【子育てを片親だけでするには、お金を稼ぐ方法を得るか慰謝料をもらうことが不可欠!】「いい夫婦の日」で婚姻率上昇!?離婚率も上昇すると、慰謝料、財産分与、子供の養育費・面接交渉は大変だ!!

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>【子育てを片親だけでするには、お金を稼ぐ方法を得るか慰謝料をもらうことが不可欠!】「いい夫婦の日」で婚姻率上昇!?離婚率も上昇すると、慰謝料、財産分与、子供の養育費・面接交渉は大変だ!!

【子育てを片親だけでするには、お金を稼ぐ方法を得るか慰謝料をもらうことが不可欠!】「いい夫婦の日」で婚姻率上昇!?離婚率も上昇すると、慰謝料、財産分与、子供の養育費・面接交渉は大変だ!!

fufu

【子育てを片親だけでするには、お金を稼ぐ方法を得るか慰謝料をもらうことが不可欠!】「いい夫婦の日」で婚姻率上昇!?離婚率も上昇すると、慰謝料、財産分与、子供の養育費・面接交渉は大変だ!!

「いい夫婦の日」ですね!はい、こんにちは。【笑いヨガリーダー、福来たる】です。

せっかく夫婦になったのですから、
できれば仲良く、お互いに髪が白くなり、腰がまがっても、にこやかに最後までi一緒に過ごしていきたいものですネ!

でも、

平成23年の厚生労働省「人口動態統計」によると、

⇒ 人口1,000人あたりの  <全国平均> =    婚姻率‥ 5.5 人(組)

離婚率‥ 1.99 人(組)  だそうなんです。

なんと、2.8組に一組が離婚しちゃってるんですね。

離婚の理由は、

20~49歳の既婚の男女208名にアンケートが実施した結果によると、

1位は「会話がない」で、51.4%が「これは絶対イヤ」と回答しています。

2位以下は「服を脱ぎっぱなし」「趣味に没頭する」など、
自分勝手な行動、だそうです。

昔に比べて、嫌なことを我慢することができなくなっている人が増えて入りのかなあ。、
いとも簡単に離婚しちゃうようです。

心理学者のフィッシャーが離婚の理由を大きく4つ上げています。

・結婚に対する心の準備ができていなかった。
・結婚に大きな期待を持ちすぎた。
・知能・年齢・学歴・文化・興味などに差があり過ぎた。
・どちらかがヘンか、両方ともヘン。

確かに、うなずける理由ですね。
自分と妻の関係を考えてみると、お互いに、あきらめているところがあるかもです。

逆に、

いい夫婦の日をすすめる会が、夫婦の今を知り、素敵な夫婦の明日を築く道標となることを願って既婚者を対象に実施しているアンケート結果(18歳以上の既婚者男女800人) によると、

・今のパートナーを選んだ理由は?
「性格」が52%で最も高い。次いで、「優しさ(思いやり)」(46%)、「フィーリング」(40%)、「安心感」(36%)が3割以上で続くいています。

・2.(生まれ変わったら)今のパートナーを選ぶか?
「どちらともいえない」が46%で最も高い。次いで、「もちろん今の相手を選ぶ」が34%、「別の人を選ぶ」が21%となっています。

3.今の夫婦円満度は?
「とても円満」が24%。「まあ円満」(55%)まで含めた「円満計」が78%。「円満ではない計」は8%。

4.夫婦円満のために大切なことは?
「話をする・聞く」が47%で最も高い。次いで、「信頼する」(43%)、「言葉にして感謝を伝える」(36%)、「程よい距離感」(34%)が3割以上で続いています。

5.夫婦で会話する時の話題は?
「こどものこと」が70%で最も高い。
次いで、「食事や食べ物について」(67%)、「お休みなどの予定」(63%)、「健康・体調について」(57%)、「仕事・会社のこと」(51%)が5割以上で続いています。

6. 夫婦ふたりで行なうこと‐【未来にすると思うこと】 は?
、「国内旅行」が58%で最上位項目に挙げられている。
次いで、「外食」(56%)、「買い物」(54%)、「海外旅行」(35%)、「映画・演劇・コンサート鑑賞」(31%)、「ドライブ」(30%)が3割以上で続いています。

う~む。とりあえず、子供は巣立ってしまったので、
まずは、 食事や健康のことで、妻との会話を多くして、一緒に、しばらくぶりの旅行でもいってみましょう。

なんとか、いい夫婦でいられますよ~に!!
だって、離婚するって、とんでもなく大変ですよ!

離婚する前には、慰謝料、財産分与、子供の養育費・面接交渉など決めなきゃならないことが目白押しです。
友達が何人か離婚したので、その面倒くささや煩雑な手続きを、少し知っているんですよ。

離婚する前には、まず、子供の親権者を決めます。
それ以外に慰謝料、財産分与、子供の養育費、子供への面接交渉などの取り決めをします。

この取り決めを書面(=離婚協議書)にしなくちゃならないんです。口約束だけにすると、証拠が残らないので、あとあと揉めるんですよね。!

離婚協議書を作成しても、守られなかったり、お金が支払われなかったりする場合が結構多いので、さらに協議書を公正証書にしなくちゃあなりません。
公正証書には強制執行力があるんです。

もし、相手の支払いが滞ってしまった場合、、裁判や調停を経ることなく給料の差し押さえなどができるんですね。

さて、慰謝料です。
浮気・不倫や暴力・DVなどによる、肉体的・精神的苦痛の代償を、相手に請求するのが慰謝料です。
性格の不一致、信仰上の対立、家族親族との折合いが悪いとかいう場合については別です。

これは、どちらに責任があるかという判断がむずかしいからなんですね。
慰謝料の支払義務が生ずるとはいえない場合が多いと考えられています。

慰謝料の金額は、法律によって明確な基準が定められていません。
これが揉める理由ですね。

支払う側の収入によりある程度の上限がでてきます。
慰謝料の相場は、夫の年収が500万円なら、妻への慰謝料は100万円から300万円が相場です。

さらに、財産分与があります。
離婚の際に夫婦二人で築いてきた財産を分けることです。

とどめが養育費ですね。

未成年の子供を育てるための費用です。子供が健全に社会人として自立するまでに必要な全ての費用で、衣食住の費用、教育費、医療費などが該当します。
支払い期間は、原則20歳までです。ただ子供の大学に入ると期間を延長することが多いですね。

金額は、夫婦の協議で決めます。統計的には・子供1人で2~4万円・2人で4~6万円・3人で5~7万円が多いようです。

この離婚協議の場面でも、とにかく自分の意見ばかり言わないで、相手の意見も良く聞くことが重要です。じっくり話し合いを重ねるしかありません。
お互いの意見が食い違う場合、話し合いがまとまるまでには、かなりの労力と時間がかかります。

離婚成立の時には、疲労困憊してしまうケースがほとんどですね。
やっぱり、何としても、いい夫婦でいるのが一番です!!

スポンサードリンク

【子育てを片親だけでするには、お金を稼ぐ方法を得るか慰謝料をもらうことが不可欠!】「いい夫婦の日」で婚姻率上昇!?離婚率も上昇すると、慰謝料、財産分与、子供の養育費・面接交渉は大変だ!!に関連する記事

人気記事ランキング