インダストリアルデザイナーの年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>インダストリアルデザイナーの年収・やりがい・本音

インダストリアルデザイナーの年収・やりがい・本音

インダストリアルデザイナー 仕事の年収・月収

デザイン事務所に勤務していた知人は、残業も多くて、月収の平均は、30万円程度でした。
賞与は出たり、出なかったりがありましたので、年収は400万円程でした。その後独立し、個人事務所を設立しました。

クライアントとは年間契約の仕事をしておりました。クライアントは1社のみで、月収は36万、年収は430万でした。
勤務していた事務所は小規模でしたので、インダストリアルデザイナーの中でも年収は少ない方です。
大規模なデザイン事務所や大手企業のデザイン部では、もっと多くの収入があります。

スポンサードリンク

インダストリアルデザイナー 消える職業?消えない職業?

インダストリアルデザイナーは消える職業?か消えない職業?かと問われれば、消えない職業です。
自動車や家電製品などの工業製品が無くなることはないので、職業自体は消えないです。

広い意味で考えると、設計者や営業職の人、その他の職種の方々がインダストリアルデザイナーの職業を兼ねてしまえば、消える職業になりますが、
現在の細分化された職業区分から考えるとインダストリアルデザイナーが無くなる時は、工業製品が無くなることになります。

インダストリアルデザイナー 将来性・安定性

将来性、安定性については、インダストリアルデザイナーが所属している企業やデザイン会社にもよりますが、
大手企業であれば安定性も将来性も保障されています。

デザイン会社も大手であればそれなりに安定していますので、大手企業ほどではないですが安定性も将来性もあります。
中小のデザイン会社(事務所)では、仕事量も安定せず、短納期の仕事も多く安定性、将来性とも不安があります。
個人のインダストリアルデザイナーでも、賞を受賞するような有名デザイナーになれば、将来性も安定性も得ることができます。

インダストリアルデザイナー 仕事のやりがい・本音

仕事のやりがいは、デザインした製品にがユーザーに選んでいただき購入された時の喜びやデザインした製品が社会の役に立つような活躍をした時にやりがいを感じます。
しかしながら、そのような製品をデザインできることは、末端のインダストリアルデザイナーには、多くはありません。

商品を新鮮に見せるためだけの外観変更や、本当に必要なのだろうか?と思うような製品の外観デザインの仕事も多いので、
本音はもっと有益なやりがいのある仕事をしたいのです。
本音のやりがいのある仕事をできるのは、一部の恵まれた環境にあるインダストリアルデザイナーの場合が多いです。

インダストリアルデザイナー 仕事の良い点

インダストリアルデザイナーの仕事の良い点は、クライアントがイメージするものを形にすること。
何もないところから製品を生み出してゆくところです。

インダストリアルデザインの多くの場合は、製品の仕様(設計要件など)が決まっていて外観のデザインをするのですが、
製品の仕様に合わせ、さらにクライアントの要望を兼ね備えたデザインを作り出してゆくところが面白く、良い点です。
外観だけでなく製品のコンセプトや仕様まで含めたプロジェクトを担当できた時は、さらに充実した仕事ができます。

スポンサードリンク

インダストリアルデザイナー 仕事の悪い点

インダストリアルデザイナーの仕事の悪い点は、製品の仕様の変更がたびたびあったり、クライアントの要望が当初のものから次から次へと何回も変わることもあり、
無理な注文がさらに困難になったりする場合もあります。

クライアントがデザインに見識が浅い場合に多いのですが、デザインの変更がいとも簡単にできるように見られがちで、
軽い気持ちでの変更が、実際には大変に無理難題な場合が多く、大変な思いをすることが悪い点です。

インダストリアルデザイナー 仕事の内容

仕事の内容は、クライアントとの打ち合わせにて、要望を探り出したり、製品の仕様を決める。
それを基に外観のデザイン(実現できる形を考える)ことです。

多くの時間を割くのは外観デザインです。クライアントや各部門(設計や営業)との打ち合わせも多いです。
年齢や経験によっても仕事の内容は変わってゆきますが、他の業種と同じように、経験を積んでゆくにつれ、
デザイン業務(現場的な仕事)以外の打ち合わせや折衝が多くなってゆく傾向です。

インダストリアルデザイナー 仕事に必要な資格

必要な資格については、必須な資格はないのですが多くのクライアントとの仕事をするためには、語学の資格が必要な資格です。
英語が堪能であれば、日本国内だけでなく海外のクライアントの業務もでき、仕事の幅が広がります。

近年では中国にデザインの仕事が多く、中国の資格も大きな魅力です。
自動車や2輪車の免許やメンテナンスの資格があると、それに関係する仕事をより充実した深い仕事ができるので、
必ず必要な資格ではないのですが、持っていても損はないです。

インダストリアルデザイナー 仕事に必要なスキル

仕事に必要なスキルは、形を実現できるように表現するスケッチするスキル、デジタル(PC)だけでなく、
アナログで紙に書くスケッチのスキルも大切です。

アナログ(紙)のスケッチは、アイディアをダイレクトかつ魅力的に表現できるものでスケッチのスキルが高いデザイナーがとても有利です。
自動車業界では質の高いスケッチ(レンダリング)が要求されます。

また3次元で物を表現する、モデル(模型)のスキルもあるとさらに良いです。
最近では、3D/CADソフトが使えることも重要になっています。

インダストリアルデザイナーの仕事まとめ

インダストリアルデザイナーは、やりがいがあります。
何もないところから形を生み出してゆく、とてもクリエイティブな仕事です。

ほかのデザイン(グラフィックや建築など)と同じように、クライアントの要望を見つけ出し、
それを現実のものへ変えてゆくことがとても大変ですが面白く楽しいものです。

ほかの業種にも当てはまりますが、大変なことも多いですが、
社会に役立つ製品を生み出すこともあります。
そんな仕事をできたときはとても充実した気分になれます。

スポンサードリンク

インダストリアルデザイナーの年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング