言語聴覚士の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>言語聴覚士の仕事の年収・やりがい・本音

言語聴覚士の仕事の年収・やりがい・本音

GENGO

言語聴覚士 仕事の年収・月収

言語聴覚士の収入は、他の職業に比べて若干低い水準となっています。作業療法士や理学療法士と比較しても、一歩低い水準であるケースが多く、具体的には年収では約350~400万円ほど、月収では28万円程度が相場と言われています。
ただし、これは働く地域によってやや変動する可能性はあります。言語聴覚士はまだ人数の少ない職業であり、地域や勤務先によってはかなり待遇がよくなる場合もあるためです。
待遇や雇用形態も勤務先によって様々で、一言で言語聴覚士の待遇は言い表せない物があります。実際に就職する前に、事前にしっかりと待遇面において調べる必要があります。

スポンサードリンク

言語聴覚士の仕事は、消える職業?消えない職業?

言語聴覚士の仕事は、比較的最近注目され始めてきた、リハビリ系の職業です。同じくリハビリ系の職業は、他に『作業療法士』『理学療法士』などがあります。
こういったリハビリ系の職業が注目され始めた背景に、日本の高齢化があります。高齢の人が増加していく昨今に日本社会において、福祉系・リハビリ系の職業のニーズは上がり続けていくことでしょう。
そのことから考えると、言語聴覚士は消えない職業ということが出来ます。今後も消える職業となることなく、よりいっそう存在感を増す職業の一つということが出来るでしょう。

言語聴覚士 仕事の将来性・安定性

安定性は、その働き方にもよります。正規雇用されていれば、毎月安定した収入が得られますし、そうでなければ安定性は中々難しいところがあります。ただし、現在では言語聴覚士は転職が容易と言われています。仮に職を失うことになったとしても、次の職場を見つけるのはそう難しくはないでしょう。
将来性に関しては、比較的高いといえます。確かに今後高齢化社会に入っていくことで、特に言語聴覚士の需要が伸びてくると言われています。脳梗塞による言語障害や後遺症を抱えた患者が近年増加しており、そのリハビリに携わる言語聴覚士が必要とされている背景があるためです。
以上のことから、今後はさらに需要が伸びることが考えられます。給与や待遇面に関してはまだ未知数な部分もありますが、今の状況のままニーズが増えれば、今後はその点も改善されていくことでしょう。

言語聴覚士 仕事のやりがい・本音

他の職業に比べ、やりがいを強く感じている人が多いのが、言語聴覚士の特徴です。
言語聴覚士の仕事の一つに食事支援というものがありますが、これは、後遺症や障害で物を食べるのが困難な人の支援や訓練を行うことです。訓練や支援を行うことで、食事を食べることが容易になってくると、訓練を受けている人はとても喜びを感じ、それが言語聴覚士のやりがいに繋がります。
また言語聴覚士は、雑談や娯楽のためではなく、訓練の一環としてコミュニケーションを取り入れる場合があります。口の動き、言葉などを訓練として活用して、リハビリに応用していくためです。
これが、たとえ訓練のためのコミュニケーションであっても、患者さんとの深いコミュニケーションとなり、訓練を越えた患者さんとの交流となる場合があります。これもまたやりがいの一つという本音を持っている方もいるようです。

スポンサードリンク

言語聴覚士 仕事の良い点

言語聴覚士の仕事は資格職です。そのため、職場を選びさえしなければ、転職は容易と言われています。何か理由があって職を失ったとしてもその点に関しては安心してよいといえ、これは言語聴覚士の良い点であるといえます。
また、夜勤がなく女性が多い職場というのも良い点であるといえます。女性が多い職場では育休・産休の制度が比較的シッカリと整備されており、またそれらを活用出来る雰囲気が整っています。これは、女性の方にとっては良い点であるといえます。

言語聴覚士 仕事の悪い点

女性が多い職場という点が、良くも悪くも特徴です。言語聴覚士という職業自体、女性が多い職業です。そのため、職場の女性比率が非常に多く、人間関係に苦労する人が多いようです。その点を悪い点と捉える言語聴覚士の方は多いようです。
また、昇給があまりなく、給与面で低水準というのも悪い点といえそうです。そのため、家庭を持つ男性では、この職業では給与面が厳しいと嘆く方もいるようです。 資格職で次の職場を見つけやすくても、実際にもらえる収入が低いと悲しい物があります。

言語聴覚士 仕事の内容

生まれつきの障害や脳卒中、脳梗塞などにより、は反すことや聞くこと、食べることに不自由がある人に対して、言語能力や聴覚能力、食べる力、飲み込む力を復活させるリハビリテーションや支援を行うことが、言語聴覚士のしごと内容になります。
最も重要なものは、話す・聞くということです。これについて障害を持っている人の場合、人とのコミュニケーションがうまく取れず、それが多大なストレスとなります。その原因は様々ありますが、呼吸や発音の練習、唇や舌、口の大層といった、あらゆる手段を講じて、患者さんのリハビリを行います。
また、食事支援も大切な仕事の一つです。食べる力、飲み込む力が弱くなってしまった患者さんに対して支援を行い、患者さんが食事を楽しめるようにリハビリを行うことも、大切な仕事です。

言語聴覚士 仕事に必要な資格

言語聴覚士になるには、国家試験である言語聴覚士国家試験に合格しなければなりません。
まず、言語聴覚士の養成課程のある大学や短大、専門学校で3年以上学び、所定の課程を修了することで、受験資格を得る事が出来ます。
そうして受験資格を得たら、言語聴覚士国家試験を受験し、合格することで晴れて言語聴覚士になることが出来ます。国家試験の合格率は約65%と言われており、決して難しい試験ではないものの、気を抜いていては不合格となってしまうことでしょう。

言語聴覚士 仕事に必要なスキル

必要なスキルは、養成課程の中で身に着けるべきものといえます。その課程を修了していれば、スキルは身についていることでしょう。
必要な素養としては、細かいことにも気がつく力と言われています。患者さんの細かな発音や口の動き、動作などを分析していくことで、聞き逃してしまうようなことに気づいていくことが、言語聴覚士には必要です。
また、他のリハビリ職でもいえますが、リハビリというのは、効果が一朝一夕で出てくるものではありません。長い時間をかけ、地道に続けていくことで効果が現れるものです。そのため、患者さんに対して根気よく、粘り強くコミュニケーションをしていく事が出来る人が向いているといえます。

言語聴覚士の仕事のまとめ

現在、特に需要が高まりつつあるリハビリ職の中でも、あまり目立たない職業と言われているのが、この言語聴覚士です。多くの言語聴覚士の方が、『周囲に自分の仕事が理解されない』ということを嘆いています。
ですが、それも今だけといえるかもしれません。高齢化により、現在では言語聴覚士をはじめとするリハビリ職に注目が集まり、ニーズも次第に高まっています。かつては病院や医療施設だけだった言語聴覚士の活躍する場も、今では福祉施設や学校、育児施設といった場所にまで広がってきています。
今後、間違いなくリハビリ職は大きく伸びる職業の一つです。そして言語聴覚士もまた、大きく成長していく職業の一つとまとめることが出来るでしょう。

スポンサードリンク

言語聴覚士の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング