袋物製造工 の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>袋物製造工 の仕事の年収・やりがい・本音

袋物製造工 の仕事の年収・やりがい・本音

袋物製造工  仕事の年収・月収

袋物製造工の収入は、全国平均に比べてやや低い傾向が見て取れます。具体的なデータですと、年収では平均が約320万円、月収では24万円程度です。
平均年齢や平均勤続年数は他の職業に比べて特別低いわけではなく平均的ですので、その分収入の低い水準が目につきます。
勤務先はかばん・袋物の製造所がメインになります。家族経営の小さな事業所が多いのが特徴で、特別な資格や学歴が必要な職業ではないため、その点に理由があるのかもしれません。

スポンサードリンク

袋物製造工 の仕事は、消える職業?消えない職業?

鞄に代表される、ファッションにおける袋物という存在は、人間の生活に不可欠なものとなってます。そのため、袋物製造工という仕事は消えない職業ということが出来ます。
ただし、現在は、その高い人件費を嫌って、生産拠点を国内から国外に移すケースが増えています。袋物製造工は家族経営の小さい事業所で働くケースが多いですが、そのように仕事が海外に取られてしまうケースも充分考えられます。そのため、消える職業となることはないでしょうが、生き残っていくためには、確かな技術や新たな製品を生み出すアイデアなどが必要不可欠といえます。

袋物製造工  仕事の将来性・安定性

安定性に関しては中々難しいところがあります。勤務先にもよるとは思うのですが、袋物製造工が働く事業所は小さいところが多く、もしもの事態が起こりやすい傾向があるようです。確かな技術を持っていればそう簡単に職に困ることはないでしょうが、中々難しい点があると言わざるを得ません。
将来性に関しては一長一短です。職人的な仕事のため、確かな技術と実績、加えてアイデアがあれば独立も夢ではありませんが、その一方で、やや低い平均年収が気になります。将来性に関しても中々難しいところがあるといえます。

袋物製造工  仕事のやりがい・本音

袋物製造工の仕事は、いわゆるモノヅクリの仕事です。自身がアイデアを出したものや、顧客から製作を頼まれた鞄を、指定された素材を駆使して作り上げ、形にする仕事です。
そのため、一つのものが出来上がった時、大きなやりがいを感じるといいます。また、自身が作った鞄を持つ人を見た時も、大きなやりがいを感じるようです。やはり自身の作品がいろいろな人に使われることは、袋物製造工にとってうれしいようです。
ただ、本音の部分ではもう少し収入が上がれば……と感じる方もいるようです。

袋物製造工  仕事の良い点

袋物製造工になるのに必要な学歴や資格は特になく、技術はすべて修行によって身につけたものになります。長い年月をかけて習得する技術になるのですが、一度身につけてしまえば、それは一生ものの技術となります。それは良い点といえるでしょう。
また、職人としての側面もある仕事ですので、袋物製造工の人たちは、腕に自身があれば比較的独立のし易い職業といえます。自身の腕を活用してバリバリ働きたい人にとっては、それもまた良い点であるといえます。

袋物製造工  仕事の悪い点

良くも悪くも職人的な側面の強い職業ですので、修行中の期間がどうしても発生します。その場合は先輩の袋物製造工の人に技術を教えてもらうのですが、その間は収入が心もとないケースが多いようです。これは悪い点であるといえます。
また、鞄もまた製品である以上、一定以上の水準のクオリティを維持しなくてはいけないのですが、袋物製造工の場合はほぼ手作業の場合が多く、クオリティを維持するのは、ひとえに袋物製造工の腕にかかっています。そのため、一人前になるには高い技術と一定水準以上の品質を維持しつづける集中力が必要です。これもまた、リラックスした環境で仕事をしたい人にとっては悪い点といえるでしょう。

スポンサードリンク

袋物製造工  仕事の内容

カバンやバッグ、小物類といった袋状のものを作り上げるのが、袋物製造工の仕事になります。扱う素材は天然皮革や合成皮革、布などがあります。
まずは商品のデザイン、型紙作り、材料の裁断と加工、縫製と仕上げの流れになります。
デザインが終わり型紙を作ったら、プレス機やナイフ、ハサミを使って、材料を無駄のないように裁断します。裁断が終わったら。革の場合は革漉き、布や毛皮の場合は布や毛皮の場合は不織布の裏打ちなどといった下処理を行い、縫製に入ります。
その後、出来上がった製品を検査し、良品と不良品に分け、磨いたり艶出しを行ったりという仕上げの段階に入ります。

袋物製造工  仕事に必要な資格

袋物製造工になるのに必要な資格は特にありません。
なり方ですが、もっとも基本的なのは学校を卒業したのち、かばんや袋物製造の工場や事業所に就職するのが一般的なようです。
就職した後も、一人前になるには長い修行期間が必要と言われています。布の場合は2~3年、皮革の場合は5~7年ほどで、一人前の袋物製造工といわれるレベルになるようです。確かな技術があれば、独立と開業も夢ではなく、その意味でも職人的な側面の強い職業といえます。

袋物製造工  仕事に必要なスキル

まずは縫製技術が必要なスキルといえますが、こちらは就職後の修行の間に、先輩たちに教えてもらう技術になります。そのため、就職する前に習得しておく必要はないといえます。
他にも勤勉さや注意深さが必要な素養と言われていますが、特に必要になってくるのは、デザインやスケッチから実物をイメージできる能力と、色や柄を含めた美的センスと言われています。縫製技術だけでなく、こういったファッションに関する嗅覚も鋭くなければ、独立した後に袋物製造工として活躍していくのは難しいでしょう。

袋物製造工 の仕事のまとめ

非常に高い技術が必要でありながら、収入面において苦境に立たされている職業といえます。特に近年では、ニーズが高い品質が売りの高級な袋物と、安価で手軽に購入出来るリーズナブルなものの二極分化しています。
高い技術を持っている袋物製造工であれば、今後も仕事にこまることはないでしょうが、今後は袋物製造工が生き残っていくのも徐々に難しくなっていくのかもしれません。
『不遇の職人の仕事』とまとめることが出来るでしょう。

スポンサードリンク

袋物製造工 の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング