住宅メーカー営業の収入・年収は1000万円越え!学歴によらず実力次第で収入アップ可

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>住宅メーカー営業の収入・年収は1000万円越え!学歴によらず実力次第で収入アップ可

住宅メーカー営業の収入・年収は1000万円越え!学歴によらず実力次第で収入アップ可

営業を担当する社員には歩合給を採用している企業も多く、成績次第では高収入が得られるものです。

販売する商品が高額なほど有利ですが、最も高額な商品を扱う住宅メーカー営業はノルマが厳しいことでも知られています。

スポンサードリンク

1.20代で年収1000万円超えの営業マンも

住宅の設計から施工までを手がけるハウスメーカーでは、設計を担当する部署と生産を担当する部署の他に営業職も欠かせません。

このうち設計担当と生産担当社員の収入は平均的なレベルですが、営業担当社員の場合は基本給に歩合給が加わるため、会社員全体の平均よりも収入の水準が全般に高くなります。

住宅は一生に一度の買い物と言われるほど高価な商品なのでそう簡単に売れるわけではありませんが、1件の契約に成功すれば50万円以上の歩合が得られるケースも珍しくありません。

その分だけ基本給は安く抑えられているため、1カ月に1件も契約が取れなければ20万円ほどの基本給だけになります。

1件でも契約に成功すれば月給が大きく跳ね上がり、毎月契約を取ってくるだけの実力の持ち主なら20代で年収1千万円を上回ることも十分に可能です。

2.学歴によらず実力次第で収入アップ可

契約を1件成功させるごとに適用される歩合は住宅メーカーによって異なるため、営業職の平均年収は1000万円近いメーカーもあれば500万円以下のメーカーもあります。

知名度のある大手住宅メーカーほど平均年収が高い傾向も見られますので、営業職としての就職を考えているならそうした会社を選ぶのが無難です。

住宅メーカー社員の中でも設計を担当する技術職は理系大学卒業者が採用に有利ですが、営業職は大半のメーカーが学部や学科を問わずに社員を募集しています。

そうした学歴や年功序列に関わらず、住宅を売るという営業の実力次第で収入を大きく増やせる点が住宅メーカー営業で一番の魅力です。

世の中には難関の国家資格や医師免許などを取得することで高収入が得られる職業も少なくありませんが、住宅メーカー営業で高収入を稼ぐのにそうした資格も必要としません。

3.住宅プラン案内だけでなく着工後のサポートまでが仕事内容

住宅メーカーでは家を購入したいと考えている顧客からの相談に備えて、営業所の他にショールームや展示場を展開しています。

訪れたお客様に住宅プランを案内したりリフォームの相談に応じたりするのが、営業担当社員の主な仕事です。住宅に関する広範囲に及ぶ専門的アドバイスを行います。ローン、税法、工法、不動産、ファイナンシャルプラン、などです。一番大事なのは、お客様の年収と貯蓄を元に資金計画を作り、予算がショートしないように契約を進めることです。

住宅プランが決まった後は、設計を担当する技術チームへと顧客を引き渡します。

営業の仕事はそれで終わりではなく、工事着工後もさまざまな要望に応えたりメンテナンスを手配したりと、後々までサポート役を務めます。

相談から着工を経て住宅が完成するまで1年を要する例も多く、お客様とは長い付き合いとなるものです。

設計担当や生産担当の社員は必ずしも接客を得意としているわけではないため、顧客の窓口となる営業担当社員は住宅メーカーの中でも極めて重要な役割を担います。

技術スタッフや施工スタッフと緊密に連携しながら、顧客の要望を最大限に実現させるよう各住宅メーカーの営業社員が日々奮闘しています。

スポンサードリンク

4.ノルマが厳しく激務の一面も

能力があれば年収1千万円以上を稼ぐことも可能な点で住宅メーカー営業は恵まれた職業と言えますが、誰もがそうした能力を持っているわけではありません。

もちろん実戦を積み重ねながら営業マンとして成長し、実力を高めていく人も多くいます。

それでも適性というのはあるもので、営業に不向きな性格の人にとって住宅メーカーの営業は厳しい世界です。

1ヶ月間契約が取れなかったとしても最低限の基本給がもらえるとは言え、それが何ヶ月も続けば会社に居づらくなります。

どの業種の営業でも同様ですが、特に住宅メーカーはノルマが厳しく激務なことで有名です。

住宅の購入を検討している顧客は休日や勤務時間後に相談や打ち合わせに訪れる人が多いため、一般企業の会社員が休んでいるような日時の勤務も住宅メーカー営業の場合は覚悟しなければなりません。

土日祝日に休めないのが当たり前となっているだけでなく、帰宅が深夜に及ぶ例も少なくないのです。

5.コミュニケーションが得意な人に適性

勤務時間が不規則になりがちで激務を強いられるとは言え、1件でも住宅購入の契約を取りつけたときの達成感はまた格別なものです。

営業担当者は住宅メーカーでもお客様と接する機会が圧倒的に多いだけに、一生に一度という大きな買い物のサポートをする仕事は大きなやりがいがあります。

何よりも1件の契約を取るごとに得られる高額の歩合は仕事の励みとなりますので、営業に向いた性格を自認する人にとっては最も高いモチベーションを持ちながら取り組める職業です。

未経験者でも他人とのコミュニケーションが得意で、初対面の人ともうまく会話できるような性格の持ち主なら住宅メーカー営業の適性があると言えます。

住宅に関する専門知識は入社後に勉強することによって、いくらでも身につけられるものです。

営業ノルマが厳しく離職率が高い住宅メーカーの側でも中途採用を積極的に行っていますので、転職先としても有望な職場と言えます。

人によっては大きな収入を得られる住宅メーカー営業

以上のように住宅メーカー営業担当者は、その人の能力によって得られる収入に大きな差が見られということがわかりました。

長く勤務している営業担当者ほど高収入を得ており、管理職になるとさらに収入がアップします。

接客が得意で現在の仕事に収入面などの不満がある人は、住宅メーカーへの転職を検討してみるといいでしょう。

スポンサードリンク

住宅メーカー営業の収入・年収は1000万円越え!学歴によらず実力次第で収入アップ可に関連する記事

人気記事ランキング