家具工の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>家具工の仕事の年収・やりがい・本音

家具工の仕事の年収・やりがい・本音

furniture-engineering

家具工 仕事の年収・月収

家具工の収入は所属する会社に働き方により大きく変動します。特に家具メーカーなどの会社に勤めている場合は、その会社規模によって大きく変動します。
家具工全体の平均で見た場合は全国平均に比べてやや低いようです。具体的には年収で約320万円、月収では約25万円というデータがあります。
見習いの家具職人の場合は収入が極めて低いケースが多く、見習いの間は収入が10万円程度の場合もあります。
熟練した職人の職長クラスになると月収50万円程度を得られるケースもありますが、そこまで上り詰めるまでの間は、低い収入に悩まされるかもしれません。

スポンサードリンク

家具工の仕事は、消える職業?消えない職業?

人々の生活の中で家具というものは欠かせないものです。家具工はその家具を製作するのが仕事となります。そのため、家具工という職業は消えない職業といえます。
ただし現在、国内の家具に関する需要は変化を迎えています。そういった変化の中で、家具を作る職人としての腕がシッカリしており、かつ新しい家具、斬新なデザインの家具といった特徴がない限りは、中々生き残っていくのは難しいといえます。
消える職業となることはないでしょうか、今後は苦しい状況が続いていくかもしれません。

家具工 仕事の将来性・安定性

現在、家具の需要は横ばい、そして中長期的には減少している傾向があります。そういった状況の中で、家具の需要は低価格商品とデザインに優れた高級品の二極分化が進んでいます。
そういった中で家具工が生き残っていくには、確かな技術と、斬新なデザインや新たな使い方を提案出来る独創性が必要と言われています。そういった部分を持っている家具工であれば、将来性も高いといえるでしょう。
安定性に関しては、その働き方によるところが大きいでしょう。会社で働いていれば安定した収入が約束されますし、独立して働いている家具工であれば、安定性はそれなりといえます。

家具工 仕事のやりがい・本音

家具工の仕事は、紛れも無いモノヅクリです。一つの家具の製作に必要な工程を、殆どの場合は一人の職人が担当することになります。そのため、何もないところからスタートして一つの家具を完成させるのは大変ですが、その分完成したときの喜びはひとしおで、何物にも代え難い達成感とやりがいを得ることが出来ます。
また、家具に関しては国内外を問わずコンクールが開催されています。そのような場に自身が製作した家具を出展し、高評価を得られることはなによりうれしいといいます。仕事の合間を縫っての製作は大変とのことですが、それでも作り上げ、出展する価値はある……という本音を持っている方が多いようです。

家具工 仕事の良い点

家具工は一人で一つの家具を作り上げ、仕上げていくのが仕事です。当然そこには高い技術が必要ですが、その分作業に集中し、家具を作り上げることに没頭できます。これは、一つの作業を集中して行いたい人にとっては良い点であるといえます。
また、長い修行期間を経て一人前の家具工となると、独立して自分の工房を持つことも夢ではありません。今まで自分が培った技術をを活かして自身の作品を次々と生み出していく喜びは、他の職業では中々得られない喜びを与えてくれます。それもまた、良い点といえるでしょう。

家具工 仕事の悪い点

一人前の家具工となるには、長い期間の修行が必要です。最低でも五年程度の修行期間が必要と言われています。その間は収入も低く、生活もままならない状況が続きます。
これは、すぐに仕事に取り組みたい人にとっては悪い点といえます。
また、家具工の仕事は一人で一つの家具を仕上げます。工場などの生産ラインとは異なり、一人で材料を切り出し、組み立て、完成まで行います。
そのため、作業には高い集中力を必要とし、その集中力を長時間維持し続けなければいけません。仕事にメリハリをつけたい人にとっては、これもまた悪い点といえるでしょう。

スポンサードリンク

家具工 仕事の内容

家具の製作を行うのが家具工の仕事です。特にオーダーメイドを主とした家具工は、完成までのすべての工程を一人で行います。
家具に主として使われる材料は木材ですが、その木材を切り出し、ホゾや穴の加工、かんなややすりがけなどの加工を行い、それを組み立て、塗装をして一つの家具に仕上げます。
基本的には設計図を元にして加工と組み立てを行いますが、詳細な寸法は設計図に書かれてないケースがあります。そういった場合は、家具工の長年の経験から計算して作り上げます。
木材はその種類によって硬さや性質が分かれているため、それに合った道具を使用しなければいけません。その数多くの道具の調整と手入れも、家具工の大切な仕事の一つといえます。

家具工 仕事に必要な資格

家具工になるのに必要な資格は特にありません。家具工に必要な技術は基本的に修行中に先輩家具工に教わる形で身に着けていきます。
家具工に関連する資格として『家具製作技能士』というものがあります。こちらを取得しておけば、後々家具工としての自身の技術力をアピールできるかもしれません。
また、近年増えているのが海外の職人養成プログラムを利用して、海外の資格を取得するケースです。ドイツの『マイスター資格』に代表される資格を海外留学を利用して取得します。現地で働きながら職業訓練校に通う形になります。条件さえ満たせば、国からお金も出ます。

家具工 仕事に必要なスキル

必要なスキルに関しては、基本的に必要な技能に関しては、職についた後の修行によって身につけるのが通例です。
資質に関しては、手先の器用さと集中力、忍耐力が求められます。場合によっては0.1ミリ単位の調整が必要な場合もあり、そういった時に器用さや集中力、忍耐力がなければ難しいでしょう。
また、どんな手を使ってでも納期を守るという責任感や、モノヅクリな対する情熱といったものも必要な資質といえます。
加えて、家具工は独立しやすい職業と言われています。その場合はデザインセンスや経営手腕、コミュニケーションスキルといったものも必要になってくるでしょう。

家具工の仕事のまとめ

日本には高い技術力を誇る職人がたくさんいらっしゃいますが、その職人の最たる例がこの家具工です。卓越した技術で高品質な家具を生産していく家具工は、日本の高い技術力の代名詞といえます。
ですが近年では、長引く不況のために収入が激減しており、その高い技術力に見合った収入を得ていない職人も数多く入るようです。その低い収入のため、新たな家具工のなりても少なくなっているとのことです。
中途採用が多く、家具工になる際には学歴、職歴が不利にならないというのはうれしい点ですが、その分、収入が激減してしまう可能性もあります。暫くの間は、食べるのがやっとの状態が続くことでしょう。
まとめると、中々苦しい側面もある家具工ですが、それでも日本を代表する職人の一角として、輝き続けていただきたいものです。

スポンサードリンク

家具工の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング