不動産鑑定士の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>不動産鑑定士の仕事の年収・やりがい・本音

不動産鑑定士の仕事の年収・やりがい・本音

fudousankanteisi

不動産鑑定士 仕事の年収・月収

不動産鑑定士の収入は平均で年収約600~700万円、月収で47万円前後と言われています。弁護士や公認会計士と比べるとやや見劣りする平均収入ですが、平均でこの水準が保てている関係上、決して低い収入とはいえません。
働き方や所属する企業によっても収入は大きく変動します。外資系の企業で働く不動産鑑定士の場合は、時に年収1000万の大台に乗る場合もあります。
逆に研修生として地方の不動産鑑定事務所に入っている期間は、薄給なことで有名です。ただし、実地訓練は不動産鑑定士として登録されるのに必要なものであり、本来なら数十万円のお金を払って受けなければならないものなので、その間だけの辛抱といえます。

スポンサードリンク

不動産鑑定士の仕事は、消える職業?消えない職業?

近年ではIT技術の発達とグローバル化が目覚ましいですが、不動産鑑定士はIT化による自動化が極めて難しい業務で、高度な日本語が要求される職業です。そのため、海外の人材が流入してくることが難しく、近年注目を集めています。
以上のような事情から、不動産鑑定士が消える職業となることは考えにくく、今後も消えない職業として残っていくことでしょう。比較的高い収入は、他に替えの効かない職業である点も関係しているものと思われます。

不動産鑑定士 仕事の将来性・安定性

将来性に関しては高いといえます。不動産鑑定士という職業は、現在需要と供給のバランスが取れているだけでなく、景気回復や国際財務報告基準によって企業の不動産価値を判定する仕事が増加していくことが予想されているためです。相続税対策や不動産会社とのタイアップなど新しいサービスを始める不動産鑑定士も増えており、現在不動産鑑定士が活躍するフィールドも広がっています。
安定性に関しては、開業している土地による部分が大きいようです。都市部の場合は安定して仕事があるようですが、地方での開業や就職のし辛さが問題化されています。国や県からの仕事の受注を受けることができればそれが安定した収入に直結しますが、行政はすでに長年の実績がある事務所にしか仕事を発注しない傾向があるため、開業しても安定した収入に繋がりにくい傾向があるためです。

不動産鑑定士 仕事のやりがい・本音

不動産鑑定士の仕事は、不動産の鑑定評価です。そしてその仕事は、不動産鑑定士のみに許された仕事です。弁護士や公認会計士、国土交通省のエリート官僚ですら手を出すことが出来ない、不動産鑑定士だけが出来る仕事です。
そのため、不動産鑑定士の人は、自身の仕事に大変な誇りとやりがいをもっているようです。高度な専門職業であり、自分たちにしか行えないという自負が、強いやりがいをもたらしてくれるようです。
ですが現在、不動産鑑定士という職業はあまり知名度がなく、その点を残念に思うという本音を持つ不動産鑑定士の人もいるようです。誇り高い仕事ですが、知名度が低いというのは悲しいことのようです。

不動産鑑定士 仕事の良い点

収入と安定性のバランスがよい職業とよく言われます。他の職業に比べると比較的高収入が期待でき、世の中の景気にもあまり左右されず、一定の収入が常に期待出来る職業なためです。これは昨今の国内の景気状況から考えると、とても良い点であるといえます。
またもっと身近な点では、不動産鑑定士は非常に出張が多い仕事です。スキー場やゴルフ場の鑑定評価といった仕事や、依頼された土地の場所が遠方といったことも少なくありません。そういった場合は出張しなければならないのですが、その分旅行気分でいろいろな土地に行き、その土地の観光スポットや美味しいものを食べるといった、出張時ならではの楽しみというものが多いのも、不動産鑑定士の仕事の良い点といえるでしょう。

スポンサードリンク

不動産鑑定士 仕事の悪い点

多くの方が、実務研修中の金銭的な辛さを悪い点としてあげます。不動産鑑定士試験に合格したのち、実務研修を受けなければ不動産鑑定士となることは出来ないのですが、その事務研修中は収入がかなり少なくなるのが一般的です。そこでがんばれば高い収入が約束されるのですが、生活出来ないレベルの収入、場合によっては無収入というのは、悪い点と言わざるを得ません。
また、依頼主の中には不動産鑑定士に過度なプレッシャーをかけてくる人もいます。鑑定結果に不服を申し立ててくる依頼主はしょっちゅうで、場合によっては今後の取引、企業勤めの立場の場合はそのグループ会社に至るまで引き合いに出されます。何も不動産鑑定士に限った話ではありませんが、そういったプレッシャーの中で割りきって仕事をせねばならないという点も、悪い点といえます。

不動産鑑定士 仕事の内容

基本的には不動産の価値を鑑定するのが、不動産鑑定士の仕事です。一般的な不動産の査定とは異なり、不動産の利用価値を前提とした評価、鑑定を行うのが特徴です。
鑑定する土地は場所を選ばず、依頼があれば全国各地何処にでも向かいます。街中だけでなく、怪しげな店舗、場合によっては原野や森林といった厳重な装備が必要な土地を鑑定する場合もあります。
その他、不動産のコンサルティングや依頼主から預かった不動産の運用、企業不動産の時価評価なども不動産鑑定士の仕事となります。

不動産鑑定士 仕事に必要な資格

不動産鑑定士になるには、国家資格を取得する必要があります。極めて難易度の高い資格であることで有名です。受験資格は特にありません。
資格を取得したら実務研修を受ける必要があります。検収には1年・2年・3年の各コースがあり、その中から好きなコースを選択出来ます、もちろん、お金を払わなくてはいけません。
実務研修に関しては個人事務所等で行うことが出来る場合もありますが、その場合は低い収入と、仕事の大半が雑務である点を覚悟しなければなりません。
それらが終了し、修了考査と呼ばれるテストを合格した後、晴れて不動産鑑定士を名乗ることが出来ます。

不動産鑑定士 仕事に必要なスキル

まず、論理的思考が必要なスキルであると言われています。基本的に不動産鑑定は「不動産鑑定評価基準およびその留意事項」と呼ばれる鑑定評価業務の指針に従って鑑定を行いますが、すべてのケースがその指針に網羅されているわけではなく、必要に応じて解釈を加えなければならない場合があります。そういった場合、論理的に考えていかないと自己矛盾が発生してしまうため、論理的に物事を考える力は非常に重要です。
また、不動産鑑定士の仕事は非常に細かい仕事が多く、現地調査やヒアリング、統計から必要な計算を行う、それらすべてを報告書にまとめるといった細かい仕事が多くあります。そのため、細かい仕事を根気強く慎重にすすめる資質が重要です。これも一種の必要なスキルといえます。

不動産鑑定士の仕事のまとめ

収入面や安定性から考えると非常に魅力的な仕事である不動産鑑定士ですが、その道は長く険しい物があります。極めて難易度の高い国家資格を取得し、1年から3年の実務研修を積んだ上で、はじめて名乗れる職業が不動産鑑定士なのです。
確かに道は非常に険しいですが、その分得るものも大きいのが特徴です。責任も大きく、人の役に立てる非常にやりがいのある仕事です。
『なるのは大変だけど、がんばる価値のある仕事』とまとめることが出来るでしょう。不動産鑑定士になるには覚悟が必要ですが、将来の成功が約束されている分、頑張りようのある仕事であるといえます。

スポンサードリンク

不動産鑑定士の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング