冷凍加工食品製造工の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>冷凍加工食品製造工の仕事の年収・やりがい・本音

冷凍加工食品製造工の仕事の年収・やりがい・本音

frozen-processed-food-production-mechanic

冷凍加工食品製造工 仕事の年収・月収

冷凍加工食品製造工の収入は、その働き方や会社規模によって大きく変わりますが、概ね全体の平均に比べるとやや低い傾向があります。具体的には、平均年収で約350万円、平均月収で約25万円というデータがあります。ボーナスに関しては一年で約51万円とのことです。
基本的には学歴や資格が必要ない仕事なため、他の職業に比べてやや低い平均となっているようです。また女性が多い職業であるため、このような結果が出ているものと言われています。

スポンサードリンク

冷凍加工食品製造工の仕事は、消える職業?消えない職業?

日本人が独自に計算して調べた『各職業の十年後に消えている確率』というレポードがあります。その中で冷凍加工食品製造工が約60%代というやや高めな数値が出ています。そのため、10年後になくなっている可能性はゼロではありません。その意味では消える職業といえるかもしれません。
ただし、冷凍加工食品製造工の仕事は手作業で行う仕事が非常に多く、その大部分は非常に複雑で機械での自動化は難しいと言われています。
そのため、近い将来に冷凍加工食品製造工という職業がなくなるということはないでしょう。その意味では、まだまだ消えない職業ということが出来ます。

冷凍加工食品製造工 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、その働き方による部分が大きいでしょう。正社員として工場に雇用されている場合は安定した収入が望めますし、非正規雇用の場合ではそれも難しいといえます。ただし、比較的機械化の難しい作業が多いという特徴がありますから、その意味では冷凍加工食品製造工のニーズは安定してありつづけるといえます。
将来性に関しては中々難しい部分があるかもしれません。上述したように『10年後に消える確率』というレポートで60%という高い数値を叩き出しています。やがては海外に生産拠点が移されるということも十分考えられます。キャリアアップとして管理者になるという手もありますが、幅広い知識を習得する努力が必須になります。

冷凍加工食品製造工 仕事のやりがい・本音

日本の冷凍食品の品質は高く、冷凍食品はすでに日々の食生活に欠かせないものになっています。美味しい商品は人気商品となり、生産が追いつかないほどに注文が殺到する場合もあります。そういった評判の良い冷凍食品の製造に携わっているというのは、大きなやりがいとなるでしょう。
また、仕事中は中々他の仕事仲間と触れ合う機会がないのですが、その分休憩時間中の仕事仲間との楽しいひとときが大きなやり甲斐になっている……という本音を持っている方もいらっしゃいます。

冷凍加工食品製造工 仕事の良い点

冷凍加工食品製造工の仕事は、中々機会では代用出来ない作業が多くあります。そのため、常にニーズがある状態ですので、そうそう仕事がなくなるということがありません。安心して働けるというには、このご時世では良い点であるといえます。
また、他の職業に比べてパートタイムで働く女性が多いというのも、良い点であるといえます。女性が多い職場ということは、女性にとって働きやすい職場であるとも言い換えることが出来るため、同じ女性にとっては良い点であるといえるのではないでしょうか。

冷凍加工食品製造工 仕事の悪い点

食品を扱う仕事ということもあり、作業場は常に水で濡れている状態となります。衛生管理はしっかりしているので不潔ということはないのですが、足場が水に濡れて滑りやすいため、常に怪我をしないように気をつけて作業を行わなければなりません。これは悪い点といえるでしょう。
また、近年では衛生管理と食の安全性がクローズアップされる機会が多いため、各工場では厳密な衛生管理がとられるケースがほとんどです。比較的アバウトな人にとっては、悪い点といえるでしょう。

スポンサードリンク

冷凍加工食品製造工 仕事の内容

冷凍加工食品製造工の仕事は、冷凍食品を製造することです。
工程は原料の処理と冷凍の大きく2つに別れ、製品によってはその間に調理の工程が挟まれます。
原料の処理は不要部分の除去や成形、重量調整などが主です。魚を三枚におろしたり、野菜の種をとったりする工程も含まれます。中々機械では出来ない作業が多く、多くの人たちがこの工程で働いています。
冷凍に関しては急速冷凍を行います。その方が食品の味を損なうこと無く冷凍することが出来るためです。個々の食品をまとめて凍結するブロック凍結と、それぞれバラで凍結するIQFという凍結方法があります。

冷凍加工食品製造工 仕事に必要な資格

冷凍加工食品製造工になるのに必要な資格はありません。特に学歴や職歴も重要視されませんので、誰にでもなれるチャンスがあるのが特徴です。
なり方ですが、学校を卒業した後に、加工工場に就職するのが一般的なようです。パートタイマーやアルバイトなどの非正規で募集がかかっているケースも多いので、そういったところを狙うのもよいでしょう。
特に原料の処理の工程においては、多くの女性パートタイマーの人が働いています。性別に関する優遇などもないため、誰でも応募のしやすい職業であるといえるでしょう。

冷凍加工食品製造工 仕事に必要なスキル

近年では、どうしても人の手で行わなければならない作業を除いて、機械化が進んでいます。そのため、機械操作に関する知識や、それを使いこなすスキルが必要なスキルといえます。特に自動化された工程においては自動制御システムの理解、応用力が求められることでしょう。
また、さらに上のポジションとして管理者を目指す場合は、品質管理や衛生管理に関する深い知識が必要になってきます。それもまた、必要なスキルといえるでしょう。

冷凍加工食品製造工の仕事のまとめ

日本の冷凍食品は国内外で非常に高い評価を得ていますが、それらを支えているのが冷凍加工食品製造工といえます。機械では難しい作業を一手に引き受ける職人的な部分と、機械化による近代化が同居する職業でもあるとまとめることも出来ます
近い将来、職を奪われる可能性が指摘されていますが、日本の高品質な冷凍食品がこういった人たちに支えられている以上、すぐにこの仕事がなくなることはないといえます。人間でしか出来ない処理を司る人たちであればなおさらでしょう。
私達の食生活に不可欠な冷凍食品が不可欠なように、冷凍加工食品製造工の存在もまた、必要不可欠なのです。

スポンサードリンク

冷凍加工食品製造工の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング