ファッションスタイリストの収入・年収は200万円から500万円。テレビ番組や映画、雑誌、広告などに出演するタレントやモデルのスタイリングを行う

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>ファッションスタイリストの収入・年収は200万円から500万円。テレビ番組や映画、雑誌、広告などに出演するタレントやモデルのスタイリングを行う

ファッションスタイリストの収入・年収は200万円から500万円。テレビ番組や映画、雑誌、広告などに出演するタレントやモデルのスタイリングを行う

メディアなどでよく聞く職業の1つにファッションスタイリストがあります。

この職業はその名前だけでもどことなく格好良さを感じさせる響きがありますが、その仕事内容は意外にもあまり知られていません。

そこでファッションスタイリストについて紹介します。

スポンサードリンク

1.ファッションスタイリストの仕事内容とは

ファッションスタイリストというのは正式な言い方であり実際にはスタイリストという呼び方をされることの多い職業です。

テレビ番組や映画、雑誌、広告などに出演するタレントやモデルのスタイリングを行う役割を担います。
雑誌などを見ていると小さくスタイリストの方の名前が載っていることもあります。

タレントの良さと雑誌のイメージの両方を上手く反映したスタイリングをすることが重要となります。
同じタレントであっても雑誌や番組によって少しイメージの異なる格好をしていることがありますが、ここにはスタイリストが大きく影響しています。

例えば雑誌の場合であればその雑誌で扱っている衣装や小物のアピールをしなければなりません。もちろん、タレントの良さを引き出すこととも両立する必要があります。

具体的な仕事内容は、コーディネートチェック、フィッティング、撮影準備、撮影、値書き、返却準備、返却などです。

2.ファッションスタイリストに求められる能力

ファッションスタイリストにスタイリングの能力が求められるのはもちろんですが、その場の適応能力も重要となります。

スタイリングをする際には前々から誰に行うのかがはっきりしていたり、以前にも行ったことのある方であったりすることもありますが、たくさんタレントの中から急遽スタイリングをすることになるケースもあります。

そんな時でも適切なスタイリングを行うことが求められます。

特にテレビ出演が与える影響は大きく、間違ってもタレントを損させるようなスタイリングを行うわけにはいきません。

ファッションスタイリストが表舞台で目立つケースは少ないですが、そのスタイリングを受けたタレントは多くの方の視線を集めることになります。それだけ大きな責任を持っているということです。

3.ファッションスタイリストのやりがい

ファッションスタイリストのやりがいは何と言っても表舞台で華々しく活躍するタレントの衣装や小物などを提案できることです。

もちろん、タレントの方々は自身の外見や中身、キャラクターなどで人気を獲得していくわけですが、スタイリングがきっかけで大きな注目を集めることも珍しくありません。

特に初めて出演する番組においてはそのタレントを初めて見るという方も少ないため、イメージにも少なからず影響を与えます。誰もが知るような人物のスタイリングを任される可能性もあります。

もちろんタレントの服関係の提案だけではなく、雑貨、家具、料理などメディアからの要求に沿って様々なモノを扱います。お客様たちや関係者の好反応や世間の反響が大きいほど仕事が楽しくなります。

スポンサードリンク

4.ファッションスタイリストが兼務する業務

ファッションスタイリストはその名前からもわかる通りファッションに関するスタイリングを担うのであって、メイクやヘアスタイルに関する業務はメイクアップアーティストが担うのが一般的です。

ところが昨今ではファッションスタイリストがメイクやヘアメイクなどを行うケースが増えています。

衣装や小物に加えてメイクやヘアスタイルとなると、業務内容は非常に多くなりますがやりがいは一層増すとも言えます。

5.ファッションスタイリストの良いところ

ファッションスタイリストは非常にクリエイティブな仕事です。

スタイリングに正解はなく、スタイリストごとに自分の色を持っています。

これはデザイナーの方などにもいえることですが、ファッションスタイリストは人をどう見せるかという視点で業務が行えます。

世の中には数多の仕事がありますが、人の魅せ方にここまで関われる仕事は決して多くありません。

所謂机の上での計算が全く通用しない世界で生きることができます。

6.ファッションスタイリストの難しいところ

スタイリングに正解がないということは逆にいうとどんなに優れたスタイリングができたと思っていても世間がそれを評価してくれるとは限らないことです。

逆に自分の中であまり上手くいっていない時に評価が集まることも考えられます。

また、使用する衣装や小物などには一定の制限があり、それぞれの事務所の方針などもあるのでそこまで自在にスタイリングができるわけではありません。

要望にしっかりと応える対応力が求められる職業です。

7.ファッションスタイリストの収入

ファッションスタイリストは華やかな職業というイメージがあるかもしれませんが、その年収は決して高いわけではありません。

一般的なファッションスタイリストの年収は200万円から500万円とされています。

たまにテレビなどでスタイリストの特集が組まれることもありますが、そういった番組に登場する方々はあくまで一握りの方々と言えます。

フリーランスで働いている方も多く、実力があれば有名人や人気番組のスタイリストとなることで収入が非常に大きくなる可能性も秘めています。

下積みが不可欠なファッションスタイリストの仕事

ファッションスタイリストはしっかりと評価される実力を身につけることで華やかな役割を担えることもありますが、そこには長い下積みが隠されていることも珍しくありません。

その華やかさとは裏腹に努力を続けることや適応能力などが求められる職業です。

また、幅広いタレントのことを研究することも大きな力になります。

業務自体は輝かしいものがありますが、そこに至るまでの努力は必ずしも華やかな部分だけではないと言えます。

スポンサードリンク

ファッションスタイリストの収入・年収は200万円から500万円。テレビ番組や映画、雑誌、広告などに出演するタレントやモデルのスタイリングを行うに関連する記事

人気記事ランキング