金融ディーラーの年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>金融ディーラーの年収・やりがい・本音

金融ディーラーの年収・やりがい・本音

financial-dealers

金融ディーラー仕事の年収・月収

金融ディーラーの月収は幅広く、30万円から300万円、年収はおよそ300万円から3000万円以上となります。
金融ディーラーは専門性が非常に高く、努力したぶんだけ年収に反映される仕事です。また、仕事で得た金額が多いほどボーナスの支給額も多くなり、場合によっては数億円のボーナスが入ることもあります。
実力があればあるほど年収も高くなるのが金融ディーラーの仕事です。

スポンサードリンク

金融ディーラーは、消える職業?消えない職業?

金融ディーラーは今後も消えない職業です。
金融商品の売買を専門に扱う仕事のため、専門職としての人気も非常に高く、売買可能な金融商品があれば仕事が可能です。
金融ディーラーは外貨取引や先物取引など、より細かな分野に別れており、実力があれば長く仕事を続けることも可能です。
しかし、誰でもできる仕事ではなく、コンピューター取引の進化もあるため専門性をより高めていくことが求められます。

金融ディーラー 仕事の将来性・安定性

金融ディーラーの仕事の将来性は高く、実力があれば年収も多くなり、安定性のある収入を得ることができます。また、日々変化する市場を分析する能力も必要とされるため、専門性に特化した人材は重宝されます。
しかし、金融ディーラーは完全な実力主義でもあるため、将来性と安定性を勝ち取るためには多大な努力と、市場に対応する柔軟な考え方が求められます。そうした面だけを見ると安定性はありませんが、努力しだいで自分の将来を切り開く事が可能です。

金融ディーラー 仕事のやりがい・本音

金融ディーラーの仕事のやりがいは、自分が仕事で得た利益が多いほど収入にも反映される部分です。実力が無ければすぐに職を失う可能性も高く、リスクが高いぶんリターンも大きくなります。
金融ディーラーは、実際に仕事をする時間は市場が開いている9時から15時までと短く、短期間で儲けを出さなくてはならないところにもやりがいを感じます。
しかし、金融商品は世界中にあるため、海外の金融商品を売買する場合は時間に関係なく働き、市場調査も欠かせないのが本音です。

金融ディーラー 仕事の良い点

金融ディーラーの仕事の良い点は、自分の努力次第で収入を増やせる点です。
一般的な会社では決められた月収を得るのみで、役職を上げていかなければ収入を増やすことが難しいですが、金融ディーラーの場合は結果がボーナスに反映されるため利益が出るほど収入が増えます。
金融ディーラーは専門的な知識が必要になりますが、仕事の実働時間はそれほど多くなく、市場が開いている時間で仕事を行えることも良い点です。

金融ディーラー 仕事の悪い点

金融ディーラーの仕事の悪い点は、利益を出すことが重要な役目となっているため、利益がでなければ信用を失ってしまう点です。
顧客へ買い時の商品情報を提供したり自ら売買を行うことで利益を出し、金融ディーラーとしての信用を積み上げていかなければなりません。
日々変化する市場の流れを見極めるために情報収集は欠かせず、世界中の情報を得る必要があることも仕事の悪い点です。

スポンサードリンク

金融ディーラー 仕事の内容

金融ディーラーの仕事の内容は、顧客の依頼で預かったお金を使い株や債権を売買します。その時に得られた利益が大きくなるように売買のタイミングや購入する商品を見極めます。
金融ディーラーは外国為替市場で円やドルを売買する「為替ディーラー」、債権の売買を行う「債権ディーラー」などの専門とする売買を持っています。
多くの場合は銀行や証券会社で働きますが、個人で独立して仕事をするディーラーもいます。

金融ディーラー 仕事に必要な資格

金融ディーラーの仕事に必要な資格は日本証券業協会の「証券外務員資格」です。この資格を持っていないと有価証券の売買ができません。
証券外務員資格には、金融機関に勤めたものだけが取得できる「特別会員」「内部管理責任者」と、一般でも取得できる「正会員二種」「正会員一種」資格があります。
これらは金融商品を取扱う際のコンプライアンスや倫理に関する知識を得ることを目的としています。

金融ディーラー 仕事に必要なスキル

金融ディーラーの仕事に必要なスキルは、市場の流れを分析するスキルと、最新の情報を得るための交友関係も必要になります。
金融ディーラーは常に最新の情報を得る必要があり、ニュースを見てからではすでに情報は古くなっています。自ら最新の情報を得るために情報収集を行う時間も必要です。
瞬時に数億円ものお金が動くことも多く、失敗した時の損害も非常に大きくなります。損害を出さないために市場の流れを分析し、先を見越した行動が必要となります。

金融ディーラー 仕事のまとめ

金融ディーラーの仕事は、顧客から預かったお金を元に金融商品を売買し、その差額で利益を生み出します。
売買する商品を選ぶためには、市場の流れを分析して売れる商品を見つけ出さなければなりません。常に変動する市場を把握するためには世界中の情報を得ることが求められます。
また、外国為替を売買する際には、日本と外国の時差も考慮し、仕事の時間も考えなければなりません。
国際情勢が変化すると金融関係の価格にも大きな影響を与えるため、世界中の出来事にアンテナをはっておく必要があります。

スポンサードリンク

金融ディーラーの年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング