楽器リペアマンの仕事の年収は働く楽器店次第!大好きな楽器と1日中一緒にいられ色々な時代の楽器に出会える

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>楽器リペアマンの仕事の年収は働く楽器店次第!大好きな楽器と1日中一緒にいられ色々な時代の楽器に出会える

楽器リペアマンの仕事の年収は働く楽器店次第!大好きな楽器と1日中一緒にいられ色々な時代の楽器に出会える

楽器リペアマンの仕事の年収・月収

楽器リペアマンの仕事の月収は15万円から20万円ほど、年収は300万円から350万円となります。ほとんどの場合は楽器店の社員として働くこととなり、楽器メーカーや楽器輸入会社で仕事を行います。楽器リペアマンは専門知識が必要な職業ですが、年収については一般的なサラリーマンと変わりません。大手販売店のリペアマンは待遇が悪く技術の向上が難しいこともあります。

スポンサードリンク

楽器リペアマンは消える職業?消えない職業?

楽器リペアマンは今後も消えない職業です。
しかし、実際には楽器店での採用者数は少なく、腕の良い楽器リペアマンは少ないのが現状です。
エレキギターやエレキベースなどの電気回路から、管楽器などの金属部品まで、様々な楽器を取り扱える技術を持っていれば全国どこでも活躍することが可能です。
楽器リペアマンは消えない職業ですが、高い修理技術と音を聞き取る能力がなければ就職することは難しいのが現状です。

楽器リペアマンの仕事の将来性・安定性

楽器リペアマンの仕事の将来性は非常に良く、しっかりとした修理技術があれば長い期間仕事を続けることができます。
楽器を使う人は現在でも多く、パーツの取り替えから壊れた部分の修理まで楽器に関わることなら全てを請け負うことができます。
高い修理の技術力を持つ楽器リペアマンは収入の安定性があり、仕事も継続的に行えますが、実力が伴わないうちは仕事も少なく、収入も少ない状態が続きます。

楽器リペアマンの仕事のやりがい・本音

楽器リペアマンの仕事のやりがいは、壊れた楽器や修理の必要な楽器をもう一度使えるように修理し、汚い楽器がピカピカになり、お客様に吹きやすくなった等と喜ばれた時にやりがいを感じます。楽器は長年愛用して使っている人も多く、楽器としての機能以上に思い出が詰まったものでもあります。そうした楽器を自分の手で演奏できるように修理することで、持ち主に喜んでもらうことができます。楽器が好きな人にとっては、毎日楽器を触っていられるからとても楽しい仕事ですね。
しかし、楽器リペアマンの仕事は高い技術が求められ、仕事のために海外で修理技術を学ぶこともあり、一人前になるまで時間がかかるのが本音です。

楽器リペアマンの仕事の良い点

楽器リペアマンの仕事の良い点は、たくさんの種類の楽器を取り扱い、自分の技術がどんどんと向上していくことです。大好きな楽器と1日中一緒にいられ色々な時代の楽器に出会えるので構造や音色の違いなどが勉強になります。見たことのない珍しい楽器にも出会えます。特にお客様から指名で修理を依頼されたり、リペアして喜ばれるとやりがいを感じます。また、店舗で働く場合はお客さんとのコミュニケーションの中で、楽器に対する熱意や接し方を学ぶことができます。自分で販売した楽器のメンテナンスができるのも良い点です。
楽器リペアマンとしての技術が向上すれば、全国どこでも仕事をすることができることも良い点で、腕の良い技術者は仕事に困ることがありません。

楽器リペアマンの仕事の悪い点

楽器リペアマンの悪い点は、一人前になるまで時間がかかり、長い時間をかけて経験を積んでいく必要があることです。また、管楽器のリペマンの仕事は難しく重要なため、有名な職人に弟子入りをして腕を磨くこともあります。楽器リペアマンはギターなどの弦楽器だけでなく、あらゆる楽器の修理を取り扱い、修理した楽器の試奏を行うため演奏技術もなくてはなりません。
得意とする楽器によっては仕事の競争率も高く、高い技術を習得しなければ就職が難しいのが悪い点です。絶句するほど汚い楽器もなんとかリペアしなくてはなりません。また給料が仕事量に対して安すぎます。サービス残業あたりまえです。特に楽器演奏コンクール前の実機は納期が短い無茶な納期の修理を無理頼まれます。毎日深夜帰宅になり、残業代も支払われず精神的なストレスになります。早出、残業、時には徹夜勤務をせざるを得ないことが離職率が高い原因ともなっています。

スポンサードリンク

楽器リペアマンの仕事の内容

楽器リペアマンの仕事の内容は、終われた楽器を修理し、音色の調整や販売した楽器のアフターサービスを行います。楽器についての知識をしっかりと学び、構造を理解した上で修理や調整を行う必要があるため様々な楽器について学びます。楽器リペアマンは修理した楽器を実際に音を出して修理が完璧かを確かめるため、演奏技術も高い必要があります。

具体的な仕事内容としては、管楽器・打楽器等のリペア修理見積もり、管楽器修理、新品・中古品の店頭販売、修理パーツ発注・在庫管理、出張リペア、学校の訪問リペア(吹奏楽部など学校の管楽器の修理)学販などです。管楽器専門修理工房などの工房に勤務する場合は特殊管や珍しい楽器まで、モチベーション高く、飽きることなくリペアに取り組めます。演奏するのとはまた違った視点で楽器に向き合うことができる仕事の利点です。

海外メーカーの楽器、アンプ、エフェクターの修理、アフターサービス全般を取り扱う会社に勤務する場合は、修理(アンプなどは回路図を読めることが必須)輸入品の検査、お客様や営業からの使用方法に関する電話対応、修理部品の発注、メーカーへの修理レポート作成(英語必須)等となります。

楽器リペアマンの仕事に必要な資格

楽器リペアマンの仕事に必要な資格は特にありません。資格は必要ありませんが、楽器の修理に対する高い技術を持っていなくてはなりません。
楽器リペアマンの師匠に弟子入りするほか、専門学校で技術を学ぶことも可能です。楽器リペア科のある学校によっては、修理以外にも演奏に関する資格を学ぶことができる学校もあります。

楽器リペアマンの仕事に必要なスキル

楽器リペアマンの仕事に必要なスキルは、楽器の修理技術と演奏技術です。
楽器リペアを行うためには楽器の構造を理解する必要があり、正しい修理方法を知っている必要がります。また、楽器の最終調整は楽器リペアマンの腕に左右される部分が多く、実際に演奏をする奏者としてのスキルも必要です。
日本で作られてる楽器のほか、海外で作られている楽器もあるため、さまざまな楽器についての知識を得ることが重要です。

楽器リペアマンの仕事のまとめ

楽器リペアマンの仕事は、壊れた楽器や調整が必要な楽器を修理し、その楽器を完璧な状態にして持ち主に返します。腕の良いリペアマンは数が少なく、安心して楽器を任せられるようになる為には長い時間が必要です。
海外でリペアの技術を学んだり、腕の良い職人に弟子入りするなど、専門学校だけではなく常に技術の向上を目指す必要があります。
楽器リペアマンは修理した楽器の音色を確かめる為の演奏をする必要があり、楽器奏者としての腕も必要です。

スポンサードリンク

楽器リペアマンの仕事の年収は働く楽器店次第!大好きな楽器と1日中一緒にいられ色々な時代の楽器に出会えるに関連する記事

人気記事ランキング