ゲームプログラマーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>ゲームプログラマーの仕事の年収・やりがい・本音

ゲームプログラマーの仕事の年収・やりがい・本音

gameprgramer

ゲームプログラマー 仕事の年収・月収

ゲームプログラマーの年収は、中小の場合は年収300万〜500万円程度で、企業のシステムを作るような一般的なプログラマーと比較すると低いようです。ほとんどのゲームプログラマーの基本給は安く、残業代で稼いでいるのが現状です。しかし、大手になればなるほど年収が高くなる傾向にあり、一番平均年収が高いメーカーは、任天堂で813万円です。

スポンサードリンク

ゲームプログラマー 消える職業?消えない職業?

ゲームプログラマーが消える職業か消えない職業かを考えた場合、近年スマートフォンの普及により、スマホで楽しむゲーム開発の需要が高まっているため、ゲーム業界衰退と叫ばれる中でも、ゲームプログラマーの需要は多く存在すると言えます。スマホのゲーム開発スパンは非常に短いため、ゲームプログラマーは今後も消えない職業と言えます。

ゲームプログラマー 将来性・安定性

今までゲームプログラマーは、労働条件が悪くても志望者が多いため、激務の割には給料も安く、そうした待遇の悪さが結果的にゲーム業界の衰退を招き、そのことに気づいた企業は、ゲーム業界の将来性を考え、ゲームプログラマーの待遇改善に取り組んでいます。したがって、ゲームプログラマーの将来性・安定性は今後良くなる可能性があります。

ゲームプログラマー 仕事のやりがい・本音

ゲームプログラマーに仕事のやりがいや本音を聞くと、「作ったものが動く」という達成感は、言葉では表現できないほど大きいそうです。また新商品の発売日に、お客さんが行列を作って、自分が作ったゲームソフトを店頭で嬉しそうに手にしているのを見ると、自分まで嬉しくなり、この瞬間は毎回やりがいを感じるそうです。

ゲームプログラマー 仕事の良い点

ゲームプログラマーの仕事の良い点は何かというと、ゲームプログラマーになる人は、ゲーム好きな人が多く、ゲームという好きなことを仕事にできる点です。そもそも労働をしているという感覚がないので、端から見れば激務であっても、そんな労働環境に不満を感じることなく働けるのが良い点と言えでしょう。

スポンサードリンク

ゲームプログラマー 仕事の悪い点

ゲームプログラマーの悪い点は、労働時間の長さです。例えば、オンラインゲームは24時間体制でユーザーが同時にゲームをしていますが、その中で致命的なバグが発生してしまうと、ゲームプログラマーはすぐに修正しなければなりません。会社の利益にも関わることなので、それこそ修正するまで眠れないのが、仕事の悪い点と言えるでしょう。

ゲームプログラマー 仕事の内容

ゲームプログラマーの仕事の内容とは、ゲームを作るうえにおいてC++やC言語などの開発言語を用いて、プログラミングをする仕事です。具体的な仕事内容としては、キャラクターの動きやサウンドの設定、ゲームシステムの構築など、ゲームが意図したとおりに動くようにプログラミムを組んでいきます。また場合によっては、ゲームを企画することもあります。

ゲームプログラマー 仕事の資格

ゲームプログラマーになるためには、必ずしも特別な資格は必要ではありませんが、「基本情報技術者」の資格は持っておいた方がゲームメーカーに就職する際、有利です。これは免許のようなものなので、実際の仕事では使うことはありませんが、採用する企業側の判断材料になるからです。ちなみに、基本情報技術者の資格は、専門学校で取得できます。

ゲームプログラマー 仕事に必要なスキル

必要なスキルとしては、意外にも英語力です。なぜなら、現在のゲームは日本だけでなく世界をターゲットにしたものが多く、海外のプログラマーとのやりとりが発生することもあるため、英語力があると重宝されるからです。また、プログラミングするとき変数名なども英語で命名します。したがって、英語はゲームプログラマーにとって必要なスキルです。

ゲームプログラマー 仕事のまとめ

・中小の場合は年収300万〜500万円程度で、企業のシステムをつくるような一般的なプログラマーと比較すると低いようです。
・仕事内容としては、キャラクターの動きやサウンドの設定、ゲームシステムの構築など、ゲームが意図したとおりに動くようにプログラミムを組んでいきます。
・「基本情報技術者」の資格は持っておいた方がゲームメーカーに就職する際、有利です。
・海外のプログラマーとのやりとりが発生することもあるため、英語力があると重宝されます。

スポンサードリンク

ゲームプログラマーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング