ファッションアドバイザーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>ファッションアドバイザーの仕事の年収・やりがい・本音

ファッションアドバイザーの仕事の年収・やりがい・本音

fashionadvisor

ファッションアドバイザー 仕事の年収・月収

ファッションアドバイザーの収入に関しては、平均で年収が約240万円、月収が17万円というデータが出ています。所属する企業等による収入差があまりなく、ファッションアドバイザーとして働く人の大半が、15万円から20万円の間の月収というのが特徴時です。ファッションアドバイザーとして働く人の大半が20代前半というのも関係しているのかもしれません。また、男女比率が女性に片寄っていることも特徴です。
『昇給が見込めない』という点を不満に感じている人が多いようで、ファッションアドバイザーとして収入アップを目指す場合は、かなりの努力が必要なようです。

スポンサードリンク

ファッションアドバイザーの仕事は、消える職業?消えない職業?

人が生きている限り、ファッションという概念は無くなることはないといえます。そして、そのファッションに携わるファッションアドバイザーという職業も決して無くなることはないといえます。また、ファッションアドバイザーという仕事は一部を除き、機械やITでは替えの効かない仕事内容です。
そのため、ファッションアドバイザーという職業は消えない職業であるといえます。昨今では服のコーディネートの手助けをするアプリなども出回っていますが、それでは満足出来ないという人たちが入る限り、ファッションアドバイザーが消える職業となることはないでしょう。

ファッションアドバイザー 仕事の将来性・安定性

ファッションアドバイザーとして正社員で働いている場合は安定しているといえます。ただしアルバイトやパート等の非正規で働く人もとても多く、その場合安定性には難が残ります。
将来性に関しては、実際に働く人は『無い』と断言します。昨今の不況から来る買い控えはもちろん、どれだけがんばっても昇給が見込めず、経験や実績を積んだ人はバイヤーや企画、経営に回ります。平均年齢が30歳前後という、比較的若い人が多いという点からも、転職する人が多いことを物語っています。
もちろん、現役でファッションアドバイザーとして働く年配の人も多くいるのですが、比較的低水準の収入や見込めない昇給などから、天職する人が後を絶たず、そのあたりが将来性の低さを物語っています。

ファッションアドバイザー 仕事のやりがい・本音

ファッションアドバイザーのやりがいは、人に感謝されることにあります。実際に服を購入する際に、服屋の店員さんにアドバイスをもらうことが多いと思います。そのように、お客さんの要望を聞き、お客さんの雰囲気や体型、好み等から、本人に似合うふくのコーディネートを提案することで、本人すら知らない魅力を引き出すのが、ファッションアドバイザーの仕事です。
そのため、お客さんから感謝される機会が非常に多く、それがファッションアドバイザーの大きなやりがいとなります。その点に魅力を感じ、フアッションアドバイザーとしての仕事を続ける人もとても多いようです。
また、ファッションアドバイザーの仕事は、最新の流行を常に追いかけなくてはなりません。その点に魅力を感じ、最新のファッションを追いかけることが出来ることが楽しい……という本音を持つ人もいます。

ファッションアドバイザー 仕事の良い点

多くの方が良い点として挙げるのが、『服を社員割引で購入出来る』という点です。ファッションアドバイザーの人は、自身もファッションが好きという人がほとんどです。そのため、自身が気に入った服を安く購入し、その服を仕事着として着られることを良い点として挙げる人はとても多いようです。
また、接客業の中でも比較的お客さんとの対話を長く行う仕事なので、長く続けていると、それだけでコミュニケーション能力が身についてきます。その点を良い点として挙げる人は非常に多いようです。

ファッションアドバイザー 仕事の悪い点

大半のファッションアドバイザーの方は、その待遇の悪さを挙げます。比較的低い水準の収入で昇給も見込めないばかりか、お店によっては残業代も出ず、体力勝負な仕事が多いことも有ります。その点を悪い点として挙げる人が多いようです。お金以外のやりがいを求めないと、仕事としてはやっていけないという人もいます。
また、職業としての発展性があまりない職業とも言われています。自身によっぽどの販売力や経営力がない限り、ファッションアドバイザーとしての独立はあまり見込めず、企画や経営に携わらない限り、活躍を見込むことは難しいと言われています。それもまた、一生ファッションアドバイザーとして働きたい人にとっては、悪い点といえるでしょう。

スポンサードリンク

ファッションアドバイザー 仕事の内容

基本的には、服屋やアクセサリー店などで、お客さんに似合うファッションアイテムを販売することが仕事です。
お店の中で売りたいアイテムを陳列し、時に目立つように大きく配置して、お客さんの目を引くように努力します。お客さんから相談を受けた際には、お客さんの好みや体型、流行を押さえたアイテムを提案し、お客さんのさらなる魅力を引き出せるよう、一緒に考えます。
実際にはそれだけでなく、在庫管理や棚卸業務、一日の売上の集計などもファッションアドバイザーの大切な仕事です。店舗運営に関わる仕事の多くが、ファッションアドバイザーの仕事となります。

ファッションアドバイザー 仕事に必要な資格

ファッションアドバイザーになるために必要な資格は特にありません。ただし、『ファッションデザイナー認定試験』や『サービス接遇検定』などを取得しておくと、比較的就職に有利に働くと言われています。
なり方ですが、学校を卒業した後、服屋などでアルバイトをしながら経験と実績を積んで、正社員として就職するのが一番の近道のようです。新卒で入社できるケースもありますが、大半がアルバイトとして入社し、後に正社員として雇用されるケースが多いようです。

ファッションアドバイザー 仕事に必要なスキル

まず必要になってくるのは、色彩感覚などのファッションセンスでしょう。お客さんはファッションアイテムを購入する際、ファッションアドバイザーに相談をもちかけるケースがほとんどです。その時に的確な返答が出来るように、常日頃からファッションセンスを磨く必要があります。
また、接客に関するスキルも必要不可欠です。お客さんからの相談を受けて信頼を勝ち取るためには、ファッションセンスだけでなく、お客さんの心をつかむ接客スキルも重要です。
意外なところでは、立ち仕事で肉体労働の側面もあるため、体力も必要になってきます。お店の店員ということで比較的楽なイメージもあるかもしれませんが、ファッションアドバイザーの仕事は肉体的に過酷なのです。

ファッションアドバイザーの仕事のまとめ

人の生活に無くてはならない仕事であるはずなのですが、昨今の不況の煽りを受け、苦境に立たされている職業の一つといえます。
また最近では、積極的に接客を行うファッションアドバイザーが敬遠される傾向もあり、ファッションアドバイザーは接客の有り様の変化も求められています。
非常に苦しい職業ではありますが、本人も気付いてないお客さんの魅力を、ファッションで引き出すという大きなやりがいを持てる職業です。ファッション業界の最前線に立つ仕事ですので華やかなイメージもあり、なりたいという人が跡を絶ちません。
『人気とニーズはあるが、キツい職業』というのがファッションアドバイザーという仕事のまとめといえます。

スポンサードリンク

ファッションアドバイザーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング