翻訳家の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>翻訳家の年収・やりがい・本音

翻訳家の年収・やりがい・本音

翻訳家 年収・月収

翻訳家の収入は仕事をした量によって大きく左右されます。翻訳家は「翻訳文字×単価」で設定されており、文字数が多いほど収入が多くなります。
翻訳家のほとんどはフリーランスで活動しており、仕事量についても人によって差があります。専門的な知識を必要とする翻訳は需要があり、単価が高くなる傾向があるので仕事内容によっては収入も増加します。
経験を積んでいくと年収1000万円ほどになることもありますが、個人に対する仕事量が少ないため副業をしている人も多くなっています。

スポンサードリンク

翻訳家 消える職業?消えない職業?

翻訳家の職業は今後も残っていきます。
小説や文芸書の翻訳、企業や研究者のための翻訳、映画やドラマの翻訳など、海外コンテンツの輸入や輸出が続く限り必要です。
さらに、経済のグローバル化に伴い、貿易関連や国際事務関連の需要があります。一般的な翻訳以上に専門的な内容を求められる貿易・国際関連の仕事は一定数あると言われています。今後は専門的な内容の翻訳家が求められるでしょう。

翻訳家 将来性・安定性

翻訳家の将来性について、翻訳する量によって収入が増加するため、継続的な仕事の受注が必要となってきます。
高いレベルを持った翻訳家でない場合は仕事量も増えにくく、翻訳家だけで生活してくのが難しいというのが現状です。
安定して仕事をするためには専門的な分野にも対応できる語学力や表現力が重要となってきます。仕事内容によっては供給量が少ないので安定して仕事を請け負うのは難しいでしょう。

翻訳家 仕事のやりがい・本音

翻訳家の仕事は多くの人の目に触れられるものなので、自分の表現した文章でその作品の価値を変えてしまう可能性があります。
翻訳する日本語の表現によって人を感動させたり、納得させることができるので仕事として大きなやりがいがあります。
また、小説や映画などのメディア作品は商品として残り続けるので、自分の仕事が多くの人に利用されることもやりがいの一つです。

翻訳家 仕事の良い点

翻訳家の仕事の良い点は年齢に関係なく、翻訳力や知識が重要な仕事となるため長く続けられる職業です。こなした作業量に応じた報酬を受け取ることができるため、やればやるほど収入も増えます。
フリーランスで活動している場合は仕事をする時間や場所を選ばないため、ライフスタイルに合った活動が可能です。通勤もないため自分で時間を決められるのも魅力です。
翻訳のレベルが上がれば仕事の依頼も増えるため安定した収入を得ることもできます。

翻訳家 仕事の悪い点

悪い点として、翻訳の仕事量が少ないと収入も少なくなります。また、海外から日本語のできる人材を安く導入する場合もあり、翻訳の仕事自体が少なくなります。
一定レベル以下の翻訳家は増加傾向にあり、仕事を受注するための競争が起こると仕事量も減少してきます。実績ができるまでは自ら仕事を探していく必要もあるので、安定した収入を得ることができるまでに時間がかかります。

スポンサードリンク

翻訳家 仕事の内容

翻訳家の仕事は外国語で書かれた文章を日本語にすることです。英語だけではなく様々な翻訳の仕事が存在しています。
「文芸翻訳」という小説や文芸作品の翻訳、「実務翻訳」という企業向けの文書や研究者向けの技術翻訳、「映像翻訳」という映画やテレビ番組の翻訳があります。
小説であれば日本語の表現力が必要になり、実務翻訳ではビジネス用語や専門的な知識が必要になります。

翻訳家 仕事に必要な資格

翻訳家になるための資格はありませんが、語学力が一番重要です。
翻訳家になるための専門学校に通ったり、外国語学科のある大学で学ぶ人が多くなっています。
仕事を請け負うためには翻訳会社に登録したり、フリーランスとして契約することが必要となってきます。自分の実力を伝えるためにTOEICや英検1級を取得して語学力をアピールすることも大切です。

翻訳家 仕事に必要なスキル

翻訳家に必要なスキルについて、小説であれば日本語の表現方法、企業や研究者向けであればビジネス用語などの専門性が重要なスキルとなります。
同じ翻訳でも必要とされるスキルが異なるので、自分の目指す翻訳について学ぶことが大切です。
特に専門的な技術翻訳は英語の語学力だけではなく、翻訳する内容についても知る必要があり、高度な専門知識も必要なスキルとなります。

翻訳家の仕事まとめ

翻訳家の仕事は語学力だけではなく専門的な知識が重要です。
簡単な文章の翻訳だけでは仕事量が増えないため収入も少なくなります。フリーランスで仕事をする場合はTOEICや英検1級を取得しておくことも仕事を探すうえで効果的です。
経済のグローバル化に伴い専門的な翻訳の需要が増えてくると予想されるため、文芸作品や映像作品以外の実務翻訳を行う高度な専門知識が必要となるでしょう。

スポンサードリンク

翻訳家の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング