ファッションバイヤーの収入・年収350万円から500万円。メーカーや問屋からアパレル商品を商品を選び、価格交渉し、良い品をできるだけ安く仕入れる仕事

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>ファッションバイヤーの収入・年収350万円から500万円。メーカーや問屋からアパレル商品を商品を選び、価格交渉し、良い品をできるだけ安く仕入れる仕事

ファッションバイヤーの収入・年収350万円から500万円。メーカーや問屋からアパレル商品を商品を選び、価格交渉し、良い品をできるだけ安く仕入れる仕事

ファッションに関心を持つ人の間で憧れの仕事とされるファッションバイヤーは、アパレルショップの売上を大きく左右する重要な職業です。

そんなファッションバイヤーになるための方法や収入について案内していきます。

スポンサードリンク

1.メーカーや問屋から商品を仕入れる仕事

バイヤーと呼ばれる人はアパレル業界に限らず、百貨店業界やスーパー業界などあらゆる小売業界で活躍しています。
大きな総合商社にもバイヤーを担当する部署は存在しますが、ファッションバイヤーと言えば通常はアパレルショップの仕入れ担当者を意味する言葉です。どの小売業でも売れる商品を仕入れないことには売上に結びつかないため、バイヤーは店の業績を大きく左右する重要な鍵を握ります。

アパレルショップもその例外ではなく、売上好調の店にはたいてい有能なバイヤーが陰で活躍しているものです。特にセレクトショップの場合は売場の品揃えにバイヤーのセンスが如実に反映されるため、売れる商品を見極める目が重要になってきます。

ファッションバイヤーは仕入れる商品を選ぶだけでなく価格交渉も担当し、良い品をできるだけ安く仕入れるよう努力しています。価格設定や陳列方法に至るまで計算に入れた仕入れを行うことが、ファッションバイヤーにとって腕の見せ所となってくるのです。

具体的な仕事内容は、売れ筋になりそうな商品を他社に先駆けて見極め、販売可能数量を予測する。売上がうまく上がらない時には、とにかく即時仕入れできる売れ筋商品を駆けずり回っても探すこと大事。仕入れに関する伝票処理や不良品処理もファッションバイヤーの仕事。毎日、雑務処理と売り上げを上げるための業務に追われる。休日を返上して店舗ヘ詰め、あらゆるヘルプ業務をこなす。プライベートはほぼ無いに等しくなる。忙しい中、海外や国内へ仕入れのための出張もこなす。

2.経験が問われるため給料は一般の社員より高め

ブランドショップとセレクトショップを問わず、流行の最前線を行くアパレルショップの販売店員はおしゃれに敏感な人たちにとって憧れの職業です。

自分もそうしたおしゃれな服に囲まれながら働きたいと考えている人も少なくありませんが、アパレル業界は全般に給与水準が低いとも言われています。

平均以上の安定した収入を稼ぎたいという欲求と仕事への憧れの相反する点が、アパレルショップを就職先に選ぶ際のネックになってくるのです。

そうした中でも商品の仕入れを担当するバイヤーはある程度の経験を要する仕事だけに、同じ社内でも一般の社員より給与面で優遇されています。

就職先企業の規模や業績によっても収入は変わってきますが、ファッションバイヤーは一般の社員より年収が50万円から100万円ほど上回るのが一般的です。

アパレル業界全体の平均年収が300万円から400万円程度と推定されますので、バイヤークラスになると会社員の平均年収かそれ以上の待遇で雇用されている計算になります。
年収350万円から500万円位ですね。

3.仕入れた商品が売れなければ責任を問われるリスク

給与面では社内でも有利な立場を得ているだけに、ファッションバイヤーはそれだけ責任重大な役割を担うことになります。一般の販売店員がいくら接客に努めて商品を熱心に売り込んでも、商品そのものに魅力がなければ売上に結びつきません。

特にアパレルショップは商品の売れ行きが流行や景気動向に大きく左右される業種だけに、ファッションバイヤーには世の中の動向に絶えず目を光らせる姿勢が求められます。アパレル商品の売れ行きは天候の影響も受けやすいため、持ち前のセンスを発揮して良い商品を仕入れても大量に売れ残るリスクは避けられないものです。

夏に猛暑が続くような年は夏物商品が長く売れると期待されますが、天候不順の年は早めに秋物と入れ替えるような柔軟性もファッションバイヤーには欠かせません。思うように結果が出せない場合は売上不振の責任を問われ、バイヤーの役目から外されてしまうこともあります。

また、自分が本当は仕入れたくない商品も一定の売上確保のためには仕入れなくてはなりません。もし売上が計画通りに達成できない場合には、上司からの強い圧力が生じます。常に売り上げ達成のプレッシャーとの戦いです。

スポンサードリンク

4.自分の感性で仕入れた商品が売れる喜び

アパレルショップの仕入先には問屋だけでなく、ブランドを展開するアパレルメーカーも含まれます。

主要都市で定期的に開催される展示会や見本市にはそうしたブランドが発表する新作の数々が展示されるため、全国各地からファッションバイヤーが集まります。

アパレルショップの中にはインポートブランドを手がけている店も少なくないため、そうした店のバイヤーは海外で開かれる展示会にも積極的に足を運んでいるものです。

国内外で開催される展示会には非常に多くのブランドから商品が出品されているため、その中から売れそうな商品を選ぶ際にはファッションに関する幅広い知識と同時にセンスが問われてきます。

自分の感性で選んで仕入れた商品が店で売れたときの喜びは、一般の販売店員以上に大きいものです。

バイヤー自身も現場の視点から売上動向を探る目的で店頭に立つ機会は多く、自分の選んだ商品に目を輝かせるお客様の姿を見るのも仕事の大きなやりがいとなります。

5.販売店員やアシスタントからバイヤー昇格を目指すのが一般的

ファッションバイヤーになるためには基本的に特別な資格なども必要でないとは言え、誰でも未経験ですぐにできるという仕事でもありません。

アパレルショップの中にはファッションバイヤーの求人を出している店もありますが、その場合は例外なく経験者に限定した募集です。

ファッションバイヤーを目指す人はまずアパレルショップに販売店員として就職し、現場での接客経験を積むことからスタートするのが一般的な道筋です。

規模の大きいアパレルショップの中にはアシスタントバイヤーを募集しているところもありますので、この場合は先輩のバイヤーとタッグを組むようにしながら仕入れの仕事を覚えていくことになります。

インポートブランドを扱う店に就職するには海外メーカーからの仕入れに語学力が必要となってくるため、英語関係の資格を持つ人が有利です。

販売店員として経験を積めば数年で仕入れも任されるようになり、ファッションバイヤーとしてのキャリアアップにつながっていきます。

アパレル店員からのステップアップで高収入が狙えるファッションバイヤー

憧れの職業としてよく取り上げられるアパレルショップ店員も収入の面では必ずしも恵まれていませんが、ファッションバイヤーに昇格することで高収入を得る道が開けてきます。

ファッションバイヤーとしての実力を身につけた人の中には独立開業を実現し、自分の店をオープンさせて成功を収めた人の例も少なくないものです。

スポンサードリンク

ファッションバイヤーの収入・年収350万円から500万円。メーカーや問屋からアパレル商品を商品を選び、価格交渉し、良い品をできるだけ安く仕入れる仕事に関連する記事

人気記事ランキング