葬祭ディレクターの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>葬祭ディレクターの仕事の年収・やりがい・本音

葬祭ディレクターの仕事の年収・やりがい・本音

葬祭ディレクター 仕事の年収・月収

葬祭ディレクターの仕事の月収は、およそ18万円から30万円、年収はおよそ220万円から360万円となります。
葬祭ディレクターは企業によっては資格取得手当が支給される場合もあり、大きく年収を増やすことができます。資格を持っている場合、一般的なサラリーマンよりも多くの年収を得られ、1000万円以上の年収を得ることも可能です。

スポンサードリンク

葬祭ディレクターは、消える職業?消えない職業?

葬祭ディレクターは今後も消えない職業です。
日本は高齢化社会に突入しており、死亡者数も増加傾向にあります。また、葬儀の形も様々なものが出てきており、故人の個性を尊重した「音楽葬」や少人数型の家族葬などのオリジナル葬も増えています。そうした状況から葬祭ディレクターの需要もますます増えてくるため、消えない職業となります。

葬祭ディレクター 仕事の将来性・安定性

葬祭ディレクターの仕事の将来性は高く、これからの高齢化社会で葬儀の回数も増加傾向にあります。葬儀の方法も個性的になってきており、故人の思いを尊重したオリジナル葬を行う人も増えています。葬祭ディレクターはそうした需要に対して応える仕事でもあり、誰でも簡単にこなせる仕事ではありません。
多くの経験と技術が求められる仕事のため、安定性のある収入を得ることも可能で、年収も一般的なサラリーマンよりも高めになっています。

葬祭ディレクター 仕事のやりがい・本音

葬祭ディレクターの仕事のやりがいは、故人の思いを尊重した葬儀を作り、最後までしっかりと送り届けることができた時にやりがいを感じます。
葬祭ディレクターは故人と家族の最後のお別れを演出する仕事でもあるため、思い残すことがないよう全力を尽くすこととなります。また、早朝から深夜まで働くことも多く、葬儀を担当すると忙しくなるのが本音で、体力が求められる仕事です。

葬祭ディレクター 仕事の良い点

葬祭ディレクターの仕事の良い点は、これからの高齢化社会の中、非常に重要な役割を担う仕事である点です。また、葬祭ディレクターの資格を取ることで収入をアップさせることができます。
葬祭ディレクターはしっかりとした技術を得ることで長い期間働くことができる仕事であり、日本全国どこでも仕事ができるのも良い点で、今後ますます需要が高まる仕事です。

葬祭ディレクター 仕事の悪い点

葬祭ディレクターの仕事の悪い点は、葬儀を担当した場合早朝から深夜まで仕事が続くため体力が必要な点です。緊急の対応が求められることもある為、多くの場合は24時間体制で仕事を行います。

葬祭ディレクターは時期により1ヶ月で10件以上を担当する場合もあり、通夜から一連の作業を終了するまで長い時間仕事をしなければならないのが悪い点です。

スポンサードリンク

葬祭ディレクター 仕事の内容

葬祭ディレクターの仕事の内容は、葬儀に関する企画運営を行う仕事で、通夜から納棺、火葬場に至るまで一貫した作業を行います。
葬祭ディレクターは故人や家族の思いを尊重し、オリジナルの葬儀を考えることも多く、現在では音楽葬や家族葬など形態は様々です。
早朝から夜遅くまで勤務時間が長いことが多く、多い時には月に10件以上の葬儀に関わることもあります。

葬祭ディレクター 仕事に必要な資格

葬祭ディレクターの仕事に必ず必要な資格はありませんが、取得しておくべき資格は厚生労働省認定の「葬祭ディレクター」です。この資格は葬祭ディレクター技能審査協会が行っており、1級は実務経験が5年以上、2級は2年以上が必要となります。葬祭ディレクターの資格を持っていると昇給の対象となる場合もあり、確かな技術を学ぶことができるため必要な資格となります。

葬祭ディレクター 仕事に必要なスキル

葬祭ディレクターの仕事に必要なスキルは、多くの人と接するためのコミュニケーションスキルと、素早い対応が求められるスケジュール管理スキルです。
葬祭ディレクターは、故人と家族のために最後のお別れの舞台を作り上げる仕事のため、家族としっかりとしたコミュニケーションを取り葬儀を企画しなければなりません。
また、何ヶ月も前から準備することができないため、突然の仕事にも素早く対応できるスキルが必要です。

葬祭ディレクター 仕事のまとめ

葬祭ディレクターの仕事は葬儀に関する一貫した作業を行い、故人と家族の最後の時間を演出します。
葬祭ディレクターは遺体を自宅から搬送し、納棺の後に葬儀を行います。葬儀では司会の他、受付業務なども担当し、火葬場や霊柩車の手配も行います。
24時間対応している会社も多く、1回の葬儀で勤務時間が長くなりやすく、非常に体力が求められる仕事です。また、多くの人と関わる仕事でもあるためコミュニケーションスキルも重要となります。

スポンサードリンク

葬祭ディレクターの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング