ゲームプランナーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>ゲームプランナーの仕事の年収・やりがい・本音

ゲームプランナーの仕事の年収・やりがい・本音

ゲームプランナーの仕事の年収・月収

過去にヒット作品を出したゲームプランナーの収入を紹介してみましょう。
堀井雄二~「ドラゴンクエストシリーズ」のゲームプランナー。平均年収3億円。
宮本茂~「スーパーマリオ」の生みの親。平均年収1億2000万円。
坂口博信~「ファイナルファンタジー」開発者。最高年収1億円。
物凄い金額ですが、これがずっと維持されるには、ヒット作を生み続けなければなりません。それは至難のわざです。平均的なゲームプランナーの年収は、500万円前後でしょう。

スポンサードリンク

ゲームプランナーは消える職業?消えない職業?

全世界的に、PC、スマホ、タブレットが普及している現代、ゲームは不可欠のものです。ですから、ゲームを作製するゲームプランナーも、決して消える事の無い職業と言えましょう。ただし、次々と新しいゲームを考え付くには、多大なエネルギーを必要とします。ゲームを考え出すことに疲弊してししまうゲームプランナーも多いでしょうから、新陳代謝の激しい職業とも言えましょう。

ゲームプランナーの将来性・安定性

現代のデジタル世界が続く限り、ゲームプランナーの需要は続きますので、将来性は大いにあると言えます。ただ、会社に所属していたとしても、あまりヒット作を生み出せないゲームプランナーは、真っ先にリストラの対象となる危険性があります。ヒットするゲームを考え付かないゲームプランナーの安定性は、少ないと言えましょう。

ゲームプランナーの仕事のやりがい・本音

「ゲームを作るのが大好き」な人には、天職とも言える仕事です。「このゲーム、攻略するのが難しい!」などのユーザーからの声を聞くと、「この仕事をやってて良かった」と、ゲームプランナーとしてのやりがいを感じる事でしょう。ただ、そのような作品を作り上げるには、「生みの苦しみ」があります。その「生みの苦しみ」に耐えなければならないのはツラい、というのも本音でしょう。

ゲームプランナーの仕事の良い点

ゲームプランナーの仕事の良い点は、やはり、自分で考えたゲームプレイなどが、ユーザーに受け入れられて、売れ始めた時には、今までの苦労も吹き飛ぶ事でしょう。特に自分自身で意図していた、「ここは!」という点が、ユーザーに理解された時の達成感は、何ものにも代えがたいものになる事でしょう。

スポンサードリンク

ゲームプランナーの仕事の悪い点

ゲームプランナーの仕事の悪い点は、自分の考案したゲームが売れなかった場合にあります。
長い時間と人手をかけて、良かれと思い開発したものが、世間からまったく無反応だと、当然収入にも響いてきます。また、会社の意向で、自分が立てたプランを変更させられてしまう事もあるので、その点は厳しいと言えます。

ゲームプランナーの仕事の内容

コンピューターゲームの会社におけるゲームプランナーの仕事は、多岐に渡ります。まずは新しいゲームについての企画書を作成し、それを基に、ゲームを作るための設計書を作ります。この中には、RPGの場合のストーリーなども含まれ、それを作製に関わるすべての人に伝えて、ゲーム作製が始まります。ゲームが出来上がると、実際にプレイしてみて、内容のチェックもします。最初から最後まで関わるのが、ゲームプランナーの仕事です。

ゲームプランナーの仕事に必要な資格

ゲームプランナーの仕事に必要な資格は、基本的にありません。ゲーム作成に携わるための技術を習得する専門学校などもありますが、そこを卒業しても必ずゲームプランナーになれるとは限りません。ゲームを直接、作製するわけではないので、プログラムについて詳しくなる必要もありません。要求されるのは、ひたすら、その「センス」なのです。

ゲームプランナーの仕事に必要なスキル

ゲームを企画立案し、その意図を作成に当たるメンバーに伝えなければなりませんので、ゲームプランナーの仕事に必要なスキルとしては、相手を納得させるための話術や説得力にたけていないといけません。論理的な思考も得意でないといけません。また、世間での流行をとらえたり、マーケットの動向を見定める情報力も必要となります。

ゲームプランナーの仕事のまとめ

私たちを何時間もとりこにしてしまうようなゲームは、ひとりゲームプランナーだけが優秀であればできるものではありません。惹きつける映像、音楽、キャラクター、そして飽きのこないストーリーなど、多くの要素が絡まって、ヒットするゲーム作品は生まれるものでしょうから、周囲の人が、そのゲームプランナーに対してどれだけ信頼を置いているかにも掛かってきます。
同僚上司から信頼されるような、仕事のできるゲームプランナーを目指しましょう。

スポンサードリンク

ゲームプランナーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング