消える職業?消えない職業?ガラス工芸家の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>消える職業?消えない職業?ガラス工芸家の仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?ガラス工芸家の仕事の年収・やりがい・本音

glasart

消える職業?消えない職業?ガラス工芸家の仕事の年収・月収

ガラス工芸家の仕事の年収や月収は、他の職業に比べて厳しいものがあります。大きな事業所に勤めていても、40代で平均月収25万円前後、年収400万円前後です。独立して自分で事業所を構えると、顧客が付かないうちは月収数万円ということもありますが、売れ出してくれば年収700万円を超えるということもありますが、ごく少数です。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?ガラス工芸家の仕事は、消える職業?消えない職業?

ガラス製品作製の場においても、機械化による大量生産や海外からの格安の製品の輸入により、日本の伝統工芸品としてのガラス製品の消費は減少しつつあります。ただ、薩摩切子や江戸切子のように伝統工芸品として残していかなければならないものもありますので、そのような点からガラス工芸家の仕事は、消えない職業として存在し続けるでしょう。

消える職業?消えない職業?ガラス工芸家の仕事の将来性・安定性

ガラス工芸品とひと言で言っても、その種類はピンからキリまであります。その中でガラス工芸家が作るガラス工芸品は、いわば芸術品の域に達っしています。そのため、いくら海外から安い値段のガラス工芸品が輸入されてきても芸術品としての価値には大きな違いがありますので、その点でガラス工芸家の仕事の将来性や安定性は、高いものと言えるでしょう。

消える職業?消えない職業?ガラス工芸家の仕事のやりがい・本音

ガラス工芸家の仕事のやりがいは、自分の作った作品が世間から評価された時に感じることが出来るでしょう。さらには、他のガラス工芸家が真似することの出来ないような作品を作り上げることが出来た時にも感じることができます。ただ、そのような作品を作り上げるためには、長い時間火の前に座り、試行錯誤の日々が続いて大変だったという本音も聞かれます。

消える職業?消えない職業?ガラス工芸家の仕事の良い点

ガラス工芸家の仕事の良い点は、自分だけのこだわりを持った作品を作り出すことが出来る点にあります。年齢や学歴に左右されること無く、技術をきちんと習得できれば、いつまでも続けられる仕事である点も、良い点にあげられます。さらに、独立して一国一城の主となり、自分の工房を持つことが出来る点も良い点としてあげられます。

消える職業?消えない職業?ガラス工芸家の仕事の悪い点

ガラス工芸家の仕事の悪い点は、常に火を使ってガラスを溶かしながらガラス工芸品を成形しなければならないので、暑さとの戦いだという点です。特に夏場の暑い季節は、冷房を使う訳にはいかないので過酷な作業になります。また、固定客が付かないと安定した収入が得られないのも、ガラス工芸家の仕事の悪い点としてあげられます。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?ガラス工芸家の仕事の内容

ガラス工芸家の仕事の内容は、高温で柔らかい状態のガラスに息を吹き込んで、材料のガラスを思い通りの製品に作り上げていくホットワーク工芸と、カットや彫刻、エナメリングの技法を施して、ホットワークで出来た製品に飾りつけをしていくコールドワーク工芸に分けられます。いずれにしてもガラス工芸家は、特別な技巧を必要とする専門職です。

消える職業?消えない職業?ガラス工芸家の仕事に必要な資格

ガラス工芸家の仕事に必要な公的な資格はありません。ただ、ガラス工芸家の技術は簡単には習得できるものではありませんので、自分の好きなガラス工芸家の元に弟子入りして、技法を習得するために数年間は修行する必要があります。またその間にコンテストなどに応募して、技術の向上を目指すことも必要になってくるでしょう。

消える職業?消えない職業?ガラス工芸家の仕事に必要なスキル

ガラス工芸家の仕事に必要なスキルは、ホットワーク工芸に携わる場合には、まずは体力に自信がないと続かない仕事です。また、コールドワーク工芸に携わる場合には、手先の器用さや繊細さも無いといけません。どちらの工芸に関わるにしても、新たなデザインなどを考えついたり、独創的な発想が出来る美術的センスも必要なスキルと言えます。

消える職業?消えない職業?ガラス工芸家の仕事のまとめ

繊細なカットが巧みに施された切子などのガラス工芸品は、光の当たり具合によって様々な色彩が現れて、何とも言えない雰囲気を味わうことができます。ガラス工芸家の仕事は、毎日燃え盛る炎の前での大変な仕事ではありますが、自分だけの力でそのような作品を生み出すことが出来ることは、ガラス工芸家として誇らしいことであり、かけがいのないことでしょう。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?ガラス工芸家の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング