IC生産オペレーターの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>IC生産オペレーターの仕事の年収・やりがい・本音

IC生産オペレーターの仕事の年収・やりがい・本音

IC

IC生産オペレーターの仕事の年収・月収

IC生産オペレーターの仕事の月収や年収は、正社員なのか、それとも契約社員や派遣社員なのかという立場の違いによって違ってきます。最先端のICチップを24時間フル稼働で生産しているような工場の正社員だと、月収は30万円前後、年収は600万円前後になりますが、契約社員や派遣社員だと、月収15万円程度、年収も250万円程度になります。

スポンサードリンク

IC生産オペレーターの仕事は、消える職業?消えない職業?

今やICチップは、コンピューターや航空機、船舶、自動車などはもちろん、ありとあらゆる電化製品に組み込まれており、その使用範囲は多岐に渡ります。そのため、作り出すICチップも多様なものが求められますので、IC生産オペレーターの仕事は、今後も消えない仕事としてますます重要な役割りを果たす仕事のひとつとなっていくでしょう。

IC生産オペレーターの仕事の将来性・安定性

以前は手動で動かしていた物も、最近ではICチップが組み込まれ、ボタンを押すだけでいろいろな操作が簡単にできるようになってきています。 この便利さの元を作り出しているのが、IC生産オペレーターの仕事ですので、ICオペレーターの仕事の将来性は確固たるものがあり、その安定性もしっかりとしたものが保証されているでしょう。

IC生産オペレーターの仕事のやりがい・本音

IC生産オペレーターの仕事のやりがいは、例えばiPhone6発売前に、工場が24時間稼働した時などのように、自分の作っているICチップが、世の中を動かす原動力になっているという自負心を感じることでしょう。ただ、その時にはノルマを達成するために過重な労働を要求されることもあり、それが大変だという本音も聞かれます。

IC生産オペレーターの仕事の良い点

IC生産オペレーターの仕事の良い点は、一旦ベルトコンベヤーが動き出すと、雑念に惑わされること無く、作業に集中することができるという点です。また、きちんとした時間配分もなされているので、休憩と作業との間にメリハリがあって、その点から、よりいっそう作業に集中しやすくなっているという点もあげられるでしょう。

IC生産オペレーターの仕事の悪い点

IC生産オペレーターの仕事の悪い点は、ICの製造はベルトコンベヤーで一貫して行われており、自分の都合でその流れを止めてしまうと、製品製造に大きな支障をきたしてしまうという点です。また、ICチップはホコリやチリが厳禁なので、工場に入る前に防護服を着たり、洗浄をしなければならない点も悪い点としてあげられます。

スポンサードリンク

IC生産オペレーターの仕事の内容

IC生産オペレーターの仕事の内容は、オートメーション化された設備の中で、装置や機械を使ってICチップを組み立てていくことです。ICチップの組み立てと言っても、その工程には多くのものがあり、ベルトコンベヤーの流れ作業の中で、オペレーター一人一人がそれぞれ違った作業をしながら、ひとつのICチップを作り上げていきます。

IC生産オペレーターの仕事に必要な資格

IC生産オペレーターの仕事に必要な公的な資格はありません。作業そのものは難しいものでは無く、どちらかというと単純作業に当たるので、企業側は多くの人材を求めています。そのため、高卒で採用される人が多く、その人たちが主戦力となっています。立ちっぱなしの作業があったり、3交代勤務の工場もあるので、比較的若い人材を募集しています。

IC生産オペレーターの仕事に必要なスキル

IC生産オペレーターの仕事に必要なスキルは、ベルトコンベヤーに乗って流れてくる部品を、正確に手早く組み立てていかなければならないので、高い集中力や注意力が必要でしょう。また、ICチップは細かいため、顕微鏡を使った作業も必要になります。そのため、視力の良さや目を酷使しても疲れにくいことも採用条件にあげられています。

IC生産オペレーターの仕事のまとめ

現代では、個人の家の中でも、ICチップが組み込まれた多くの電化製品が使われていて、いつもどこからかピーッという電子音が聞こえたり、至る所に緑色に光る液晶があったりします。簡単で安全に電化製品を操作できるのは、すべてこのICチップのおかげですので、その根本を支えていてくれるIC生産オペレーターの存在を、もっと認識すべきでしょう。

スポンサードリンク

IC生産オペレーターの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング