食品技術者の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>食品技術者の仕事の年収・やりがい・本音

食品技術者の仕事の年収・やりがい・本音

食品技術者の仕事の年収・月収

食品技術者の仕事の月収や年収は、どれくらいの規模の企業に所属しているかなどによって違いが出てきますが、全体的に他の職業に比べて高めの給与になっています。大学を卒業して就職した時は、月収20万円前後、年収は300万円前後ですが、40代になると月収40万円程度、年収は700万円程度になる人も出てきます。

スポンサードリンク

食品技術者の仕事は、消える職業?消えない職業?

最近の消費者の食品に対するニーズは多岐に渡り、同じ食材でもいろいろな食べ方や調理の仕方が考案されていたり、新しい食材の出現などにより、それぞれに沿った食品技術者の仕事の在り方が求められています。そのため、食品技術者の仕事は、これからも消えない職業として残り、その存在意義はますます重要性を帯びていくでしょう。

食品技術者の仕事の将来性・安定性

例えばお茶やコーヒーなどの一般的な飲み物を取り上げても、最近では「トクホ(特定保健用食品)」と言われる、本来の機能にプラスアルファの機能を加えた商品などが開発、販売されてきているように、食品技術者の仕事はますます高度化しています。このような点からも、食品技術者の仕事の将来性や安定性は、確固たるものがあるでしょう。

食品技術者の仕事のやりがい・本音

食品技術者の仕事のやりがいは、自分が考案、開発した食品が大きな反響を浴びた時に感じることができるでしょう。また、自分だけの独自な味を作り出すことができた時にも感じることができます。ただ、そのためには気の遠くなるような回数の実験と、たくさんの試作品の山を築かなければならないので、それが大変だという本音も聞かれます。

食品技術者の仕事の良い点

食品技術者の仕事の良い点は、自分の好きな研究、開発の仕事に没頭できるという点でしょう。また、自分の開発した商品が大ヒットしたりすると、臨時ボーナスなどの特別賞与がもらえることがある点も良い点としてあげられます。さらには、規則正しい勤務体制であるので、休日を楽しむことができることも良い点としてあげられます。

食品技術者の仕事の悪い点

食品技術者の仕事の悪い点は、研究開発業務だと言っても、自分が好きなだけ食品の研究開発ができるわけでは無く、予算の縛りや納品期日の指定があるので、それに沿った商品開発をしなければならない点があげられるでしょう。また、自分が良かれと思って考案した商品がボツになることも多く、忍耐力が必要な点も悪い点でしょう。

スポンサードリンク

食品技術者の仕事の内容

食品技術者の仕事の内容は、食品メーカーなどで新しい加工食品を企画・開発したり、調理器具メーカーでは、その器具で作ることができる新しい食品を考案したり、あるいは、ファミレスやコンビニなどの飲食チェーン店では、新しいメニューを考え出す仕事です。試作品をモニターに依頼したりして、改良を重ねながらベストの味を探し出す使命があります。

食品技術者の仕事に必要な資格

食品技術者の仕事に必要な公的な資格はありませんが、食品を開発するにはさまざまな分野の幅広い高度で専門的な知識が必要となるので、専門学校や大学などで栄養学やバイオテクノロジーの知識を習得しておくと、採用に有利になります。また、「管理栄養士」やの資格などを取得しておくことも仕事上、役立つことが多くなるでしょう。

食品技術者の仕事に必要なスキル

食品技術者の仕事に必要なスキルは、まずは、どのような配合で最高の味が出せるのかなど、食材の研究に対する探求心が必要になるでしょう。また、世の中の消費者がどのような食品を求めているのか、という情報をつかむアンテナを広げておく必要もあります。さらには、日々進歩していく技術を体得していこうとする向学心も必要でしょう。

食品技術者の仕事のまとめ

毎日のように、フリーズドライのような目新しくて食欲をそそるような食品のCMがTVやインターネットを通して流されいて、消費者の購買意欲はどんどん刺激されています。そのような食品は、食品技術者による日々の開発研究によって生み出されていることに感謝しながら、新しい風味と食感も持つ、栄養分あふれる食品を手にしたいものです。

スポンサードリンク

食品技術者の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング