保育士の仕事の年収・やりがい・本音はコレ

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>保育士の仕事の年収・やりがい・本音はコレ

保育士の仕事の年収・やりがい・本音はコレ

hosikusi

保育士 仕事の年収・月収

保育士の仕事の年収は平均310万円で、
月収21万円、年間ボーナスは54万円程です。

福祉サービスである保育士は利益を出す事が難しく、
残業や仕事内容を考えると賃金が良いとは言えません。

過去の推移を見ても、
保育士の仕事の年収や月収は横ばい状態にあり、
サービス精神が必要な職業になります。

芸能人では、
歌手の大塚愛さんなどが保育士資格を所持しています。

スポンサードリンク

保育士 消える職業?消えない職業?

少子化が進む今、保育士は消える職業?消えない職業?と心配する声も聞こえますが、
共働きの家庭が増えているので、
今後も需要は高まる傾向にあります。

待機児童を減らすために保育施設は拡大され、
少子化対策により少しずつ出生率も改善されています。

その為、保育士は消える職業?消えない職業?というより、
これからも必要とされる職業です。

保育士 将来性・安定性

民間の託児所や、ベビーシッターとして働く事が出来る保育士の将来性は、
明るいと言えます。

安定性では、収入は多くなくとも就職先が多いので職に困る事がありません。

保育園と幼稚園の、
幼保一元化にも対応出来る幼稚園教論免許を取得すれば、
将来性や安定性は更にアップします。

保育士 仕事のやりがい・本音

保育士の仕事のやりがいは、
子供の成長を近くで感じられる事です。

友達と遊ぶ事が苦手だった子が自分から喋りかけれるようになったり、
苦手な物を食べられるようになったり、
保育士にとって子供の成長ほど嬉しい事はありません。

その分、子供の躾やトラブル時の対応が大変な事も
保育士の本音です。

その他に、年間に行事ごとが多くサービス残業が多いため、
仕事内容には、満足していても、
労働条件に満足できないといったことも、
保育士の本音です。

スポンサードリンク

保育士 仕事の良い点

保育士の仕事の良い点は、
保育士免許があれば就職に困らず、
産後も復職しやすい事です。

他に、大好きな子供と毎日触れ合える事や、
結婚前から子育ての知識がつき、
自身の育児に活かせる事も、保育士の仕事の良い点といえます。

保育士 仕事の悪い点

保育士の仕事の悪い点は、
行事ごとの準備やおたよりなどの書き仕事が多く、
労働時間が長い事です。

そして、基本的に女性社会なので
保育士同士のトラブル等が多いことも挙げられます。

他にも、保護者からのクレーム対応や、
子供の命を預かるプレッシャーを感じる事などが保育士の仕事の悪い点です。

保育士 仕事の内容

保育士の仕事の内容は、
預かった子供達の身の回りのお世話になります。

正しい生活習慣を教えたり、
一緒に遊んだりして子供の成長を大きくサポートします。

他にも、行事の計画をしたり、
保護者の相談を受けたりアドバイスする事も、
保育士の仕事の内容になります。

保育士 仕事に必要な資格

保育士の仕事に必要な資格は、
保育士資格です。

厚生労働大臣に指定されている大学や専門学校へ進学し、
課程を修了すれば保育士資格を取得する事が出来ます。

他にも、毎年1回行われる国家試験の保育士試験に合格すれば、
仕事に必要な資格を取得する事が可能です。

保育士 仕事に必要なスキル

保育士の仕事に必要なスキルは、
ピアノや絵画、言語になります。

楽器に触れたり、
絵を描いたりする事は、
子供の成長にとても良い影響を与えます。

他にも、子供の安全を確保する危機管理能力が、
保育士の仕事に必要なスキルになります。

スポンサードリンク

保育士の仕事の年収・やりがい・本音はコレに関連する記事

人気記事ランキング