消える職業?消えない職業?ゲームサウンドクリエイターの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>消える職業?消えない職業?ゲームサウンドクリエイターの仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?ゲームサウンドクリエイターの仕事の年収・やりがい・本音

gamesoundcri

消える職業?消えない職業?ゲームサウンドクリエイター 仕事の年収・月収

ゲームサウンドクリエイターの収入は所属する企業規模や、働き方によって大きく左右されます。大手ゲームメーカーに勤めている場合ですと、年収で500~600万円程度が平均ですが、小さな事務所などで働いている人の場合、150~200万円という方もザラです。
また、繁閑期の差もハッキリしているようで、マスターアップ前などの忙しい時期であれば月収40万を超えるものの、暇な時期だと25万円程度……という方もいます。基本給は安めで、その分残業代で稼ぐスタイルのようです。

スポンサードリンク

ゲームサウンドクリエイターの仕事は、消える職業?消えない職業?

ゲームがひとつの娯楽分野の一つとして認められ、ゲーム市場が確実に存在している現在の状況から考えると、ゲームの音を司るゲームサウンドクリエイターという仕事自体が無くなるという事態は考えにくく、必然的にゲームサウンドクリエイターは消えない職業ということが出来ます。
ただし、現在ゲーム市場は様変わりをしてきており、それに伴ってプログラマーや他の作業も行うゲームサウンドクリエイターの方も増えてきています。純粋に『ゲームの音を制作する専門』という意味でのゲームサウンドクリエイターは、今後消える職業となってしまうかもしれません。

消える職業?消えない職業?ゲームサウンドクリエイター 仕事の将来性・安定性

安定性でいえば、その働き方にもよりますがニーズ自体は存在しつづける以上、悪くないといえます。ただしフリーで働くサウンドクリエイターの場合、現在『安くて高品質、短納期』が求められる傾向にあり、そのキツさに悲鳴を上げている方もいらっしゃいます。
将来性という観点から行くと、現在働いている人たちは皆一様に『ない』と断言します。特に会社勤めの人の場合ですと、現在以上の給与の上昇が望めない場合が多く、その点を嘆く方が非常に多いです。
逆に考えると、ゲーム以外でもサウンドクリエイターが必要な場面は多くあります。たとえゲームサウンドクリエイターという職を失うことになっても、他のサウンドクリエイターとして活躍するチャンスはあるため、必ずしも将来性はゼロというわけではないようです。

消える職業?消えない職業?ゲームサウンドクリエイター 仕事のやりがい・本音

ゲームサウンドクリエイターは、ゲームに入るBGMや効果音を作り上げるのが仕事です。そのため、自身が携わったゲームに対して『音楽がいい』『効果音が気持ちいい』といった声がユーザーから届いた際、一番やりがいを感じると答える人がほとんどです。
また、近年では声優によるセリフが収録されているゲームがほとんどです。ゲームサウンドクリエイターはそのセリフの収録現場に立ち会って、現場レベルでの判断をするケースが多いのですが、その際に有名な声優に会えることがとてもうれしい……という本音を持っている人もいらっしゃるようです。

消える職業?消えない職業?ゲームサウンドクリエイター 仕事の良い点

携わっているものが音、特に音楽である場合が多いので、必然的に元々音楽が好きだった人が多くいらっしゃいます。そのため、音楽の仕事で生活出来ているという充実感がたまらないと答える方が多くいらっしゃいます。音楽好きな方から見れば、これは良い点ということが出来ます。
また仕事柄、有名な作曲家や声優など、有名人に会う機会が多いのも良い点といえるかもしれません。そういった方々に刺激をもらえることで、さらなる仕事の活力に繋がる場合も多いと答える方がいらっしゃいます。

消える職業?消えない職業?ゲームサウンドクリエイター 仕事の悪い点

ゲームサウンドクリエイターの方が口をそろえて言うのが『将来性がない』という点です。近年のゲーム市場の変貌や、DTMの発展と自分の作品を発表しやすい環境が整ったことによるサウンドクリエイターの増加等が主な原因と言われており、現在、廃業する人が多い業界と言われています。単価も目に見えて減少しており、その点は悪い点といえます。
逆の現象として、廃業する人が増えている分、現職のクリエイターの人に回ってくる仕事量が増え、安定しつつあるというちょっと変わった現象も起こり始めていますが、それでも収入は毎年減り続けているという話です。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?ゲームサウンドクリエイター 仕事の内容

基本的にゲーム内の音に関わることは、すべてゲームサウンドクリエイターの仕事の範疇となります。BGMや効果音の作成。声優による音声のセリフがあればその録音と加工。BGMが外部の作曲家への委託の場合は、その作曲家との打ち合わせや、出来上がった楽曲のゲームへの落とし込み等が、主な仕事の内容になります。

消える職業?消えない職業?ゲームサウンドクリエイター 仕事に必要な資格

ゲームサウンドクリエイターになるのに必要な資格は特にありません。
なり方ですが、音楽大学や専門学校で勉強したのち、サウンドクリエイターとしてゲーム会社に就職するのが一般的なようです。仕事柄プログラムの知識が必要になる場合もあり、中には理系の学校で情報関連の勉強をした後、ゲームサウンドクリエイターになった人もいます。

消える職業?消えない職業?ゲームサウンドクリエイター 仕事に必要なスキル

まず、波形編集ソフトやデジタルオーディオワークステーション(DAW)といった、DTM環境を操作するスキルが必要になります。近年では作曲や編曲をパソコン上で行う場合が多く、そのためのソフトがDAWや波形編集ソフトになります。
また、楽器を弾くことが出来るスキルも必要と言われています。現職の人が言うには、一番のオススメはピアノということです。ただし、ピアノでなくともギターやキーボードなどでも問題はないようです。
併せて、音楽制作の経験を必須として挙げる方が多いようです。やはり音に携わる以上、音楽を制作した経験というのは必要なようです。

消える職業?消えない職業?ゲームサウンドクリエイターの仕事のまとめ

ゲームサウンドクリエイターという職業が消えることはないとはいえますが、それでも現職の人は、将来を悲観的に捉えている方が多いようです。単価は下がる一方で、廃業する方も多い業界と聞きます。それだけ、現在ゲームサウンドクリエイターの方々は苦境に立たされているのです。
現在ゲーム市場は様変わりをしており、それに伴い、今後ゲームサウンドクリエイターが求められる役割が変わってくるかもしれません。今まさに変化しつつあるクリエイター業というのが、ゲームサウンドクリエイターという仕事のまとめといえます。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?ゲームサウンドクリエイターの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング