ゲームディレクターの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>ゲームディレクターの仕事の年収・やりがい・本音

ゲームディレクターの仕事の年収・やりがい・本音

ゲームディレクターの仕事の年収・月収

ゲームディレクターの仕事の年収は、所属している会社の規模や、大都市圏にあるか、地方にあるかなどによって変わって来ますが、30歳代で400万円から500万円の年収が平均的なものになります。もちろん、大ヒットの作品を生んだり、コンスタントに売り上げがある作品を作りだしたゲームディレクターの中には、年収1000万円を超える人もいます。

スポンサードリンク

ゲームディレクターは消える職業?消えない職業?

ゲームプランナーと共にゲームディレクターも、今後ますます必要とされる職業でしょう。子供から壮年の方々まで、スマホやタブレットなどの端末機械を手にする人の数は、今後さらに増加していきます。その中でアプリとして、登場してくるゲームの数は、数え切れないくらいになっていますが、その中で生き残れるようなものを作製できるゲームディレクターの存在は、ますます重要になってくるでしょう。

ゲームディレクターの仕事の将来性・安定性

ゲームディレクターの仕事の将来性は、それが消えない職業であるということからも、非常にあると言えます。ただそれが、すべてのゲームディレクターの仕事の安定性につながるか、というとその個人によって違ってきます。やはり、ヒット作品を生み出せる力が無いと、ゲームディレクターとしての安定性は、保証されないでしょう。

ゲームディレクターの仕事のやりがい・本音

ゲームディレクターの仕事は、自分を含む多くのスタッフで作製したゲームが、世間に発売された時のユーザーの反応がよいと、『この仕事をやってきてよかった』とやりがいを痛感でき、それが、次の作品の開発に向かうエネルギーにもなりますが、そう簡単にはヒットするようなゲームを作りだす事が出来ない事も、ツライという本音もあります。

ゲームディレクターの仕事の良い点

ゲームディレクターの仕事の良い点は、自分自身も大好きなゲーム作製にかかわることが出来るという点です。ですから、ゲーム好きには、たまらない仕事と言えます。多くのスタッフと仕事をするので、ひとつの物をみんなで作り上げるという、一体感も感じる事ができます。もちろんその作品がヒットして、ユーザーからの反響がある事も喜びのひとつとなります。

スポンサードリンク

ゲームディレクターの仕事の悪い点

ゲームディレクターだけでなく、そのゲーム作製にかかわるすべての人に言えることですが、就業時間が一定ではないということです。締め切り間際や追い込みの時期では、何晩も徹夜することなどもありますが、作製が一段落した時などは、何も仕事がない、というような状態の事もあります。また、実力至上主義の世界ですので、その争いは熾烈です。

ゲームディレクターの仕事の内容

ゲームディレクターの仕事の内容は、新しいゲームを開発する際に関わる、ゲームプランナーやプログラマー、デザイナーなど、多くのスタッフたちを統括する事です。全員のスケジュールを管理したり、客観的な視点からゲームに評価を与えたり、スタッフへのアドバイスや、トラブルが発生した時の対応など、その仕事は多岐に渡ります。

ゲームディレクターの仕事に必要な資格

ゲームディレクターの仕事をするために必要な資格はありませんが、ゲームディレクターはゲーム制作の統括をする立場ですから、プログラマーやデザイナーなど、それぞれの仕事内容に精通しておく必要があります。そのため、入社後すぐにゲームディレクターになる事は無く、プログラマーなどの職種の実務経験を積んだ後に、抜擢される人もいます。

ゲームディレクターの仕事に必要なスキル

新しいゲームの開発には多くのスタッフが携わりますので、ゲームディレクターの仕事に必要なスキルとしては、それらの人たちをまとめるリーダーシップ力が必要と言えるでしょう。もちろんそれ以前に、ゲームに関する深い知識も必要とされます。人生経験の深さが、仕事に生かされる職種なので、入社前に様々な経験を積んでおくと役に立ちます。

ゲームディレクターの仕事のまとめ

どんな仕事であろうと「ディレクター」と名の付く職業はどれも、多大な責任と統率力が求められます。ゲームディレクターとして「良いゲーム」を作るために、ゲームプランナーやプログラマー、デザイナーと多岐に渡る職種の人達と意思統一を図り、ひとつの目標に向かわせていくためには、強い信念と責任感が最も要求されるでしょう。でもそれだけ、やりがいのある仕事と言えます。

スポンサードリンク

ゲームディレクターの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング