フラワーデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音はコレ

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>フラワーデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音はコレ

フラワーデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音はコレ

フラワーデザイナー 仕事の年収・月収

フラワーデザイナーの仕事の年収・月収は働き方によって大きく異なりますが、
初任給で10万円から15万円、全体の平均月収は15万円から20万円弱のようです。

そのためあまり多くの収入は見込めません。
しかし個人で有名なフラワーデザイナーにまでなると、
年収が1億円以上になることもあり得るなど、実力が収入にも反映される世界です。

スポンサードリンク

フラワーデザイナー 消える職業?消えない職業?

フラワーデザイナーが消える職業か否かというところですが、
ずばり消えない職業と言いきれます。

なぜなら日常の数々のシーンで人から人へ気持ちとともにお花が贈られますし、
結婚式やファッションショーなど華やかな場には必ずと言っていいほどに美しくデザイン・コーディネートされたお花があるからです。

人々を癒やしたり空間を彩ったりすることにおいてフラワーデザインの概念は必要とされ続けるでしょう。

フラワーデザイナー 将来性・安定性

フラワーデザイナーの将来性や安定性は大きくは見込めません。
お花やフラワーデザイナーはいつまでも必要とされ続けるに違いはありませんが、
市場規模が大きくなっていくとは言いきれない部分があります。

やはり華やかな場を彩るお花ですから、
そういったイベントが少なくなればフラワーデザイナーの需要も当然ながら減少します。

そのため流行や景気に影響されやすく将来性・安定性が高いとは言えないのです。

フラワーデザイナー 仕事のやりがい・本音

フラワーデザイナーの仕事のやりがい・本音は、
好きなお花を使ってとことんまで理想のアレンジを創り上げることができるところに感じると言います。

そしてそうして創り上げた作品は人々を笑顔にします。

記念日のためのフラワーアレンジメントや結婚式の会場装花、ブーケの作成など、
大切な一日に寄り添い彩りを添えられることは大きなやりがいでしょう。

フラワーデザイナー 仕事の良い点

フラワーデザイナーの仕事の良い点は、近年活躍できるフィールドが増えてきていることです。

安定するかどうかは断言しきれないものの、
他業種からの新たな参入が見られます。またフラワーデザイナーは女性がほとんどを占める職業なので、
女性にとっては転職もしやすいことも良い点と言えます。

[ad#ad-1]

フラワーデザイナー 仕事の悪い点

フラワーデザイナーの仕事の悪い点は、植物が商品なので作り置きができないために
急な発注に対しては寝る間も惜しんで作業をすることを余儀なくされることもある点です。

季節や気候の変動によってお花の品質や値段も頻繁に変化するので、
管理面にも十分な配慮や見極めが必要になってくることも悪い点と言えるでしょう。

フラワーデザイナー 仕事の内容

フラワーデザイナーの仕事内容はその名の通りフラワーデザイン・アレンジです。
フラワーショップで勤める場合にはお花の仕入れや処理、接客も仕事です。

ショップに置くプレゼント用の小さめなフラワーアレンジメントからテーブルコーディネートやブーケの制作、
大規模なイベントの会場装飾まで、お花が関わること全般に携わります。

フラワーデザイナー 仕事に必要な資格

フラワーデザイナーの仕事に必要な資格には民間資格の「フラワーデザイナー」や国家資格の「フラワー装飾技能士」などがあります。
これらは絶対に必要な資格ではありませんが、植物や安全衛生についての知識が深まり、
アレンジ面についても仕事で大いに役に立つ技術が身につけられるでしょう。

フラワーデザイナー 仕事に必要なスキル

フラワーデザイナーの仕事に必要なスキルは、デザインスキル以前にお花についての深い知識が必要です。
お花の種類は必ず知っておく必要がありますし、種類と合わせてそのお花の扱い方や性質・特徴まで把握していなければなりません。
そうした上でやっとセンスを生かしたフラワーデザインをしていくことができるのです。

スポンサードリンク

フラワーデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音はコレに関連する記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。