働きたくても場がなくなる‥10年後には消えゆく職種とは?

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>働きたくても場がなくなる‥10年後には消えゆく職種とは?

働きたくても場がなくなる‥10年後には消えゆく職種とは?

10nenngo

技術革新のスピードが止まりません。会社の寿命もどんどん短くなって、今や個人の労働年数よりも短くなってしまました。これからは一つの職種で一生働けることは奇跡と言えるでしょう。
また人工知能の進化がす進み、将棋の電王戦でコンピュータがプロ棋士を負かしたり、人工知能「ANGELINA(アンジェリーナ)」が自分だけでゲームをデザインする時代です。
高い人工知能を持つ機械が人間の仕事を代行し始め近い将来、自分の仕事も機械に取って代わられるかもしれません。

スポンサードリンク

10年後「消える職業」や「なくなる仕事」はコレだ!

・銀行の融資担当者
・スポーツの審判
・不動産ブローカー
・レジ係
・ホテルの受付係
・時計修理工

これらがコンピュータやAIにとって代わられる確率は90%以上もあります。
コンピュータは単純作業だけでなく、認知、判断能力まで持ち始めているんですね。人と人とのコミュニケーションが必要なサービス業さえ、ロボットにおきかえられていくんです。
もし本当にこれらの仕事を始め、人間の仕事が10年後に無くなってしまえば、どうやって暮らしていけばいいのでしょうか?

高学歴の労働者は賃金が上昇中!しかし未熟練労働者や普通のスキルしか持っていない労働者は賃金が激減中!

コンピュータの普及に伴い普通のスキルしかもっていない労働者の職が激減しました。このため彼らは職を求めて、未熟練労働者向けの仕事に殺到したんです。
未熟練向けの職は買い手市場となり、労働賃金は低下するという悪循環が起こりました。

2022年までに無くなる可能性の高い職業(米労働統計局のデータによる)はコレだ!

第4位:旅行代理店の社員

ネットで旅行の手配ができるようになったためですね。旅行代理店に行って相談する必要がなくなったのです。

第5位:木材伐採人

木の伐採機械の能力がコンピュータの進化で急激に高まり、必要な人の数が減っているのです。それにデジタル化で紙の需要が減ってしまったのです

第6位:フライトアテンダント

昔は花型職業でしたね、スチュワーデスさん。自宅からハイヤーで颯爽と空港へ乗り付ける姿が眩しかったものです。
今や名前がキャビンアテンダントに変わっただけでなく、航空会社の経費削減や合併の影響で仕事が減って、給料も激減しています。

スポンサードリンク

第7位:ドリル作業員

これもコンピュータ技術の進歩で人の数がいらなくなっています。能力の高い一本のドリルでより多くの作業ができちゃうからですね。

第8位:印刷業者

出版業界は売上が20年前の半分に落ち込んでいます。もはや崩壊の危機に面しています。急速なデジタル化で生き残ろうとしていますが、紙でできた本は売れなくなっています。

第9位:税務調査官及び収税吏 会計士や税理士

マイナンバーやコンピュータネットワークの進化で、だれも徴収業務のの網の目から逃れられなくなってきています。マルサのようなかっこ良いイメージの税務調査官の仕事も必要なくなっています。
銀行や企業の連携も進み、お金の流れが個人単位まで、政府に把握されつつあります。アメリカでは、優秀なソフトが出来たため、会計士や税理士などの需要も激減しています。

第1位:郵便配達員

これは顕著ですね。lineなどのSNSやEメール、オンライン請求の普及で郵便物が激減しています。年賀状も風前の灯火です。無人のドローンによる配達の実現もすぐそこまで来ています。
しかし郵便職員の需要が激減している一番の理由は、郵便物仕分けの機械化でロボットが人間にを置き代わったためです。郵便関連の職種は今後の減少幅が最大となると予測されています。

第2位:農家

農作業機械の進化やコストの低減により、少ない人員で農作業ができるようになりました。小規模農家は大規模な効率化された農家に飲み込まれ消滅していきます。

第2位:メーターの計測係

電気、ガス、水道各社は今、どんどん電子計測器の導入を進めています。メーターの計測係がメーターを見に行く必要はなくなりつつあります。

第3位:新聞記者

新聞購読者が減っています。20代は、ほとんど読んでいないでしょう。新聞の購読料、広告料共に激減しています。無料のネットニュースサイトやブログメディアに完敗です。新聞記者が5W1Hの型で書く事故や事件の報道記事は機械でも十分書けてしまいます。新聞社は新聞記者をリストラし続けています。

コンピューターによって代替されてしまう可能性の高い仕事はどんどん増える!

新規顧客アカウント作成スタッフや 写真処理労働者及び加工機オペレーター、税務申告者や貨物の荷積みスタッフ及び代理店、時計の修理工や保険引受け業務、数理技術者や裁縫師、タイトル審査・調査や 電話営業などはコンピューターによって代替されてしまう可能性の高い仕事です。

データ入力者(キーパンチャー)や購買部事務職、電話オペレータ、レジ打ちもそうですね。さらにはレストランのコック、ウェイター、農業検査官、自転車修理工、ツアーコンダクターさえIT化で仕事が無くなる可能性が高いです。
この流れは止まりそうにありません。産業革命で熟練労働者の仕事がどんどん機械に置き換わっていった歴史上の事実と同じことが再び起きています。今、物凄い勢いでIT化がホワイトカラーとブルーカラーを問わず、人間から仕事をコンピュータが取り上げていっているのです。

スポンサードリンク

働きたくても場がなくなる‥10年後には消えゆく職種とは?に関連する記事

人気記事ランキング