翻訳家の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>翻訳家の仕事の年収・やりがい・本音

翻訳家の仕事の年収・やりがい・本音

honyakuka

翻訳家 仕事の年収・月収

翻訳家として、翻訳だけで食べていくことはきわめて困難といえます。
日本では、様々な翻訳会社があります。いずれも翻訳家は飽和状態で新規参入障壁がものすごく高いです。

既得権が存在し、それを打ち破る実力を備えないと仕事がありません。運よく入り込んだとしても、出来高制がほとんどなので、運と実力しだいです。
まあ、日本で翻訳会社に登録したとして月当たり5万円から25万円程度が平均ではないでしょうか。
海外の翻訳会社と契約するか、アウトソーシングサイトで仕事を拾えるようになるまでは最低2年かかると思ってください。
企業に就職して、企業内翻訳家になるのが最も生活の安定が図れます。

スポンサードリンク

翻訳家 消える職業?消えない職業?

消える職業ではありませんが、過当競争が激化するでしょう。
翻訳ソフト、自動翻訳サイトがせめぎあっているの現状においても、まだまだ使えるものではありません。
いずれもコンピュータの記憶能力に頼った仕組みなので、人間の基礎的翻訳データを必要としています。

また、特殊な言語を扱うことが出来れば別でしょうが、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、中国語、ロシア語、韓国語などメジャーな言語ではまず、新規参入は困難でしょう。
特に、アジア新興国や、パレスチナではかなり低料金で仕事が動いています。これからますます、国内での翻訳家の仕事は減っていく一方です。
つまり、国内で発生する限られたパイの食い合いをしている翻訳会社から多数の翻訳化候補が仕事を奪い合う構図です。

翻訳家 将来性・安定性

一言で言えば、実力と運しだいです。実力はもとより、良いクライアントと出会うことができるかどうかが成功の鍵といえます。
将来性、安定性を考えるのであればあくまでも企業内翻訳家を目指すことをお勧めします。

フリーランスで仕事をするまでは十分な準備期間と用意周到な計画が必要です。
また、海外との取り引きには支払いの遅延や、中には支払いをしない幽霊会社さえ多数存在します。
まず、十分な素地を気づいてからフリーにならないと、大変な目に合います。基本的にフリーになったら、安定性はなくなると思って覚悟を決めて取り掛かってください。

翻訳家 仕事のやりがい・本音

得意の語学力を活かしてなどという甘い夢は一瞬で消えます。
良いクライアントを抱えて、ある程度の仕事量を確保できて、初めてやりがいを僅かながらに感じることができます。

基本的に締め切りを守ることが第一条件になるので、稼ぐためには、時間との競争の毎日が待っています。
海外の翻訳会社は日本の翻訳会社よりも時間的な要求が厳しいので、フリーになると達成感も大きくなり、
ある意味や仕事のやりがいも大きくなりますが、本音としては、ものすごいリスクに対しての管理能力が問われるので、時には、後悔することもあるでしょう。
しかし、大きなボリュームや難解な内容を乗り切ったときの達成感と、感謝の言葉には何よりの仕事のやりがいを感じるのも事実です。

スポンサードリンク

翻訳家 仕事の良い点

首尾よくフリーランスになれば、そこそこの収入と在宅での自由なワークスタイルを満喫できます。
ただし、かなり時間には束縛されるのでその点は覚悟をする必要があります。
また、国内だけの仕事では十分ではないと思うので、将来のためにも、国外の筋の良いクライアントを見つける必要があります。

翻訳家 仕事の悪い点

やはり。自由なワークスタイルながら、締め切りに追われて、結構時間的な束縛が大きいことです。
特に海外との仕事にはほぼ24時間に近い対応を迫られます。
しかしこの部分を盛っておかないと、今後、国内だけでは十分な仕事量を確保できなくなりつつあります。

翻訳家 仕事の内容

得意分野によりますが、政治、経済、科学、化学、特許関連、公的文書、ウェブのローカリゼション、ソフトなど、扱う分野は増え続けています。
文書だけでなく、動画の書き起こし、翻訳、字幕付けなども需要が高まっています。ただし、そのほとんどは海外の翻訳会社が日本の翻訳会社を抑えて受注してしますのが現状ですし、その傾向は拍車がかかる一方です。
とにかく、嫌がらず、面倒がらず、請われればまず対応することが大切です。そして、信頼の置ける海外取引を確保することです。

翻訳家 仕事に必要な資格

翻訳学校に通って、翻訳者の資格を得ます。
また、もしあるのならば、対応する言語の資格認定、翻訳家協会に入るなどが考えられます。
しかし、海外の翻訳会社にはそれらは人巣の参考でしかなく、以下に柔軟に、時間内に、良質な仕事をするかが問われます。
もはや資格があるからといって、仕事が来る時代ではありません。

翻訳家 仕事に必要なスキル

基本的にPCを使うので、ウィンドウズOSベースで、Word、 Excel、 Powerpoint くらいはこなせなければなりませんし、
後は翻訳ソフト、様々なものがありますが最も標準的なのは、Toradosといものです。出来れば使えるようにしておいたほうが技術系、法律系、特許系の翻訳で効率的です。

Toradosを使用することを前提とするしごとも多いので武器になります。
ただし、それにあまんじることなく、最近はクラウド上で翻訳会社の所有するソフト内での作業も増えてきていますので、
とにかく前述のスキルは最低線です。柔軟に時代に対応することこそが最も必要なスキルといえます。

翻訳家の仕事 まとめ

とにかく、競争が激化しています。国内だけでは、もはややっていけないのが現状です。
しかし、海外には無数の悪質な業者やなりすまし会社が存在するので、十分な経験をつんでからでないと、独立は困難です。

スポンサードリンク

翻訳家の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング