イラストレーターの仕事の年収・やりがい・本音はコレ

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>イラストレーターの仕事の年収・やりがい・本音はコレ

イラストレーターの仕事の年収・やりがい・本音はコレ

illustrator

イラストレーター 仕事の年収・月収

イラストレーターの年収・月収はあまり良いものとは言えません。

収入が不安定な上、年収は100万円や200万円未満の人もいるのが現状です。

イラストレーターの平均月収は15万円から20万円程度、
年収にして250万円から500万円程度と言われています。

しかし名前やイラストが売れて有名になることができれば、
1枚の絵で数十万円の収入をあげることも夢ではありません。

スポンサードリンク

イラストレーター 消える職業?消えない職業?

イラストレーターが消える職業か消えない職業か、
という議論ですが、消えない職業と言えるでしょう。

なぜなら、本や雑誌はペーパーレス化し、
紙媒体が減少しつつありますが、その一方でデジタルでの表現方法は広がりを見せているからです。
ソフトを使用してイラストの加工にも幅を持たせることができます。

また、可愛らしいイラストに癒やしを求める人々も多いものです。
このことからイラストレーターは消えない職業と言えます。

イラストレーター 将来性・安定性

イラストレーターの将来性ですが、イラストはさまざまなシーンに彩りを加えることから、
至る所で活躍できます。

イラストで人々を楽しませたり癒やしたり、
イラスト自体をメインにした作品以外にも、

ビジネスとしてのイラストや、本や書類の挿絵からゲームなどのエンターテインメントまで、
やり方次第で活躍の場をいくらでも見いだすことができるのです。

また、デザイン会社での勤務や事務所に所属していれば、
フリーよりは安定性が望めるでしょう。

イラストレーター 仕事のやりがい・本音

イラストレーターの仕事のやりがい・本音は、
自分らしい絵を描いて、その絵や自分の名前を多くの人に知ってもらう機会が得られるところでしょう。

絵には独特の線やタッチがあります。そのため自分の絵は自分にしか描くことができません。

代わりはいないという自負を持って活動できるのが仕事のやりがいです。

スポンサードリンク

イラストレーター 仕事の良い点

イラストレーターの仕事の良い点は何より、
好きなことを仕事としていけるところです。

また、会社や事務所に所属するもよし、
フリーランスとして活動するもよし、

フリーランスでなく所属しながらでも在宅で働ける場合もあります。

働き方も比較的自由なので、
仕事と生活の両立をしやすいこともイラストレーターの良い点と言えます。

イラストレーター 仕事の悪い点

イラストレーターの仕事の悪い点は、
やはりイラストの単価や月収・年収が低めということでしょう。

仕事としてイラストを描くには練習に練習を重ねる必要がありますし、
継続して仕事をもらえてしっかりと生計を立てられるようになるまでには、
ある程度の期間を要します。

それゆえイラストレーター以外にもアルバイトなどをして、
生活の足しにしなければならないこともあるのです。

イラストレーター 仕事の内容

イラストレーターの仕事内容は、基本的には依頼された内容のイメージに合ったイラストを描いていくことです。本や雑誌、パンフレットなどに載せるイラストの依頼が多いようです。ほかにも内容を絵本に特化したり似顔絵に特化したり、やり方によっては専門のイラストレーターとしてやっていくこともできます。

イラストレーター 仕事に必要な資格

イラストレーターの仕事に必要な資格は特にありません。

資格が必要ないばかりか、
イラストの描き方なども専門学校で必ず学ばなければならないわけではありません。

しかし、名の知れたイラストレーターは
やはり基礎から確実に学んでいる場合が多いですし、

しっかりと安定したイラストを描けるようになるには
第三者目線で評価やアドバイスをしてもらえる学校に通って刺激を受けるのも良いでしょう。

イラストレーター 仕事に必要なスキル

イラストレーターを仕事としていくために必要なスキルは、
イラストを描く技術はもちろん、協調性や柔軟性です。

まずは依頼に沿ってイラストを作成することが大前提なので、
依頼元や掲載する媒体が違えば、要求されるイラストのテイストも異なります。

それに対してその都度適切に対応できる柔軟性を身につけましょう。
さらに、修正や追加などにも迅速に対応することが求められるので協調性も大切です。

スポンサードリンク

イラストレーターの仕事の年収・やりがい・本音はコレに関連する記事

人気記事ランキング