ファッションデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音はコレ

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>ファッションデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音はコレ

ファッションデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音はコレ

fasion

ファッションデザイナー 仕事の年収・月収

ファッションデザイナーの仕事の年収は、平均400万程です。
月収は30万、ボーナスは年間で40万くらいなので、
残業を含めた就業時間を考えると決して高いとは言えません。

ですが、フリーで活躍すれば収入は大きく変わります。
神田うのさんのUNO KANDAのように、
独自のブランドが成功すれば数千万円、数億円をも稼ぐ事が出来ると言われています。

ファッションデザイナーの仕事の年収や月収は
有名になれるかにより大きく左右されるんですね。

スポンサードリンク

ファッションデザイナー 消える職業?消えない職業?

ファッションデザイナーは
消える職業?消えない職業?
と言う声も聞こえますが、

人間の生活に欠かせない衣類に関わる仕事なので
無くなる事はありません。

ファッションに使うお金は
年々減少傾向にあると言われていますが、

加藤ミリヤさんなど女性の支持を得る多くの芸能人が
ファッションデザイナーとして活躍しており、
消える職業?消えない職業?と心配するどころか人気の高い職業です。

ファッションデザイナー 将来性・安定性

ファッションデザイナーの気になる将来性ですが、
デザインに対するニーズが高まっている傾向にあり有望と言えます。

安定性では、一般企業で働く場合収入は高くなくとも安定しています。
ですが、フリーの場合は力量が問われる厳しい世界です。

一般のファッションデザイナーよりも収入が少ない人もいれば、
大きく稼ぐ人もいます。
その為、将来性と安定性は全て自分の腕にかかっています。

ファッションデザイナー 仕事のやりがい・本音

ファッションデザイナーの仕事のやりがいは、
自分の手でトレンドの洋服が作れる事です。

自分のデザインした洋服が採用され、
販売される程嬉しい事はありません。

本音をいうと、展示会の準備やサンプルチェックなど
デザイン以外の仕事が無数にある為残業が多いです。

洋服を生み出す為にトレンドに関する勉強が常に必要な事も、
仕事のやりがいや本音に含まれます。

ファッションデザイナー 仕事の良い点

ファッションデザイナーの仕事の良い点は、
次のシーズンの流行を先取り出来る事や、
サンプルの服を安く購入出来る事です。

資料となる雑誌が読み放題だったり、
マーケティングで海外への出張がある所も
ファッションデザイナーの仕事の良い点です。

スポンサードリンク

ファッションデザイナー 仕事の悪い点

ファッションデザイナーの仕事の悪い点は、
とにかく労働時間が長くて残業が多い事です。

そして、好みではない洋服を作らなければいけない場合がある事、
売上のプレッシャーを感じる面などもファッションデザイナーの仕事の悪い点に挙げられます。

ファッションデザイナー 仕事の内容

ファッションデザイナーの仕事の内容は、洋服の企画が主です。
ターゲットに合った洋服を企画し、コンセプトに沿ってデザインします。

その他に、コーディネートやカラーバリエーションを提案する事も
ファッションデザイナーの仕事の内容になります。

ファッションデザイナー 仕事に必要な資格

ファッションデザイナーという仕事に必要な資格は特にありませんが、
「洋裁技術検定」や「カラーコーディネーター検定試験」などがあれば役立ちます。

フリーで働く場合学歴は関係なく、仕事に必要な資格はありません。
ですが専門学校などで基礎を学ぶ事はデザイナー人生の大きな糧となります。

ファッションデザイナー 仕事に必要なスキル

ファッションデザイナーという仕事に必要なスキルは、
優れたデザイン力です。

洋服を企画する上で、
発想力や独創性などのセンスが重視されます。

他にも素材や色彩の知識や、
いち早くトレンドをキャッチする情報収集力も仕事に必要なスキルといえます。

スポンサードリンク

ファッションデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音はコレに関連する記事

人気記事ランキング