ゲームクリエイターの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>ゲームクリエイターの仕事の年収・やりがい・本音

ゲームクリエイターの仕事の年収・やりがい・本音

gamecreator

ゲームクリエイター 仕事の年収・月収

大手ゲームメーカーやゲーム開発会社に勤めるゲームクリエイターの月収は、初任給の場合16万円〜20万円程度で、それに住宅手当などがつくと、月19万円~23万円ほどになるようです。大手になればなるほど給料や待遇面は恵まれる傾向にあり、平均年収は300万円~600万円程度が相場ですが、トップクリエイターになれば、年収1000万円以上を稼ぐことも夢ではなく、実力次第で年収をアップさせることも可能です。

スポンサードリンク

ゲームクリエイター 消える職業?消えない職業?

ゲーム業界は大ヒットする作品がある反面、完全に赤字となるような全く売れない作品も少なくなく、ゲーム会社間の競争は年々厳しくなっていますが、ゲームクリエイターが消える職業になることはなく、むしろ斬新な発想や創造力を存分に発揮し、これまでになかったような面白いゲームを生み出せる人材は、今後ますます必要とされるため、「消えない職業」と言えます。

ゲームクリエイター 将来性・安定性

将来性・安定性を考えた場合、家庭用ゲーム機用ソフトの売上は減少が続いていますが、スマートフォンなど新たなデバイスを使ったゲームの需要は膨れ上がり、ゲームクリエイターには新しい活躍の場が生まれています。また、若手が活躍しやすい業界でもあることも特徴の一つであり、「ファイナルファンタジー」を手がけた坂口博信氏のように、スキルと才能があれば独立することもできるなど、ゲームクリエイターの将来性・安定性は、他の職種に比べて、あると言えるでしょう。

ゲームクリエイター 仕事のやりがい・本音

ゲームクリエイターの仕事のやりがいは、何といっても産みの苦しみのあとに完成した作品が、ヒットしたときの感動でしょう。あの感動を一度味わってしまうと「やみつきになる」と本音を話す人も多いようです。自分が関わった作品が大勢の人に受け入れられ、楽しんでもらえている様子を見た瞬間は、計り知れないほどの達成感と、大きなやりがいを感じ、新たな創作意欲が湧いてくるそうです。

ゲームクリエイター 仕事の良い点

ゲームクリエイターの仕事の良い点とは、ゲーム業界は実力主義の世界のため、年齢や経験はあまり関係なく、誰にでも輝けるチャンスがあるということです。例えば『スーパーマリオブラザーズ』シリーズ、『ドンキーコング』シリーズ、『ゼルダの伝説』シリーズなどで有名な宮本茂氏が、実績を積んで任天堂の専務取締役にまで上り詰めたように、一介のゲームクリエイターであっても、実力次第で組織の頂点まで出世できるのは、これからゲームクリエイターを目指す人にとっても、希望を感じさせる良い点と言えるでしょう。

ゲームクリエイター 仕事の悪い点

ゲーム業界に限らず、クリエイティブな仕事では避けがたいことですが、ゲームクリエイターの仕事の悪い点とは、納期の前になると、夜遅くまで働き、泊まり込みで作業をする必要が出てくるため、休日返上で働く日々が続くと、心身ともに悪影響を与えるという点です。しかし、これらの悪い点を補うために、大手ゲームメーカーの場合は残業時間が多くなり過ぎないように配慮するなど、福利厚生や休暇制度などが整っているため、待遇が良い会社で働きたいのであれば、就職前にしっかりと確認しておくことが必要です。

スポンサードリンク

ゲームクリエイター 仕事の内容

ゲームクリエイターの仕事内容とは、ゲーム作品制作の現場においての、とくにプロデューサー、ディレクター、プランナーなど、いわゆる「企画職」のことです。具体的な仕事内容としては、制作にかかる予算やスケジュールを管理したり、ゲームのシナリオを考えたり、デザインや音楽を作ったりして、システムやプログラムを構築するゲームプログラマーと一緒に作業を進めるなど、ゲームクリエイターと言っても一人ひとり仕事内容は異なります。

ゲームクリエイター 仕事に必要な資格

ゲームクリエイターになるために免許や資格などは必要ありませんが、仕事をする上で、習得しておくと良い資格としては、「CGクリエイター検定」「CGエンジニア検定」「マルチメディア検定」「C言語プログラミング能力検定」「画像処理検定」などが挙げられます。しかし、実際の現場では、資格よりもゲーム作りに対する情熱、独学で身につけた技術を持っている方が強みになると言われています。

ゲームクリエイター 仕事に必要なスキル

ゲームクリエイターの仕事に必要なスキルとは、世間の流行や人々のニーズは変化を分析することができる「マーケティング力」です。ゲームクリエイターは何よりもセンスや感性が問われる仕事なので、常に「ユーザー目線」である必要があるからです。アンテナを張ることによって、世間の人々が何を望んでいるのかを拾い上げ、それを仕事に生かすことができます。また、ゲームに関する勉強を続けてスキルを高めていくことも大切と言えます。

ゲームクリエイター 仕事のまとめ

ゲームクリエイターの平均年収は300万円~600万円程度が相場ですが、トップクリエイターになれば、年収1000万円以上を稼ぐことができる実力主義の世界です。また「ドラゴンクエスト」のように、自分が関わった作品がヒットしたときの感動はほかには変え難く、大きなやりがいを感じることが出来る仕事と言えます。ゲームクリエイターと言っても一人ひとり仕事内容は異なり、ゲームの音楽を作るサウンドクリエイター、ゲームのストーリーを考えるシナリオライター、プログラミングをするプログラマー、ゲームの絵を作るグラフィックデザイナー、それを監督するディレクター、全体を統括するプロデューサーなど、さまざまな人の共同作業によって、ゲームが製作されます。特別な資格は必要ありませんが、世の中の流行やニーズを敏感に感じるマーケティング力と、ゲーム作りに対する情熱は不可欠です。

スポンサードリンク

ゲームクリエイターの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング