ゲームCGデザイナーの収入・平均年収が500万円から1000万円以上も!ゲームの魅力を最も大きく左右するビジュアル面を担当

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>ゲームCGデザイナーの収入・平均年収が500万円から1000万円以上も!ゲームの魅力を最も大きく左右するビジュアル面を担当

ゲームCGデザイナーの収入・平均年収が500万円から1000万円以上も!ゲームの魅力を最も大きく左右するビジュアル面を担当

ゲームソフトやオンラインゲームに使われる映像は高画質化が著しく、実写と見間違えるゲーム映像も珍しくありません。

そんなゲームの映像を制作するCGデザイナーについて、仕事の魅力や大変さも合わせて紹介します。

スポンサードリンク

1.グラフィックを担当するゲームクリエイター

1本のゲームが完成するまでにはゲームの企画を担当するプロデューサーやプランナーを始め、さまざまなクリエイターたちが共同作業で制作を進めています。

グラフィックを担当するCGデザイナーや音楽・効果音を制作するサウンドクリエイター、プログラミングを担当するプログラマーといった人たちが中心となるゲームクリエイターです。

その中でもCGデザイナーはゲームの魅力を最も大きく左右するビジュアル面を担当するだけに、ゲーム制作現場でも果たす役割が大きくなります。

キャラクターデザイナーが描いたラフ画を基にコンピュータを使って人物や背景を描き、必要に応じてアニメーションも制作していくのがCGデザイナーの主な仕事です。

2Dのグラフィックを制作するにはPhotoshopやillustratorといった画像ソフトも使用しますが、最近のゲームにはリアルな3Dの映像が多く使われています。

その場合は3DのCGソフトを使用するため、形状データ作成や光源設定など数学的な操作も必要です。

2.CGデザイナーの中でも高収入が期待できる職種

一般にCGデザイナーと呼ばれる人の就職先にはゲーム制作会社だけでなく、アニメ制作会社や映像制作会社など映像系の業界も含まれます。

そうした映像系の制作会社は中小規模のプロダクションが多い関係で、勤務するCGデザイナーの収入も全般に低めです。

その点でゲーム業界には成長産業の強みがあるだけに、中でも平均年収が500万円前後と推定される大手ゲーム会社はCGデザイナーにとって有利な就職先となります。

この年収は300万円と推定される映像系制作会社勤務のCGデザイナーはもちろん、およそ400万円と言われる会社員全体の平均も上回る数字です。

ゲーム制作会社の中でも大手ゲームメーカーの下請け企業は給与水準が下がってきますが、モバイルゲームも含めてゲーム業界全体に勢いがあるため小規模の会社でも年収400万円を大きく下回らないと見られます。

中には年収1000万円以上を稼ぐ人もいるほど、CGデザイナーにとってゲーム業界は高年収を目指せる世界です。

3.納期直前には徹夜や泊まり込みも

ゲーム産業の拡大に伴って今後もますます収入を増やしていくことが可能な点は明るい材料ですが、CGデザイナーも含めたゲームクリエイターは長時間の残業を強いられる人が多いという現実もあります。

ゲームに限らずクリエイティブな職業には納期を守らなくてはならないという共通する厳しさがあり、どの制作現場でも納期の直前になると徹夜で作業する人や何日も泊まり込みをする人が出てくるものです。

ゲームCGデザイナーもその例外ではなく、しばしば休日も返上して長時間働き続けるような忙しさを味わうことになります。

特にゲーム制作の現場ではゲームのプログラムにバグが発生する例が日常茶飯事で、そうしたケースではゲームのシナリオを変更するためにプログラマーだけでなくCGデザイナーまでが仕事をやり直す必要に迫られるのです。

CGデザイナーの多くは絵を描くことが好きでこの職業を選んだ人たちですが、CGを制作する仕事は予想以上に地道な作業の積み重ねとなるため忍耐力も欠かせません。

スポンサードリンク

4.好きなゲームの世界を自分の手で制作できる喜び

どの仕事でも何らかの苦労はつきものとは言え、ゲーム制作の仕事には以上のようなゲーム業界特有の大変さがあるということがわかりました。

特に作品を完成させる過程でプログラミングを要するゲームの場合は、アニメや映画などの映像系の仕事にないバグに直面するリスクをCGデザイナーも抱えています。

そういう大変さがあるからこそ無事に完成したゲーム作品は多くのプレイヤーを楽しませ、高価なゲームソフトでも飛ぶように売れて開発を担当したクリエイターにも給料の形で還元されるのです。

ゲームCGデザイナーを始めとするゲームクリエイターたちは大半がそういったゲームを愛する人たちの集まりだけに、好きなゲームの世界を自分たちの手で作り上げていく喜びを仕事のモチベーションとしています。

大規模なゲームでは数年単位で制作が進められるプロジェクトも少なくありませんが、苦労が報われてゲームが完成したときの大きな達成感は携わったスタッフ全員で共有できるものです。

5.CG・デザイン・ゲーム関係の専門学校で学ぶのがゲーム業界への近道

ゲーム制作に関わるクリエイターの仕事はどれも専門性が高い職種ばかりですが、中でもCGデザイナーは正確なデッサン力や細部までリアルに表現できるような描画力が求められる職業です。

3DのCGソフトを扱う上ではある程度数学的な知識も求められるとは言え、ゲームCGデザイナーを目指す人とってそうした美術的な能力は最大のアピールポイントとなります。

ゲームメーカーやゲーム制作会社に就職するのに特別な資格は不要で、企画職でない限り大卒の学歴が問われることも少ないものです。

むしろCG・デザインに関する学科やゲーム関連のコースがある専門学校で学んだ人の方が、CGデザイナーとしてゲーム業界に採用されやすくなります。

ゲーム業界で働いて実力を身につけたCGデザイナーの中には、フリーランスの働き方を選択する人も増えています。

独立を果たしたことで年収1000万円以上の高収入を実現した人もいるほど、ゲームCGデザイナーは需要の大きい職種です。

世に送り出す美しい成果が魅力のゲームCGデザイナー

ゲームの世界はシナリオや映像・音楽などさまざまな要素が組み合わされることで成り立っていますが、その中でもリアルで美しいグラフィックは魅力的なゲームに欠かせない要素です。

VRなど次々に登場する最新技術の成果をゲーマーたちに届けるためにも、優れた腕を持つCGデザイナーはゲーム業界の財産と言える存在です。

スポンサードリンク

ゲームCGデザイナーの収入・平均年収が500万円から1000万円以上も!ゲームの魅力を最も大きく左右するビジュアル面を担当に関連する記事

人気記事ランキング