ホームヘルパーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>ホームヘルパーの仕事の年収・やりがい・本音

ホームヘルパーの仕事の年収・やりがい・本音

ホームヘルパー 仕事の年収・月収

ホームヘルパーの収入は、全体の平均に比べて低い傾向があります。働き方にもよりますが、全体の平均としては年収で約300万円、月収で約22万円となっています。
正社員、アルバイト共に総じて平均が低い傾向があります。アルバイトの場合は時給換算で計算しますが、約1300~1800円の間と言われています。
ほとんどのホームヘルパーはアルバイトですが、正社員に上がっても月収で約15~20万円程度と言われています。過酷な仕事の割に、低い水準と言わざるを得ません。

スポンサードリンク

ホームヘルパーの仕事は、消える職業?消えない職業?

現在、日本は世界一の長寿国と言われていますが、それと同時に高齢化の波が押し寄せています。介護の必要がある高齢者も加速度的に増加しており、それにともなってホームヘルパーの需要は現在伸び続けています。
そのため、少なくとも日本においてはホームヘルパーという職業が消える職業となることはないでしょう。現在の日本の状況から照らし合わせると、消えない職業ということが出来ます。

ホームヘルパー 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、その働き方にもよります。現状ではアルバイトが多い状況ですが、正社員になることができれば、それなりに安定した立場でいられることは出来ます。
将来性に関しては判断の難しいところがあります。確かに現状ではホームヘルパーの収入は平均的に低い傾向があります。ただし、政府主導でホームヘルパーの数を増やす政策が立てられていること、また賃金が見直されつつあることなどから、現在よりも状況が改善される可能性があるため、決して『低い』とはいえない部分もあります。

ホームヘルパー 仕事のやりがい・本音

ホームヘルパーの仕事は、高齢者や障害者の人が自立して暮らしていけるように日常生活を支えることです。
そのため、利用者と心を通わせ、感謝されやすい職業でもあります。利用者の中にはホームヘルパーとお話したりコミュニケーションを取ることを心待ちにしている人もいます。そういう人たちの心の支えになることが出来るという、何者にも代え難いやりがいを得ることが出来ます。
ホームヘルパーの仕事は社会貢献度も高い仕事です。利用者の笑顔のために働く……という本音を持っている方が多いのも特徴です。
ホームヘルパー 仕事の良い点
ホームヘルパーは、ダイレクトに人を助ける仕事です。そのため利用者から感謝される事が多く、利用者の生活を手助けすることで、日々の暮らしを明るく変える事が出来ます。こういった職業はなかなか無く、人の役に立つ仕事がしたい人にとっては、良い点であるといえます。
また、ホームヘルパーは比較的なるのが簡単な職業と言われています。なるには研修を受けなければならないのですが、いずれも働きながら受講出来る程度のものです。職業に就きやすいというのは、良い点といえるでしょう。

スポンサードリンク

ホームヘルパー 仕事の悪い点

多くのホームヘルパーの方が、収入が見合わない点を悪い点であると答えています。現状で人手不足な業界ではあるのですが、その割に雇用形態は非正規のアルバイトやパートが大半を占めています。
そのため中々収入が安定しません。利用者のキャンセルや契約終了などのため事業所も安定した収入を得ることが難しく、この状況はホームヘルパーの世界に影を落としています。 人手不足の遠因にもなっており、この点は悪い点であると言わざるを得ません。

ホームヘルパー 仕事の内容

ホームヘルパーの仕事は、高齢者や障害者が自立して暮らしていけるように手助けを行うことです。仕事内容は大きく、日常生活の援助を行う『身体介護』、利用者の許可を得た上で部屋の清掃、食事の用意などといった家事を行う『生活援助』、生活や介護についての『相談』に分かれています。
いずれの業務内容も利用者との信頼関係が大切になってきます。問題点が出てきた場合は、自分だけで解決しようとせず、他のスタッフやケアマネージャーに相談することが大切です。

ホームヘルパー 仕事に必要な資格

ホームヘルパーになるには、ホームヘルパー3~1級の講座を受けて、資格を取得しなければなりません。取得方法ですが、公的機関や民間が主催する講座を規定の時間数受講すれば取得刷ることが可能です。試験などは特にありませんので、講習を受けさえすれば、誰でも取得が出来ます。
講座は16歳以上であれば誰でも取得出来ます。期間は等級によっても異なりますが、概ね3~6ヶ月で終了します。受講料は7~10万円程度で、施設によっては働きながら無料で受講させてくれるところもあります。

ホームヘルパー 仕事に必要なスキル

以外なことにコミュニケーションスキルが必要なスキルといえます。ホームヘルパーは利用者の方たちと心を通わせ、信頼を勝ち取る必要があります。そのためにもコミュニケーションスキルは必要です。
また、ホームヘルパーは介助の際、利用者の人に厳しいことを言われたり、なじられたりする場合があります。そのため、強い精神力が必要になるでしょう。
必要な素養としては、思いやりの心です。『世話をしている』という気持ちではなく、『支援している』と考えて仕事を行っていけば、利用者の信頼を勝ち取ることも難しくはないでしょう。

ホームヘルパーの仕事のまとめ

今後の高齢化社会においては必要不可欠な仕事でありながら、過酷な状況にさらされている職業です。水準の低い賃金や人手不足からくる過酷な仕事内容など、枚挙に暇がありません。
ですが、政府もホームヘルパーの養成に力を入れており、賃金が少しずつ上昇している等、ホームヘルパーを取り巻く環境は年々改善されつつあります。人手不足が解消され、賃金の問題も解決するのは、そう遠い未来ではないかもしれません。
今後は必要不可欠で、かつ仕事に就くのも簡単、そして収入の水準も悪く無い……という素晴らしい職業になるかもしれません。元々が必要不可欠な仕事ですから、そのようにまとめることが出来てもよいと思います。

スポンサードリンク

ホームヘルパーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング