グラフィックデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>グラフィックデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音

グラフィックデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音

gd

グラフィックデザイナー 仕事の年収・月収

単純に収入だけを見た場合、グラフィックデザイナーは他の職業と比べてそれほど差があるというわけではありません。全体の平均的な月収は約31万円、年収で言えば約430万円となっています。ただし働く企業の規模によってかなりの差があり、1000人以上の企業の場合の平均年収が576万円であるのに対し、それ以下の企業の場合は約400万円と、かなりの開きがあります。
また全体の傾向として、男性の場合は年齢と共に年収が上がる傾向があり、女性の場合はほぼ横ばいという傾向があります。

スポンサードリンク

グラフィックデザイナー 消える職業?消えない職業?

インターネットが普及したことにより、グラフィックデザイナーがカバーする範疇がとても大きくなりました。今では企業がwebサイトを持つことが当たり前の時代になりつつありますが、それらのwebサイトのデザインを作成するのも、今ではグラフィックデザイナーの仕事の範疇になります。
また、人は『古き良き時代』というものに憧れを抱く生き物です。デジタル全盛な現代だからこそ、ポスター等のアナログな紙媒体に惹かれます。現に、インターネット全盛の現代でも、紙媒体の印刷物はまったく無くなる気配がありません。そして、そんな紙媒体の印刷物をデザインするのも、グラフィックデザイナーの仕事の範疇になります。
結果的に、昔に比べてグラフィックデザイナーがカバーする業務の範疇は増えており、その将来や見通しは明るいものであると言えます。

グラフィックデザイナー 将来性・安定性

先程も申し上げましたが、グラフィックデザイナーがカバーする業務は以前に比べ多岐にわたっています。また、webデザインや印刷物のデザイン、コンピューターグラフィック等の需要も今後伸びていくと予想されています。
また大きな特徴として、この手のクリエイティブ系の職業は人間としての感性が必要になってきます。機械では出来ない仕事なのです。
そういう点から、将来性は明るいものであるといえます。また、フリーランスとして活動していると話はまた変わってきますが、必要不可欠な職種である以上、安定性も高い職種であるといえるでしょう。

グラフィックデザイナー 仕事のやりがい・本音

グラフィックデザイナーにやりがいを聞くと、『達成感』と『評価される喜び』だと答える人が多くいます。
その性質上、グラフィックデザイナーは他の職業に比べ、残業が多く、時には休日出勤をすることもあります。自己を追い詰め、クライアントが表現したいものをデザインし、苦しんで形作っていくことがグラフィックデザイナーの仕事なのです。
だからこそ、完成したときの達成感は何物にも変えられない、尊いものとなります。苦しんで生み出したものに対して、クライアントから『素晴らしい。ありがとう』と評価されたら、その達成感もひとしおです。それがインターネットで、印刷物で、マスメディアで世に知れ渡り、世の中に評価される喜びは、グラフィックデザイナーならではのやりがいといえるでしょう。

グラフィックデザイナー 仕事の良い点

自分が制作したものが、インターネットやマスメディアを通じて世の中に浸透していく様子は、何物にも代え難い喜びとなるでしょう。またそうなれば、それをデザインしたグラフィックデザイナーの名が知れ渡り、さらに仕事が増え、作品が世に知れ渡るという好循環にも発展します。
また他の職業とくらべて、グラフィックデザイナーの仕事は、制作するものがグラフィカルなものです。それゆえ、コピーライターやプランナーと比べて、言葉の壁を越え世界中に感動を届けることが容易です。
制作したものがいつの間にか海外で評価され、世界中に名が知れ渡っていた…そんなことが他の職業よりも容易に起こり得る…それがグラフィックデザイナーなのです。

スポンサードリンク

グラフィックデザイナー 仕事の悪い点

『作品を制作する』という特性上、グラフィックデザイナーは拘束時間が非常に長い職業であると言えます。締め切り前となれば、長時間の残業は当たり前どころか、時には徹夜して仕上げる必要があることもあるでしょう。金曜日の深夜に修正依頼が入り、締め切りは週明けの月曜日なんてこともザラにあります。
そのような仕事内容ですから、当然、生活は不規則になってきます。四六時中パソコンの前でデザインに取り組む関係上、視力の低下や肩こりに悩まされるグラフィックデザイナーも少なくありません。
また併せて、デザインというものには答えがありません。それゆえ、どれだけ苦労して制作しても、『もっといいものが出来るのではないか』という葛藤が生まれます。
感動するもの、素晴らしいものの背景には、グラフィックデザイナーの葛藤や苦労あるのです。

グラフィックデザイナー 仕事の内容

以前は紙媒体等の印刷物やインテリア等、実体のあるものをデザインするのがグラフィックデザイナーの仕事でした。
ところがインターネットが普及した現在では、webサイトのデザインもグラフィックデザイナーの仕事になっています。
コピーライターやイラストレーターたちと連携し、クライアントの要望や雰囲気に合わせて、ポスターやwebサイトをデザインすることが、グラフィックデザイナーの主な仕事となります。

グラフィックデザイナー 仕事に必要な資格

グラフィックデザイナーに特別に資格は必要ありません。基本的には、美術大学や専門学校などでデザインの勉強を積んだ後、広告代理店や広告制作会社に入社して、実績と経験を積んでいくのが、グラフィックデザイナーへの道となります。

グラフィックデザイナー 仕事に必要なスキル

まず何よりも、デザイン力が必要になります。今まで自分が培ってきた感性や経験から、『自分にとって』ではなく『クライアントにとって』素晴らしいデザインを制作するスキルは、何よりも必須です。
また最近では、フォトショップやイラストレーター等のデザインソフトを使ってデザインすることが主流となっています。クライアント側もそれらのソフトが使えることが前提で仕事を依頼してくることが多いため、それらのデザインソフトを使いこなすスキルも、現在では必須です。
併せて、今の流行のデザインを敏感に感じ取る感性のアンテナや、クライアントの漠然とした要望から、相手の望むデザインを汲み取るコミュニケーション能力、自分の知識や経験をリンクさせ、まったく新しいデザインを作り出す想像力等も、必要なスキルといえるでしょう。
こちらは必須ではありませんが、webサイトのデザインを行う場合には、webサイトを作成するためのプログラミング言語『html』や『css』、『javascript』等のスキルを持っていた方が有利でしょう。

グラフィックデザイナーの仕事のまとめ

インターネットの普及により、グラフィックデザイナーがカバーする業務の範疇は飛躍的に増えました。今後も需要は増えることはあっても減ることはないでしょう。
確かにクリエイティブな職種のため、業務の上ではキツい部分もあります。カバーする分野が広いがゆえ、身につけなければならないスキルも多いです。
しかし、それを補って余りある、グラフィックデザイナーだけのやりがいがあることも事実です。自分がデザインしたものが世の中に満ち溢れ、時には世界中の人たちを感動させる喜びは、グラフィックデザイナー特権といえます。
『キツい部分はあるが、世の中を席巻出来るやりがいがある』これこそグラフィックデザイナーという職業を端的に表した一言なのかもしれません

スポンサードリンク

グラフィックデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング