【賃金や就業時間がハローワークの求人票と違い、騙されるトラブル多発中!!】

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>【賃金や就業時間がハローワークの求人票と違い、騙されるトラブル多発中!!】

【賃金や就業時間がハローワークの求人票と違い、騙されるトラブル多発中!!】

hollowork

賃金や就業時間などがハローワークの求人票の記載と違い、騙されるトラブルが多発中です。
厚生労働省によると、求人票に関し昨年度は全国で7千件以上の苦情・相談が寄せられたそうです。

なんか、ハローワーク怠慢かもねえ。

ハロワの職員がよく言う「求人票はあくまで目安だから多少異なる事もある」その「目安」とはいったい誰の為の視点なのかが問題ですよね!
【ハローワークの求人票の嘘 】の動画はこちら

「ハローワークでは賃金18万円となっていたが、2カ月の試用期間後に正社員になったら17万円だった。通勤手当も『あり』となっていたのに全く付かない」(東海地方の40代女性)

「求人票には週休2日と記載されていたが、日曜しか休めない。『あり』となっていた雇用保険、社会保険も加入していない」(中国地方の20代男性)

など、昨年は7783件の苦情・相談があったんです。求人票に書かれた労働条件が守られていないんですね。

厚労省によると、求人票に関し内訳は「『基本給』として記載された額より実際は少なかった」など賃金についてが約2割、「求人票にはなかった業務をやらされている」といった仕事内容に関するものが約2割、「始業の30分前に出社させられている」など就業時間に関するものが約2割なんですと。

求人票への虚偽の記載やカラ募集は、厳重な罰則が必要でしょうね。
そうしないと、ハローワークは、ブラック企業を斡旋する偽りの機関として、認定されかねません。
【ハローワークの怠慢】の動画はこちら

もちろん、ハローワークは意図的に失業率を下げたいんでしょうけどね。
先に労働基準監督署が調査ぐらいしてから募集を受け付けるべきかもしれませんね。こう不正が多いと。
【ハローワーク怠慢 無効求人 】の動画はこちら

本当に、ハローワークの使えなさはもう、ずっと前から言われてるのに全然改善してないんですよね。
ところで、ハローワークの窓口業務も非正規雇用なんですねw

ハローワークで人材派遣の募集もしてますし、仕事紹介の丸投げもやっちゃっるわけです。
ハローワークは派遣会社の無料下請け状態です。

いまや、ハローワーク=ブラック企業紹介所とまで言われている状態ですね。

ハローワークで紹介された企業を受けて、面接まで行ったら、条件面であれって感じになってきたので、
面接官に確認したところ、

「おいおい自分選べる立場か何かと勘違いしてる?こんなんだったら新卒の方がマシだわ」
って一方的に不採用になって、

ハローワークに苦情入れても、よくあることだから根気強く探すしかないよと言われておしまい。
全く何事もなかったように次の週にも、そのブラック企業が求人を出しているとか、あるそうです。

ハローワークを使うには、この動画が参考になります!自己防衛しましょう~~~!
【今さらながらのハローワークの特徴と使い方】の動画はこちら

スポンサードリンク

【賃金や就業時間がハローワークの求人票と違い、騙されるトラブル多発中!!】に関連する記事

人気記事ランキング