ファンドマネジャーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>ファンドマネジャーの仕事の年収・やりがい・本音

ファンドマネジャーの仕事の年収・やりがい・本音

ファンドマネジャーの年収・月収

ファンドマネジャーの年収・月収は、成功報酬となっており固定給ではありません。
例えば、雇用契約でファンドマネジャーの年収・月収の取り決めが、運用成績の10%と定めているとします。

すると、日本株式を専門に運用しているファンドマネジャーの場合、運用している日本株ファンドの年間利益が10億円ならば、
そのファンドマネジャーの年収は1億円という計算となります。

しかし、逆に、運用成績が悪く年間利益を1000万円しか出せないファンドマネジャーは、
報酬を得ることはできず、それどころか雇用契約を解除されてしまう可能性が高いです。

スポンサードリンク

ファンドマネジャーは消える職業?消えない職業?

ファンドマネジャーは消える職業か消えない職業かという点については、これからも存続していく職業と言えます。
なぜなら、世界の先進国は低金利の状況ですから、先進国の国民は銀行に預金を預けるだけでは金融資産を増やすことはできません。

おそらく、先進国の低金利という状況はこれからも継続していくでしょう。
ですから、先進国の国民は、株式や債券などで資産運用するしか資産を増やす方法はありません。
このため、資産運用のプロであるファンドマネジャーは消える職業か消えない職業かという点では、明らかに消えない職業なのです。

ファンドマネジャーの将来性・安定性

ファンドマネジャーの将来性・安定性という点では、まさに一人ひとりの能力次第と言えます。
能力が高く、運用成績を毎年安定的に叩きだせるファンドマネジャーならば将来性は高いです。

逆に、低い運用成績しか挙げることのできないファンドマネジャーならば将来性はきわめて低いです。
なお、ファンドマネジャーという職業については、能力が高い人材でも安定性は低いです。
とくに外資系証券会社に勤務しているファンドマネジャーの場合は、会社そのものが東京から撤退するケースがありますので、
ファンドマネジャーの転職は頻繁に行われているのが実情です。

ファンドマネジャーの仕事のやりがい・本音

ファンドマネジャーの仕事のやりがいは、担当している投資ファンドの運用成績に比例して、自分自身の報酬が増えていくという点です。
まさに腕の見せ所であり、やりがいを感じることができます。

反面、常に運用成績というプレッシャーに押しつぶされそうになって、
精神的にきついと感じるのもファンドマネジャーとしての本音です。
とくに世界中の株式市場が暴落している局面はとても厳しいのです。
もっと楽して運用の仕事が良いと考えているのが本音なのです。

ファンドマネジャーの仕事の良い点

ファンドマネジャーの仕事の良い点は、ひとつは運用成績に比例して自分の報酬が増えていくという点です。
そして、運用成績が良ければ良いほど、日々の仕事においても社内の他人から干渉されたり、あれこれ指図を受けることはないという点にあります。

アタマを休めるために喫茶店に抜けだしても誰からも注意を受けません。
勝てば官軍です。まさに、サラリーマンでありながら、独立したプロフェッショナルな個人として仕事をすることができることが、
ファンドマネジャーの仕事の良い点です。

スポンサードリンク

ファンドマネジャーの仕事の悪い点

ファンドマネジャーの仕事の悪い点は、極端にいえば24時間、市場からアタマが離れない点にあります。日本の株式市場は午後3時に終了しますが、
日経平均先物は午後4時30分から再開し、翌日の午前3時まで売買が行われます。

また、為替であれば、ほぼ24時間動いています。
そして、アメリカやヨーロッパの政治動向が原因で、日本時間の深夜に相場が大きく動くこともあり、
ファンドマネジャーの神経は24時間気が休まることはありません。これが、この仕事の悪い点です。

ファンドマネジャーの仕事の内容

ファンドマネジャーの仕事の内容は、調査・分析・売買があります。
まず、朝出社したら、世界中の最新ニュースをチェックしたり、経済指標のチェックをします。

そして、主要な為替レートや主要な国の株式市場をチェックして、自分が担当している投資ファンドのポートフォリオをチェックするのです。
株式ファンドであれば、売る必要のある銘柄があれば、他の銘柄と入れ替えて常に最高の運用成績を目指すのがファンドマネジャーの仕事の内容です。

ファンドマネジャーの仕事に必要な資格

ファンドマネジャーの仕事に必要な資格は、とくにありません。
証券会社によっては、証券アナリストを必要な資格と位置付けて、取得を義務づけているようですが、必ず必要な資格ということではありません。

実際、高い運用成績を誇る日本人ファンドマネジャーで、証券アナリストの資格を持っている人は少ないと思います。
むしろ、何も資格を持っていない方がファンドマネジャーとして活躍されています。この仕事に必要なものは、あくまでも運用スキルです。

ファンドマネジャーの仕事に必要なスキル

ファンドマネジャーの仕事に必要なスキルは、運用スキルです。
具体的には、チャートを読むスキルが必要です。為替でも株式でも、毎日価格変動がありますし、
さらに分析すると時間単位でも大きな値幅で動いているときがあります。

このためチャートを分析するスキルは欠かせません。
そして、世界各国の政治情勢や金融情勢、経済動向に目を配り、
いずれかの国で金融政策が大きく変更される場合、どのように相場に影響するかを的確に読みぬくスキルがファンドマネジャーにとって必要なスキルです。

ファンドマネジャーの仕事 まとめ

ファンドマネジャーの仕事は、仕事の結果が100%自己責任となる大変厳しい仕事です。
仕事の結果が出なければ、その会社に在籍することさえ困難となります。

しかし、厳しい半面、成功した場合の年収はきわめて多額な金額となるのです。
また、成功し続ければ海外の著名な投資銀行やヘッジファンドから誘いの声がかかることもあり、
活躍の場はワールドワイドなものとなります。独立精神が旺盛な人材にとっては、きわめてやりがいの大きな職業です。

スポンサードリンク

ファンドマネジャーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング