じんかい収集作業員の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>じんかい収集作業員の仕事の年収・やりがい・本音

じんかい収集作業員の仕事の年収・やりがい・本音

jinkai

じんかい収集作業員 仕事の年収・月収

じんかい収集作業員の収入は、働き方によってかなり大きく変わってきます。地方自治体に雇用されたじんかい収集作業員の場合、待遇は公務員扱いのため、かなり高水準の収入を得ることが可能です。逆に自治体から業務委託されたじんかい収集の業者に雇用されている場合、大半は非正規雇用が多く、収入の水準は低いようです。
具体的なデータで見ると、公務員としてのじんかい収集作業員の場合は、平均で年収が約900万円弱、月収でも約50万円前後とかなり高額です。一方でじんかい回収業者に勤める人の場合ですと、年収約400万円、月収では18~30万円の間と言われています。

スポンサードリンク

じんかい収集作業員の仕事は、消える職業?消えない職業?

人が生活している上で、必ず発生してしまうのがゴミです。じんかい収集作業員はそのゴミを回収し、処理場に運ぶ仕事をしているわけですから、必然的にじんかい収集作業員は消えない職業ということが出来ます。また、ゴミ回収以外にも街中の公衆衛生に携わる機会がじんかい収集作業員は多いため、その存在は不可欠です。
ゴミ回収の方法が劇的に変化したり、各家庭でゴミを処分するようなシステムが出来上がらないかぎり、じんかい収集作業員が消える職業となることはないでしょう。

じんかい収集作業員 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、どこに雇用されているかで変わってくるでしょう。地方自治体に雇用されていれば、高水準の収入を安定して得ることが出来ます。逆に回収業者に雇用されている場合でも、正規雇用であればそれなりに安定した収入を得ることは可能です。
将来性に関しては難しく、公務員の立場であれ会社員の立場であれ、長く働いていても収入が上がらないという特徴があります。そのため、何年働いて有益なスキルを身につけても、それが収入アップには繋がることはありません。そういう意味では、将来性は低いといえます。

じんかい収集作業員 仕事のやりがい・本音

じんかい収集作業員が行っているごみの収集は、いわば住民にとってみれば行政が行っている行政サービスの一つであり、最も身近なものです。そのため自身の仕事の成果を感じる事が多く、時に住民の方から感謝されることもあるとのことです。そういった時、大きなやりがいを感じる事ができると答える方は多いようです。
ただし、ゴミの収集という作業には特別なスキルが必要なわけではなく、仕事内容も単調なため、中々やりがいに繋がりにくい……という本音を持っている方も多いのが実情です。

じんかい収集作業員 仕事の良い点

地方自治体に雇用されている場合は、非情に水準の高い収入が魅力的です。なんといっても公務員扱いですので、高い水準と安定性は群を抜いています。それは働く人にとっては良い点といえるでしょう。
また、同じく自治体に雇用されている場合は、残業も少なくプライベートの時間とのバランスを取りやすい点が良い点として挙げられます。プライベートの時間もしっかりと確保したい人にとっては良い点といえます。
しかし、いずれも公務員として勤務していた場合です。回収業者に雇われている場合は、この限りではないようです。

じんかい収集作業員 仕事の悪い点

じんかい収集作業員が回収するのはゴミなため、場合によっては極めて不潔な物を扱う場合があります。ゴミ以外にも動物の死体や悪臭のするもの、危険なものを回収する場合もあり、この点は清潔な環境で働きたい人にとっては悪い点といえます。
また、高待遇や水準の高い収入などは公務員として働いていた場合です。回収業者に雇用された正社員や非正規の職員の場合は、年間の休日も少なく収入も低い水準です。この点は悪い点と言わざるを得ません。

じんかい収集作業員 仕事の内容

街の住民が日々生活をしていく上で大量に発生したゴミを回収することが、じんかい収集作業員の仕事になります。ごみには可燃、不燃、粗大、資源といった数多くの種類のゴミがあり、それらが地域によって決まった日に外に集められます。それを回収するのがじんかい収集作業員の主な仕事です。
回収はゴミ収集車に乗って行います。2~3人のグループで一台の収集車に乗り、決められたコースに従ってゴミを収集していきます。
回収するものはゴミだけでなく、動物の死体や危険物、悪臭のするものの場合もあります。

スポンサードリンク

じんかい収集作業員 仕事に必要な資格

じんかい収集作業員になるのに必要な資格は特にありませんが、業者や自治体によっては自動車免許が必要になる場合があります。
なり方ですが、ゴミ回収業者や地方自治体に就職するのが一般的です。自治体の場合は採用にあたって年齢制限や学歴などの基準がある場合が多いようです。
一方の回収業者の場合はそこまで厳しい基準はないようです。他の職業からの転職者も多いので、じんかい収集作業員になる事自体はそこまで難しいことはないでしょう。

じんかい収集作業員 仕事に必要なスキル

取り立てて必要なスキルがあるわけではありませんが、必要な素養としては体力が挙げられます。どのような天気でも外に出て、重いゴミを大量に運ぶ必要があります。そのため、じんかい収集作業員になるには体力が絶対的に必要です。
また、キレイな街づくりを積極的に進めたいという奉仕的精神も求められます。じんかい収集作業員が運ぶものは、ゴミや動物の死体といった、お世辞にも綺麗ではないものです。そういった物を運ぶためには、人の嫌がることを街のために率先して行うというボランティア精神にも似た気持ちが重要です。

じんかい収集作業員の仕事のまとめ

公務員と会社員の違いが、これでもかと浮き出る職業といえます。じんかい収集作業員の待遇は公務員とそれ以外において大きく二極分化しています。現在はゴミ回収も業務委託が増えており、公務員としてのじんかい収集作業員は減少傾向にあるようです。
じんかい収集作業員の仕事は、誰かが行わなければならない仕事です。ゴミ回収というニーズも今後無くなるということは考えにくいため、業種としては安定しているといえます。公務員に比べれば待遇面や収入面では劣る部分もありますが、安定したニーズがあるという点は魅力的です。
公務員と会社員の待遇の差は無視出来ないほどの大きな問題ですが、そこにさえ目をつむることができれば、やりがいのある大切な仕事とまとめることも出来るでしょう。

スポンサードリンク

じんかい収集作業員の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング