消防士の仕事の年収は500万円以上。人命救助で命を救うことがやりがい

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>消防士の仕事の年収は500万円以上。人命救助で命を救うことがやりがい

消防士の仕事の年収は500万円以上。人命救助で命を救うことがやりがい

消防士の仕事の年収・月収

消防士の仕事は、主に火事の消火活動や救助、防災活動を行う仕事です。消防士として仕事をした場合の年収はおよそ500万円以上と言われています。月収は職階に左右されますが、経験豊富な消防士であれば高収入も十分にありえます。実力および経験に応じた収入であるため、経験年数に応じて年収が上がる可能性があります。自治体運営が悪化すると、業務内容が多様化、増加するも給与が下がったままの場合もある。55歳で昇給停止、出動手当が消滅し、全てまたは一部でも復活することはない。

スポンサードリンク

消防士の仕事は、消える職業?消えない職業?

消防士とひとことで言っても、範囲は消火活動から、災害救助、防災啓蒙などと幅広く、たくさんの種類の仕事があります。I類、II類、III類、専門系の3種類があり、大卒、高卒、などと受験資格が分かれています。火事や災害がある限り消える職業ではないですが、消防士として安定して仕事をするには強靭な体力および瞬時の判断力が不可欠です。消防士としての適性および能力が認められれば、順調に出世することができるでしょう。

消防士の仕事の将来性・安定性

消防士としての実力があれば、将来性・安定性は高いです。ただし、一人前の消防士になるまでには競争率の高い試験を突破する必要がありますし、採用後も常に体力および判断力を磨く必要があります。どんな現場でも通用する強靭な体力と適切な判断力を身につけることができれば、経験年数に応じて職階があがり、部下を指導監督する管理職になることができます。

消防士の仕事のやりがい・本音

消防士の仕事のやりがい・本音は、人命救助という非常に責任重大な仕事に携わることができる点にあります。食事中であっても出動命令があればすぐに駆けつけ、命を危険に晒して救助にあたります。体力があり、非常事態にあっても冷静沈着な判断をすることができる人に向いています。火事および災害における人命救助に直接携わることができることは消防官の最大の仕事のやりがいと言えるでしょう。

消防士の仕事の良い点

消防官の仕事の良い点としては、実力さえあれば世界がどんどん広がる点です。とにかく、人が経験できないような体験がたくさんできる。そして、人のために働ける。危機に直面している命を救えた喜びを感じる事が多くやりがいがあります。仕事をしていくうちに、火災についての知識はもちろん自動車工学から気象や物理、料理やDIYなど生活に役立つあらゆること、医学の知識、人に指導する力、社会情勢に関する情報等知識が身についてきます。住民の方から信頼されることは大変うれしいことです。

給料貰いつつも身体を鍛えることができき、隔日勤務だと休みが多く平日にのんびり出かけられます。大半の市民が好意的に接してくれ、女性にモテます。

スポンサードリンク

消防士の仕事の悪い点

消防官の仕事の悪い点は、自らの命を危険に晒す仕事である点です。仕事には常に命の危険があり、一瞬の判断ミスが命取りとなりえます。しかし、消防官を志して下積みをすると、人命救助のスキルが身につき、防災のエキスパートにもなりますので、例えば怪我などによって現場に出動できなくなったとしても人命救助および防災についての専門知識を生かして転職が可能です。体調管理と協調性をもってのチームワークが求められる。しかし男ばかりの職場のため派閥ができてしまい24時間の勤務体制中、常に一緒にいる中で人間関係を円滑に保つことが難しい。救急救命士の資格を取得しても手当がほぼ無い。特定行為という救命処置をしたら500円程度のみ。無賃金労働時間は月に100時間は越える。市町村によっても異なるが専門学校や大学で取得した分の学費は一生働いても元は取れない。

震度5強以上などの大きい災害があったら非常召集がかかり管轄する街が壊滅的な被害なら最低でも1週間は家に帰れない。家族の安否や連絡など数日経たないと出来なかったりします。現場での活躍にはなんの役にも立たない救助隊の運動会が毎年あり、それに多額の無駄な税金と労力が注ぎ込まれている点。

都市の消防署勤務だと転勤が結構あり、自宅から遠い署への転勤も多い。電車通勤が基本なため、当番日は午前6時前に家を出る人も多い。24時間勤務や夜中に起こされ出場するなど不規則な勤務のため寿命が縮むし身体を壊して休職してる人も多い。

消防士の仕事の内容

消防士の仕事の内容は、幅広く専門性が必要になってきます。例えば消防官の仕事は細分化され、それぞれに異なる専門性が必要です。人命救助といっても、火事の現場の状況によって必要とされる知識は異なります。一番多いのは救急車の要請に応じ出動すること。高齢化社会が加速しているため需要が多い。火災や救助の要請は救急に比べれば僅かなもの。119番を受信する指令センターや事務的な仕事をする消防本部もある。消防法に基づき査察などを担当する部署もある。いずれも大切な仕事である。

各種すべての災害対応(水火災、救助、救急、他)、災害に対する報告書作成や統計を作成する。火災予防のための予防業務(建築物への規制、防火指導)、消防署や消防団の運営事務などなど。水利調査、消防訓練等、火災調査書類作成、24時間勤務での炊事、洗濯、掃除、訓練など。

救急出動、火災その他災害出動、予防業務、食事当番など雑用、一般事務が主な仕事です。いずれにせよ与えられた職務を全うし、自らの命を守る術を備えることが非常に重要です。責任感がしっかりある人物かどうか、常に体力作りができるかどうか、は消防官の仕事をするにあたって大切です。

消防士の仕事に必要な資格

消防官の仕事に就くには、採用試験に合格する必要があります。競争率は10倍以上あり、多くの消防官は専門学校に通って試験勉強をします。採用試験を突破し、希望の自治体に採用されることがまず第一関門です。消防官として仕事をするには、試験勉強とともに体力および判断力が問われます。公務員で安定しているから、などの安易な志望動機ではもし合格して採用されたとしてもその後の過酷な勤務に耐えることはできないでしょう。

消防士の仕事に必要なスキル

消防官の仕事に必要なスキルは、体力および精神力です。人命救助という仕事に対する責任感および情熱があることが大前提でしょう。いずれにせよ、チームワークが求められ、チームメンバーをとりまとめる統率力がある、円滑なコミュニケーションが可能、などは必須です。常に身体能力および精神力、判断力を磨くこと、心身ともに健康を保つことは消防官の仕事に必要なスキルです。

消防士の仕事のまとめ

消防官の仕事は、災害及び火事などの緊急時に人命を救助することです。消防官という職種は体力、判断力を身につければ安定性が高く将来的に消えない職業です。自分の命を守り、人命救助の仕事を続けるためには日々の研鑚が欠かせません。消防官として一人前として認められるにはある程度の経験年数が必要になります。志を高く持って、まずは採用試験突破のためにがんばりましょう。

スポンサードリンク

消防士の仕事の年収は500万円以上。人命救助で命を救うことがやりがいに関連する記事

人気記事ランキング