクトデザイナーを含めたデザイン事務所の求人数もそれほど多くないため、工業デザイナーを目指す人にとっては狭き門を通過して就職するまでが一苦労です。

工業デザイナーになるために特別な資格などは必要ないとは言え、工業製品のデザインには美術的なスキルに加えて工学に関する専門知識も求められます。

大学や専門学校で工業デザインについて専門的に学んでも、このような事情で工業デザイナーの職が必ず得られるという保証はありません。

メーカー企業やデザイン事務所では稀に中途採用も行っていますが、その場合はほぼ例外なく経験者に限定した求人です。

スポンサードリンク

4.フリーランスとして独立すればさらに高収入も可能

工業デザインの分野は高度な専門知識を要するだけに、一度就職して手に職をつければ安定した収入につながるものです。

大手企業にインハウスデザイナーとして就職できなかったとしても、デザイン事務所への就職が実現すれば実務経験を積むことができます。

デザイン事務所にはさまざまな工業製品のメーカーからデザインの注文依頼が寄せられており、特定の分野に限定しない多種多様な製品のデザインを経験できます。

そうした工業製品はモデルチェンジを頻繁に繰り返すことで競争力が強化される面があるだけに、工業デザイナーへの注文も絶えることがありません。

デザイン事務所で経験を積めば、給与水準の高いメーカー企業に転職する道も開けてきます。

デザイン事務所やメーカー企業で一定の経験を積んだ後にフリーランスとして独立し、年収数千万円から1億円以上という高収入を実現させた有名デザイナーもいます。

5.美術系・工学系の大学や専門学校で学ぶ必要性

企業に所属しながらプロジェクトチームの一員としてデザインを担当する中でも、チーム内で傑出したアイデアを出せる人は将来フリーランスとして独立できるだけの才能の持ち主です。

もちろんそのような才能もデザインや工学に関するしっかりとした専門知識に支えられていなければなりませんが、デザインのセンスというものは工業製品の分野であっても重宝されます。

機械などの工業製品は機能が第一とされる一方で、ベストセラーを記録した製品や長く語り継がれるような製品には機能美が凝縮されているものです。

そうした製品を生み出すには工学や機械に関する基礎知識を学びながら、デザインセンスを磨くことが欠かせません。

工業デザイナーを目指す人は、ほとんど例外なしに美術系・工学系の大学や専門学校で工業デザインを学んでいます。

それらの専門知識に加え、工業デザイナーとして実戦で活躍するにはコミュニケーションスキルやプレゼン能力なども求められてきます。

大手企業なら年収700万円が望める工業デザイナー

センスが問われるデザイナーの中でも工学分野の知識が求められる点で、工業デザイナーは特殊な職業とも言えます。

機械好きで美的センスも持ち合わせている人ほど、希少価値の高い工業デザイナーに向いています。

設計した時点では未完成だった機械も、そこにデザインが加わることで機能美を持つ工業製品として完成します。

スポンサードリンク

工業デザイナーの収入・平均年収700万円。仕事は工業製品のデザインを担当する専門職に関連する記事

人気記事ランキング