フラワーショップ店員の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>フラワーショップ店員の仕事の年収・やりがい・本音

フラワーショップ店員の仕事の年収・やりがい・本音

flower

フラワーショップ店員 仕事の年収・月収

フラワーショップ店員の収入はそれほど高くはないようです。社員として花屋さんに勤めるフラワーショップ店員の場合、平均で年収は約350~400万円、月収で18万円程度というデータが出ています。他の職業とくらべて、平均か、もしくは平均からやや低い数値となっています。
これは、季節や地域によって売上が大きく変動することと、花は生鮮品のため、どうしてもロスが出やすく、利益を出すのが難しいという側面もあるためです。

スポンサードリンク

フラワーショップ店員の仕事は、消える職業?消えない職業?

現在、花屋という業種が、近い将来に激減していくという予想がなされています。海外の記事ですが、『インターネットでも手軽に花束が変えるようになった』『花束ではなくワインやチョコレートなどを代替品として贈る習慣が定着化した』などがその理由として挙げられています。
フラワーショップ店員は花屋に勤める人のことですから、この予想が当たれば、近い将来消える職業となってしまうかもしれません。仮に生き残っていく消えない職業となれたとしても、今後は知恵を絞って生きていかなければならないでしょう。

フラワーショップ店員 仕事の将来性・安定性

安定性に関してはその働き方にもよります。大手の花屋で正社員として働いていれば、それなりに安定した収入が望めますし、アルバイトやパートとして働いているのなら、あまり安定した仕事とはいえないでしょう。
将来性に関してはまだ未知数です。先ほども言いましたが、ネットの出現や代替品を贈る習慣の定着化により、花屋の将来性は厳しくなっています。ただし、逆にネットを利用して全国を相手に商売をすることも出来ますし、まだまだ可能性は大きい職業であることも否定出来ません。

フラワーショップ店員 仕事のやりがい・本音

フラワーショップ店員の仕事は、お客さんに花を販売することです。人は、大切な人と大切な日を過ごすときに花を買い求める傾向があります。母の日やプロポーズ、発表会やお墓参りなどが一般的な例です。
そういった、その人にとって大切な日を、花を使って彩るお手伝いをするのが、フラワーショップ店員の仕事です。その点に大きなやりがいを感じ、フラワーショップ店員を続ける人も多くいます。
花束を買ってくれたお客さんが、後日『ありがとうございました』とお礼を言ってくれる時もあり、そのときの喜びはとても大きい……という本音を語ってくれる人もいます。

フラワーショップ店員 仕事の良い点

なんといっても、花を買ってくれるお客さんからの感謝の言葉が届きやすいという点があります。フラワーショップ店員の大切な仕事の一つとして、花束やフラワーアレンジメントの作成というものがあります。用途にふさわしいものを作成するのですが、それに対してお客さんからの『キレイ』や『ありがとう』といった評価や感謝をいただける機会が非常に多く、その点を良い点と考えるフラワーショップ店員の人はとても多いようです。
またそれに関連して、フラワーショップ店員は人と接する機会が非常に多い職業です。いろいろな人達と話をすることが出来ることは、人と話をするのが好きな人にとっては良い点といえます。

フラワーショップ店員 仕事の悪い点

その可憐なイメージとは裏腹に、フラワーショップ店員の仕事は非常にキツく、俗に『キツい・汚い・給料安い』という3Kの条件がそろっています。
毎日のようにバケツなどの重い物を運ぶ必要があり、腐った花を素手で捨てるという仕事もザラです。体調を崩して辞めていく人も多い職種です。花屋の可憐でキレイなイメージに惹かれる人にとっては悪い点といえるでしょう。
また、花は生き物です。その年の天候の変化による市場価格の変動や入荷してからのお世話など、こちらの都合が通用しない場面が多くあります。ペースを自分でコントロールしたい人にとってはこの点は悪い点といえるでしょう。

スポンサードリンク

フラワーショップ店員 仕事の内容

フラワーショップ店員の仕事の内容は、花屋を経営することです。価格やニーズから慎重に花を仕入れ、仕入れた花を美しい状態に少しでも長く保つために世話をします。お客さんに花を販売し、時にはシーンに合わせた花束やフラワーアレンジメントを作成します。生鮮品なため、しおれたり腐ってしまった花を処分することもあるでしょう。
注文を受け、花をホテルやイベントなどに届ける場合もあります。そう言った際には、普段立ち入れことが出来ない場所を訪れる必要があることもあります。

フラワーショップ店員 仕事に必要な資格

フラワーショップ店員になるために必要な資格は特にありません。ですが仕事に役立つ資格として、仕入れや配達に役立つ『自動車免許』、花束やフラワーアレンジメントを作る際に役立つ『フラワーデザイナー』『フラワー装飾技能士』といった資格があります。
なり方ですが、一番手っ取り早いのは近所の花屋さんにアルバイトや社員として入社することです。経験と実績を積めば、花屋さんとして独立開業することも可能です。
必要な資格はないので、なろうと思えばなることが出来るのが、フラワーショップ店員の良い点といえるかもしれません。

フラワーショップ店員 仕事に必要なスキル

まず何よりも、接客スキルが必要なスキルといえます。なんといっても花屋は小売業。特に花屋はお客さんとの会話が非常に重要です。そのためにも、接客のスキルは必須といえます。
また、色彩感覚や季節感といったセンスも必要なスキルといえます。センスのよい花束やフラワーアレンジメントを作成するためには、そういったセンスが重要になってきます。
そしてなにより、『花が好き』という気持ちも必要でしょう。花は生き物で、商品として並べている間は世話が何より大切です。そういったことを苦もなく行える、花を愛する気持ちは何より大切です。

フラワーショップ店員の仕事のまとめ

とかく、花屋さんというと可憐なイメージがありますが、なんといっても生き物が相手の職業。フラワーショップ店員という仕事は大変な側面もあります。
ですが花は人の生活に欠かせないものです。大切な日を花で彩る花屋という職業は、それだけ大切な存在です。
一方では、ネットの台頭や花以外の贈り物の定着によって、存在が危ぶまれている職業でもあります。その意味では、変革を求められている職業といえるかもしれません。
必要不可欠なものであるからこそ、変革をしてでも生き残っていく必要があります。フラワーショップ店員の仕事は、そうまとめることが出来ます。

スポンサードリンク

フラワーショップ店員の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング