サラリーマンが会社を退職(定年、早期退職、リストラ)したら、3つ税金の減免申請ができます!

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>サラリーマンが会社を退職(定年、早期退職、リストラ)したら、3つ税金の減免申請ができます!

サラリーマンが会社を退職(定年、早期退職、リストラ)したら、3つ税金の減免申請ができます!

genmen

サラリーマンが会社を退職したら市役所で税金の3つの減免申請ができます!

減免申請にはサラリーマンを退職後すぐに減免申請しなければならないものと、1年後に再び減免申請をするものがあります。

減免申請ができるものは以下の3つです。

1.国民年金保険料
2.国民健康保険料(健保税)
3.住民税

スポンサードリンク


国民年金保険料以外の、他の2つは税金ですね。
所得税等の税金については、サラリーマンが会社を退職(定年、早期退職、リストラ)しても、残念ながら減免制度はないんです。
しかし、同じく税金ですが住民税や国民健康保険料(健保税)は減免できる可能性が高いんですよ。

ただ減免対象者になるための条件や減免割合については居住されている市町村によって差があります。
ご自宅の近くの市役所や町や村の役場に行って相談をされてください。

1.国民健康保険料(健保税)の減免手続きはサラリーマンを退職後すぐ、それに1年後の再手続きが必要です。

まずは、退職後すぐ、市役所や町や村の役場に行って年金窓口で減免申請をされてください。

あなたがメインで生活費を稼いでいる場合は、あらリーマンを退職されて「失業」状態になれば、「雇用保険受給資格者証」を持ち、市役所や町や村の役場に行って年金窓口で相談すれば減免手続きができます。
全額減免が可能なんですが、ただ減免した場合、将来もらえる年金額が減ることにもなるんです。どのくらい年金額が減るのか、把握しておきましょう。

1年後に、また減免申請に行かれてください。「雇用保険受給資格者証」は、もはや期限切れになっていますから、前年の収入額で減免されるパーセンテージが決まります。
減免申請は自動継続ができる場合が多いので減免申請を続けたい場合は自動継続をされてください。

スポンサードリンク

2.リストラされたら国民健康保険料(健保税)の減額手続きは退職後にすぐ手続きしたほうが有利です。

国民健康保険料(健保税)は給与所得に基づいて計算されます。ただし退職金の所得はこの計算に含まれません。
リストラされてサラリーマンを退職した人には、国民健康保険料(健保税)が1年間だけ減額される国の制度を利用しましょう。
今まで在籍していた会社で支払っていた組合健康保険の任意継続をするよりもこの減額制度を利用した方が、安くなるのです。
ただし、自己都合退職をされた方には、残念ながらこの国民年金保険料減額制度は適用されないので、ご注意ください。

しかし自治体によっては自己都合退職であっても前年の所得がかなり低い場合は、特別に国民健康保険料が減額される場合があります。
念のため、市町村役場の国民健康保険窓口で、前年の所得を提示の上、ご相談されてください。

3.住民税の減免申請は所得の少ない方は、すぐに申請を!ある程度所得がある方は、翌年減免申請をいたしましょう。

ご存知の通り、住民税は前年の所得から計算されます。退職金はこれとは分離されて課税されますので、退職金の住民税は退職した年に徴収が完了しているのです。
この住民税の減免措置があることは意外に知られていません。ただし、自治体ごとに減免適用可能な年収の基準額が違いますので、念のため市町村役場の住民税窓口で相談をされてみてください。

スポンサードリンク


以上がサラリーマンが会社を退職(定年、早期退職、リストラ)した場合の3つの減免申請でしたが、いかがでしたでしょうか?
意外に知らない税の減免があることに、私は驚きました。無駄な税金は1円も支払わないのが良いですね。

スポンサードリンク

サラリーマンが会社を退職(定年、早期退職、リストラ)したら、3つ税金の減免申請ができます!に関連する記事

人気記事ランキング