住宅・不動産会社営業部員は消える職業・無くなる仕事?年収・やりがい・本音とは?

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>住宅・不動産会社営業部員は消える職業・無くなる仕事?年収・やりがい・本音とは?

住宅・不動産会社営業部員は消える職業・無くなる仕事?年収・やりがい・本音とは?

住宅・不動産会社営業部員 仕事の年収・月収

住宅・不動産会社営業部員の仕事は住宅・不動産会社において販売を担う仕事です。新築あるいは中古物件、土地、事務所など対象は様々ですが、見込み客に対して物件のよさを理解してもらい、販売実績をあげる仕事です。どの会社であっても販売目標(ノルマ)があるため、住宅・不動産会社営業部員として仕事をした場合、年収はおよそ300万円以上、2000万円も可能と言われています。月収は所属する組織の規模に左右され、成績のよい住宅・不動産会社営業部員であれば安定収入が期待できます。販売実績に応じた歩合給もあるため、実力相応に年収が上がります。

スポンサードリンク

住宅・不動産会社営業部員の仕事は、消える職業?消えない職業?

住宅・不動産会社営業部員とひとことで言っても、その範囲は幅広く、たくさんの種類の仕事があります。住宅・不動産会社営業部員は住宅・不動産のエキスパートですので、そこに家や土地がある限り消える職業ではないですが、安定して仕事をするには体力とやる気が必要です。グローバル化が進んでいるので、もし英語で外国人に対応できれば重宝されて活躍の場が広がるでしょう。住宅・不動産会社営業部員としての実力が認められれば管理職を任されたりしてさらなる収入アップが可能です。

住宅・不動産会社営業部員 仕事の将来性・安定性

何らかの組織に所属して販売の仕事をすることが多いですが、住宅・不動産会社営業部員として培ったスキルは不動産販売の仕事全般で役に立ち、独立開業も可能です。住宅・不動産会社営業部員として実力があれば、仕事は途切れることなく、将来性・安定性は高いです。ただし、一人前になるまでにある程度の研修期間が必要です。顧客からの信頼が重要なので、現在のマーケット状況を把握したり、知識を常に新しくする努力ができるか、なども重要です。住宅・不動産会社営業部員として十分なスキルを身につけることができれば、経験に応じてステップアップすることができます。どこでも仕事があるので、働き先がなくて困る、ということはないでしょう。住宅・不動産会社営業部員の仕事の将来性・安定性は確実です。ただし、過疎地など街の活気がない場所では苦戦します。

住宅・不動産会社営業部員 仕事のやりがい・本音

住宅・不動産会社営業部員の仕事のやりがい・本音は、自分のスキルで収入があがるところにあります。ほぼどこでも仕事があるので、仕事が見つかりやすく、住む場所はそれほど選びません。仕事場に近いことは重要ですが、例えば転勤する配偶者に合わせて行く先々で仕事を見つける、といった働き方も可能です。販売センスがあって、顧客が説明しなくても求めていることを察知できる、販売という仕事に情熱を傾けられる人には向いていると言えます。不動産を買うことは多くの人にとって一大事ですので、人生の重要な場面において貢献ができるのは住宅・不動産会社営業部員の最大の仕事のやりがいと言えるでしょう。めまぐるしく動く世の中で、生身の顧客相手に直接的な貢献ができることは住宅・不動産会社営業部員のやりがいといえるでしょう。

住宅・不動産会社営業部員 仕事の良い点

住宅・不動産会社営業部員の仕事の良い点としては、実力さえあれば世界がどんどん広がる点です。様々な物件をお客様にご紹介し、大きな決断のお手伝いをすることができます。住宅や不動産は高額商品ですので、人の人生を左右するやりがいある仕事です。仕事の一環として例えば新しい物件の下見ができたりするのも、住宅・不動産会社営業部員の仕事の良い点と言えるでしょう。

住宅・不動産会社営業部員 仕事の悪い点

住宅・不動産会社営業部員の仕事の悪い点は、基本的に外回りが多く、顧客の信頼を得て安定収入を手にするまではやや低収入であるという点です。仕事量が多く慌しいいにもかかわらず、販売実績が低迷していれば低収入となるのは辛いことですし、耐えられずに転職する人は多いです。職種あるいは所属する企業の方針によっては労働時間が長い、休日がとりにくい、販売ノルマが厳しい、などある程度は不便なこともあります。

スポンサードリンク

住宅・不動産会社営業部員 仕事の内容

住宅・不動産会社営業部員の仕事の内容は、基本的には営業・販売の仕事ですが住宅・不動産会社営業部員の仕事にも、対象となる物件や顧客によって細分化され、それぞれに異なるスキルが必要です。高額商品をお客様に販売するためには、信頼を得る必要があります。与えられた仕事を顧客の要望をよくとらえて、期待以上の成果をあげるスキルが必要です。明るく元気で、責任感がしっかりある人物かどうか、信頼するに足る人物であるかどうか、は住宅・不動産会社営業部員の仕事をするにあたって大変重要です。

住宅・不動産会社営業部員 仕事に必要な資格

住宅・不動産会社営業部員の仕事に絶対必要な資格というものはありませんが、宅建の資格などをアピールすれば、住宅・不動産会社営業部員として採用される可能性は高まるでしょう。住宅・不動産会社営業部員として仕事を得るには、まず採用されて試用期間を乗り切ることが必須ですので、はじめは収入が低くてもがんばって一人前に販売実績を積むのが一人前になる近道と言えるでしょう。

住宅・不動産会社営業部員 仕事に必要なスキル

住宅・不動産会社営業部員の仕事に必要なスキルは、元気と明るさ、信頼感です。顧客ごとに要望は異なりますが、手頃な物件を見つけ、納得して買いたい、という共通のニーズがあります。ある程度は慣れの問題ですので、慣れるまで根気よく販売のコツを勉強することが必須でしょう。いずれにせよ、お客様の求める物件を察して提案したり、明るく元気でコミュニケーションがとりやすい、などは営業部員として必須です。常に顧客の要望に気を配り、自分に何ができるかを探して向上心を保つことは住宅・不動産会社営業部員の仕事に必要なスキルです。

住宅・不動産会社営業部員 仕事のまとめ

住宅・不動産会社営業部員の仕事は、お客様が求める物件を見つけ、提案する販売・接客の仕事です。物件や顧客の要望はさまざまながらも住宅・不動産会社営業部員という職種は販売実績があがれば安定性が高く将来的に消えない職業と言えるでしょう。顧客の信頼をつかめば、口コミで次の顧客が得られ、収入をより安定させることができますし、他の営業部員を監督する管理職の仕事も与えられるかもしれません。住宅・不動産会社営業部員としての販売実績を認められれば、大きなステップアップも可能です。

スポンサードリンク

住宅・不動産会社営業部員は消える職業・無くなる仕事?年収・やりがい・本音とは?に関連する記事

人気記事ランキング