フィギュアスケート 仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>フィギュアスケート 仕事の年収・やりがい・本音

フィギュアスケート 仕事の年収・やりがい・本音

asadamaofigua

フィギュアスケート 仕事の年収・月収

フィギュアスケートの仕事の年収の平均は1000万円~3000万円で、そのほかのスポンサーがつくと億単位の収入になります。しかし、収入はグランプリシリーズの賞金や世界ランキングによる賞金、日本スケート連盟特別強化選手で月に20万円もらえます。
しかし、その他の収入はないので、家族の支えあってのフィギュアスケートなのです。

スポンサードリンク

フィギュアスケート 消える職業?消えない職業?

競技人口は05年からどんどん増えていて、現在は3500人以上にもなっています。
日本人選手もとても活躍しているので、消えない職業・競技といえるでしょう。しかし、フィギュアスケートの人口は増えているのに、スケートリンクが減少しているというなかなか環境が整ってないのが現状です。

フィギュアスケート 将来性・安定性

フィギュアスケートの将来性は、競技人口が増えているだけにライバルも多いというものです。フィギュアスケートの収入は大会に出て賞を取らなければなりません。
その賞を取ったりして、成果を上げなければ、スポンサーがつきません。体が資本のスポーツ選手は怪我や、体力によって安定性はあまりないとも言えますね。

フィギュアスケート 仕事のやりがい・本音

曲に合わせ、ジャンプや華麗なスケートで魅了する演技を最高の状態で、観客に魅せられるときがやりがいを感じるときでしょう。もちろん大会で優勝するという目標のもとに努力するのもやりがいといえるでしょう。
4分間の演技に凝縮されているわけなので、一度も失敗せずにスケーティングができることが最高の喜びともいえるでしょう。

フィギュアスケート 仕事の良い点

フィギュアスケートの仕事の良い点は、芸術性のある競技なのでスケーターはとても華やかです。綺麗な衣装を着て、たくさんの人を魅了する仕事です。
感動を与えるエンターティナー性のある職業です。
スポンサーがつけば、CM収入などもアップするので夢のある仕事でもあるでしょう。

スポンサードリンク

フィギュアスケート 仕事の悪い点

フィギュアスケートは幼少時代からの練習のたまものです。そうなると、莫大なお金がかかるのがフィギュアスケート。有名なコーチを付けると、年間それだけで1000万円かかります。そのほか遠征代や、衣装代、リンク代などでお金がすごくかかります。スポンサーや、強化選手になるまでは自己負担になります。

フィギュアスケート 仕事の内容

フィギュアスケートは、スケートリンクの上でステップ、スピン、ジャンプなどの技を組み合わせて音楽にあわせてスケートするものです。
スケートリンクでのジャンプはとても難しく、日々の鍛錬によるものです。いろいろな技を組み合わせることにより、個性を出し観客を魅了する演技をするのです。

フィギュアスケート 仕事に必要な資格

日本スケート連盟が行っている競技能力検定バッジテストという資格があります。
初球から7級まであるバッチテスト。7級になると、トリプルアクセルが必須になってくるので、それをできないと7級はできないという難しい資格です。

フィギュアスケート 仕事に必要なスキル

フィギュアスケートは、4分間という演技を滑りきらなければいけません。そのための体力、そして身体能力、ジャンプ力、が必要になります。
たくさんの練習量をこなさなければいけないので、好きじゃないとできない仕事です。

フィギュアスケート 仕事のまとめ

フィギュアスケートの仕事は、とても華やかで、夢のある仕事です。しかし、小さいころからの練習が必要で、衣装代、リンク代、コーチ代などさまざまなお金がかかる仕事です。
しかし、今注目されている仕事でもあります。どんどんすごい選手がでてきています。活躍する場も増えてくるでしょう。

スポンサードリンク

フィギュアスケート 仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング