フロントクラークは消える職業・無くなる仕事?年収・やりがい・本音とは?

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>フロントクラークは消える職業・無くなる仕事?年収・やりがい・本音とは?

フロントクラークは消える職業・無くなる仕事?年収・やりがい・本音とは?

フロントクラークの仕事の年収・月収

フロントクラークの仕事の月収や年収は、勤務しているホテルの規模によってだいぶ差が出てきます。世界各地に支店を持つようなホテルに勤めるフロントクラークの場合は、30代で月収30万円程度、年収600万円程度で、50代の幹部クラスになると月収60万円程度、年収900万円程度になります。規模の小さなホテルなら、50代でも年収600万円程度のこともあります。

スポンサードリンク

フロントクラークの仕事は、消える職業?消えない職業?

観光のための旅行や、ビジネス出張などでホテルを使う機会はますます増えてきています。そのため、料金の低さを狙ったホテルが軒を連ねてきていますが、やはりその評価はフロントクラークの対応の仕方の印象によって大きく違ってきます。そのため、フロントクラークの仕事は、ホテル業界に欠かすことのできないものですので、今後も消えない職業として存在し続けるでしょう。

フロントクラークの仕事の将来性・安定性

そのホテルの「顔」として働くフロントクラークですので、ホテルには必ず必要なポジションです。さまざまなタイプのホテルが乱立する中、優秀なフロントクラークやホテルスタッフを揃えたホテルが生き残っていきます。ですから、そのようなホテルで働くフロントクラークの仕事の将来性や安定性は、しっかりとしたものがあるでしょう。

フロントクラークの仕事のやりがい・本音

フロントクラークの仕事のやりがいは、「自分がこのホテルの顔として対応している」という自信をもって仕事をすることです。ですから、お客様からの感謝やねぎらいの言葉をいただくと、そのやりがいはますます増していきます。ただ、誠意を持って対応しても、なかなか納得していただけないお客様も時にはいるので、その点が大変だという本音もあります。

フロントクラークの仕事の良い点

フロントクラークの仕事の良い点は、自分のホテルを何度も訪れてくれるリピーターのお客様が増えてくれることです。また、さまざまな職種のお客様や、さらには海外からのお客様とも出会えることも良い点でしょう。さらには、お客様のトラブルなどをうまく解消できた時に「ありがとう」と感謝の声を掛けられることも、良い点としてあげられます。

フロントクラークの仕事の悪い点

フロントクラークの仕事の悪い点は、夜間の勤務の際の拘束時間が長くなる傾向にあるという点です。また、シフトによって勤務時間は決められていますが、お客様からのクレームに対処していると、決まった勤務時間内で退社することができないこともよくある、という点もあげられます。このような場合には、実質サービス残業になっているという点もあります。

スポンサードリンク

フロントクラークの仕事の内容

フロントクラークの仕事の内容は、ホテルのフロントでのチェックインやチェックアウトなどのお客様に対する応対、予約などの電話応対、インターネットによる予約などの確認など多岐に渡ります。ホテルを利用するお客様に何かトラブルが生じた際に、いちばん最初にクレームを受ける場所がフロントでもあるので、それらにも丁寧に対応しなくてはなりません。

フロントクラークの仕事に必要な資格

フロントクラークの仕事に必要な公的な資格はありませんが、お客様と直接対応する大切なポジションですので、接客のプロとしての自覚が必要です。そのためには「ホテルビジネス実務検定」や「サービス接遇実務検定」などの検定試験を受検して合格しておくと、ホテル業界への就職の際にも有利に働き、実務の際にも役立つでしょう。

フロントクラークの仕事に必要なスキル

フロントクラークの仕事に必要なスキルは、まずは人当たりの良さでしょう。お客様が話しかけやすく、いたわりに満ちた対応ができることが必須です。また、最近では海外からのお客様も増えてきているので、日常会話に差しさわりがない程度の英会話力も必要とされます。さらには、ホテルがある地域の観光スポットや名所、お勧めのレストランなどを知っておくために常に情報に敏感であることも必要になります。

フロントクラークの仕事のまとめ

旅行慣れしている人ならともかく、多くの人は初めてのホテルに宿泊する際には、いろいろと戸惑いも感じてしまいます。そのような時に、フロントクラークの人が丁寧に親切に対応してくれると、緊張感も一気に薄れ、安心感を持つことができ、機会があればもう一度このホテルに泊まりたいと思います。このような印象を持たれるフロントクラークが増えてほしいものです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

役職定年を迎えた55歳の窓際サラリーマンの私はネット副業にチャレンジしました。
その結果、「ほったらかしで稼ぐ仕組み」をつくり月250万円を不労所得のように稼げるようになりました。
そのプロセスを今だけ無料でメルマガの中で公開しています。

5年間500万円を超える情報商材への時間とお金の投資でつかんだ私の知識と経験知を得ていただけます。
ネット副業の核心を無料で知ることができますので、ご興味があればどうぞ登録されてみてください。

→窓際サラリーマンでも出来たネット副業ほったらかし成功法

スポンサードリンク

フロントクラークは消える職業・無くなる仕事?年収・やりがい・本音とは?に関連する記事

人気記事ランキング