ギタリストの仕事の年収・収入は腕次第で300万円から2000万円。

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>ギタリストの仕事の年収・収入は腕次第で300万円から2000万円。

ギタリストの仕事の年収・収入は腕次第で300万円から2000万円。

ギタリストの仕事の年収・月収

ひと言でギタリストと言っても、クラッシックからロックまでそのジャンルの幅は広いので、ギタリストの月収や年収も幅広いものになっています。最近では「雅さん」「横山健さん」のような日本を代表するようなギタリストの年収は1000万円を超えますし、、大御所と言われる「Charさん」も全盛期には年収2000万円を越したこともあったそうです。一方、専属契約でないギタリストの月収は20万円にも満たないこともあります。

スポンサードリンク

ギタリストは消える職業?消えない職業?

ギタリストそのものは、地味な仕事ですが、バンド演奏などを行う際には、欠かす事の出来ないポジションです。ギタリストの演奏テクニック次第で、楽曲の良し悪しが決まる事もあるので、ギタリストが、これから消える職業か、消えない職業かと言えば、今後も消えない職業でしょう。

ギタリストの仕事の将来性・安定性

ギタリストの仕事の将来性は、音楽演奏に欠かせないポジションですので、高いと言えますが、安定性があるかどうかは、断言できないところです。アーティストの専属ギタリストになれたとしても、そのアーティストがいつまでも売れ続けるかは、誰もわからないですし、ギター教室を開講しても、生徒がたくさん来てくれるかは不明です。ギタリストの仕事の将来性は高いですが、安定性は低いと言えるでしょう。

ギタリストの仕事のやりがい・本音

ギタリストの仕事のやりがいは、自分の演奏テクニックが必要とされていると思う時に、感じる事が出来るでしょう。 自分の演奏テクニックが称賛され、あちこちから声がかかる時など、「ギタリストの仕事をしていて良かった」とやりがいを実感できます。ですが、演奏テクニックを維持するためには、絶え間無い努力を必要津するので、それが大変だと言う本音もあります。

ギタリストの仕事の良い点

ギタリストの仕事の良い点は、自分の好きな事で収入を得る事が出来るという点です。アーティストなどと一緒にツアーに出掛けたり、大きなイベントを成功させたり出来ると、達成感を充分に味わう事ができます。また、自分の演奏テクニックが必要とされている感じる事も、ギタリストの仕事の良い点に挙げられます。

ギタリストの仕事の悪い点

ギタリストの仕事の悪い点は、まず、音楽業界ですので、仕事の時間が不規則な事です。また、求められる演奏テクニックのレベルが、どんどん上がっていくので、それについていくための練習は欠かせません。さらには、楽器は自費で購入しないといけないので、いろいろ揃えると支出が大変な点も、ギタリストの仕事の悪い点に挙げられます。

スポンサードリンク

ギタリストの仕事の内容

ギタリストの仕事の内容としては、楽曲をアレンジしたり、プロデュースしたり、時には作曲する事もあります。アーティストと共にレコーディングに参加したり、イベントで演奏したりもします。個人的に活動する際には、楽器店での販売活動や、ギター教室での講師という仕事も、ギタリストの仕事の内容になります。

ギタリストの仕事に必要な資格

ギタリストの仕事に必要な、公的な資格はありません。基本的にギター演奏ができれば良いので、誰でもギタリストとして仕事をする事はできます。ただ、業界から要求される演奏テクニックは、すぐに習得できるものではありませんので、それなりの音楽学校や専門学校に通う事も、演奏テクニックを習得できる道のひとつでしょう。

ギタリストの仕事に必要なスキル

ギタリストの演奏テクニックの習得というものは、終わりの無いものです。そのため、ギタリストとして仕事をしていく時に必要なスキルは、常に向上心を持ち続ける強い意志が必要でしょう。明確な目標を設定し、それに向かって進む事のできる持久力も必要なスキルです。また、周りの物を積極的に受け入れる事の出来る柔軟性も必要となるでしょう。

ギタリストの仕事のまとめ

ジャス、クラッシック、ロックにかかわらず、ギタリストの素晴らしい指さばきと音色には、皆ほれぼれとしてしまいます。そのような演奏が出来るようになるためには、血のにじむような努力と、常に高いモチベーションを持ち続ける事が必要になります。ですが、「好きこそ物の上手なれ」という言葉があるように、ギターを弾く事が大好きで、眠る時もギターを抱いているような生活が、きっとあなたを素晴らしいギタリストに導いてくれるでしょう。

スポンサードリンク

ギタリストの仕事の年収・収入は腕次第で300万円から2000万円。に関連する記事

人気記事ランキング