ガラス食器製造工の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>ガラス食器製造工の仕事の年収・やりがい・本音

ガラス食器製造工の仕事の年収・やりがい・本音

Glass tableware manufacturing processes

ガラス食器製造工 仕事の年収・月収

ガラス食器製造工の収入の平均は、全国平均と同じ水準となっています。具体的には、年収で約435万、月収で約31万円となっています。手作りのガラス職人の場合は熟練した技術と長い経験が必要な職場で体力的にも負担の大きい、ある種職人的な仕事のため、このような一定水準の収入があるようです。
ほとんどが男性で女性の割合が少なく、また男女によって収入の差が比較的大きいのが特徴です。体力的な問題などのため、女性には難しい職業といえる職業です。

スポンサードリンク

ガラス食器製造工の仕事は、消える職業?消えない職業?

現在、ガラス業界の中でもガラス食器の界隈は苦しい状況にあると言われています。ただしガラス食器というものはすでに食器のジャンルの中の一つとして確立されているものであれ、今後もその美しさを求めるニーズが消えることはないと思われます。ガラス製の食器が今後なくなることはないといえます。
そのため、今後もガラス食器製造工は消える職業となることはないでしょう。消えない職業として今後も残り続けていくものと思われます。

ガラス食器製造工 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、その働き方にもよるでしょう。正社員として働いていれば、一定の安定した収入は約束されます。職人的な側面もあるガラス食器製造工ですが、その正社員として働いていれば、安定した収入を手に入れることはできます。
将来性に関しては、その人の実力、実績によるところもあります。多分にその人の腕にかかっている部分もありますので、スキルを上げていけば、その分収入も上がり、実績を積んでさらに収入をアップさせることも出来るでしょう。

ガラス食器製造工 仕事のやりがい・本音

やはりものづくりの仕事ですから、自身が製作したものが全国の店頭に並び、お客様がそれを購入されるということが、ガラス食器製造工にとって一番のやりがいた言う人は多くいます。
また、手作りでの製作を行うガラス食器製造工の場合、手作りで食器を作れば一つ一つが微妙に出来が異なります。毎回違う、世界でただ一つだけの食器を作っているという面白さもまた、ガラス食器製造工の醍醐味である……という本音を持っている方も多いようです。

ガラス食器製造工 仕事の良い点

仕事を始める際には、特に必要な知識などがない点が良い点であるといえます。ガラス食器製造工になるには長い時間をかけてスキルや知識を吸収していく必要があありますが、それらは就職後にすべて見に付けることが出来ます。そのため、志さえ持てばだけでもなることが出来る職業なのが、ガラス食器製造工です。
また、長い時間をかけて身につけた知識やスキルは、その後も強みとして活用することが出来ます。それもまた、ガラス食器製造工の良い点であるといえます。

ガラス食器製造工 仕事の悪い点

その涼しげなガラスの外見とは裏腹に、ガラス食器製造の現場は非常に高熱な現場です。真冬の北海道にある工場ですら、稼働中はTシャツ一枚で汗だくになってしまうほどの暑さになります。比較的快適な環境で働きたい人にとっては、悪い点といえます。
また、ガラス食器製造工の仕事は力仕事もとても多い職場です。数百グラムから、時には数キログラムのガラスを持ちあげなければならない場合もあります。体力面で不安がある人にとっては、これもまた悪い点といえるでしょう。

スポンサードリンク

ガラス食器製造工 仕事の内容

ガラス食器製造工の仕事は、ガラスを加工して食器を製造することです。内容は大きく手作業とオートメーションの二種類に別れます。
手作業での現場の場合、溶けたガラスを竿で巻取り、図面に併せて特殊な道具を利用して成形していきます。ガラスが熱いうちに素早く作業を行う必要があります。
オートメーション化された現場の場合、造る食器に併せて金型を準備し、その中に溶けたガラスを流し込んでいきます。流し込んだら圧縮空気やプレスによって、食器を成形していきます。

ガラス食器製造工 仕事に必要な資格

ガラス食器製造工になるのに必要な資格は特にありません。中学~高校卒業程度の一般知識を持っている人であればなれる職業です。ただし、長い時間をかけて技術を習得する必要があるため、年齢が若い人が好まれる傾向があるようです。
なり方ですが、学校を卒業した後、ガラス工芸会社に就職するのが一般的なようです。近年ではオートメーションによるガラス食器製造も盛んなため、機械に関する基礎的な知識を持っていると有利な部分もあるかもしれません。

ガラス食器製造工 仕事に必要なスキル

まず何よりも、ガラスに関する知識が必要になります。また手作りのガラス食器製造工の場合は、各器具に関する知識や重いものを持ち上げることの出来る体力、オートメーションのガラス食器製造工の場合は機械に関する基礎的な知識が必要なスキルといえるでしょう。
また、ガラス食器製造工は一種の職人の世界です。そのため、手先の器用さや芸術に関するセンスも必要になる場面が出てきます。
チームワークが必要になる場面も非常に多いため、協調性も必要なスキルといえるでしょう。

ガラス食器製造工の仕事のまとめ

昨今においては、まさに『職人』と呼ばれている人たちの典型ともいえます。長い時間をかけて培われた卓越した知識とスキル、センスを駆使して作り上げられたガラス食器は、芸術作品ともいえるものもあります。
今後はオートメーションで生産されたものも増えてくるでしょうが、腕の良いガラス食器製造工の人たちへの注文が跡を絶つことはないでしょう。
ですが、そのために長い時間をかけて少しずつ腕を磨いていかないと、一人前にはなれない職業でもあります。
『現代の職人』というのが、ガラス食器製造工という仕事のまとめといえます。過酷な職場環境に負けない体力と強い意志がなければ、この仕事は務まらないといっても過言ではないでしょう。

スポンサードリンク

ガラス食器製造工の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング