江角マキコブログで「ママ友いじめ」告白は嘘!?年収 5千万円で上から目線の嫌な女と評判!?

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>江角マキコブログで「ママ友いじめ」告白は嘘!?年収 5千万円で上から目線の嫌な女と評判!?

江角マキコブログで「ママ友いじめ」告白は嘘!?年収 5千万円で上から目線の嫌な女と評判!?

esumimakiko

江角マキコブログで「ママ友いじめ」告白は嘘!?年収 5千万円で上から目線の嫌な女と評判!?

江角マキコ(47歳)、「ママ友いじめ」に遭っていたんですね。
7月2日から始めたアメーバブログの中で、

「人は人、自分は自分」というタイトルで
告白しています。

スポンサードリンク

[ここから引用:江角マキコオフィシャルブログ]

もう四年以上前かな。。。

私もいろいろな噂話を流されたことがあります。

お弁当を作らずメロンパンをポンと持たせている、、、
とか叫び
先生にいわゆるチクリをしてる、、、
とか叫び

それはもう様々なストーリーでにひひあせる

なかなか想像力豊かな内容で今は笑えますけど、その時は露骨に無視をされたり、お茶会やランチ会をその噂を広めるために開かれたりとかDASH!

「違います!」と言いたいのを我慢して耐えました。

子どもと一緒にいる時に無視をされたり、嫌味を言われたり、、、そんなときも必死で耐えました。

静かに耐えていると助けてくれる人ができ、人付き合いがシンプルになりましたニコニコ

いろんな人に自分を正しく知ってもらうなんて、まず、無理!!と悟りましたニコニコ

すると、本当に無理をしないで付き合える新しい友人との、素晴らしい出会いがいくつもありましたキラキラ

子どもとは、学校の勉強、準備、個性を伸ばすための我が家独特のやり方を見つけました。

人の噂がいかにいい加減か、よく分かりました。

だから私は人の噂を信じないし、聞いたとしても自分が違うと思えば自分の目を信じて無視することができます。

だからこそ、マイペース、孤独に強い、という心持ちは、特に大切だと思うのです。

[ここまで引用:江角マキコオフィシャルブログ]

江角マキコ、

コレは、
なかなかの壮絶なイジメを受けていましたね。

この体験をもとに、

子ども達のイジメの問題について、
さらに、江角マキコは語っています。

江角マキコはかつて、
AERAでイジメ問題を専門に解決する探偵の
記事を読んだそうです。

その探偵は一年間に300件ものイジメを解決しているんだとか!

具体的に、どのように子供たちのイジメを解決するのかと言うと・・・。

ある子供が万引きでつかまり、学校から親に連絡が入ったとのことで、
探偵に調査が依頼されます。

探偵は、その子供に録音機を持たせて学校に行かせます。
すると、同級生や親には友達だと話していた子達から、
その子供が万引きすることを強要されていたことがわかります。

この録音の証拠で真実が明らかになるわけですね。

その探偵は、
どうしたらイジメがなくなるのでしょうかという質問に、

「親同士のイジメをなくすことです」
と答えたそうです。

この言葉は重いなあ。
結局は、
イジメをする子供も、
その親がする家庭での噂話や人への中傷などを、
真似ているというわけでしょうね。

「ママ友いじめ」の標的にされないようにするには、
どうしたらいいんでしょうね。

私もかつて、妻からいろいろ「ママ友いじめ」の愚痴を聞かされました。

とにかく「ママ友いじめ」は急に起こるようですね。

今まで仲良くしていたのに、ある日突然無視される。急によそよそしくなる。
不意に訪れるこの「ママ友いじめ」・・・。

これで精神的に追い詰められたり、体調を崩したりするママがかなり多いようです。
江角マキコはほんの氷山の一角なんですね!

スポンサードリンク

「ママ友いじめ」に巻き込まれないための3ポイント

Ⅰママ友とは前向きな明るい話だけする。他のママ友の悪口を言わない。自慢をしない。

最も気をつけなくてはならないのは、他のママ友の悪口を言わない事ですね。
悪口は、必ず、自分に返ってくるからです。

あることないこと噂話をしたり、相手の経済状況や家族の状況を探る話も敵を作りやすいです。
いわゆる自己中や陰口好きや、私が私がのでしゃばり好きはイジメの標的になりやすいです。

挨拶とお礼を、自分の苦手なタイプの人にも明るく言うことが肝心ですね!

Ⅱ できるだけ目立たないようにする。

江角マキコ がイジメられたのは、まさにこのパターンですね。
あまりに勝ち組なまぶしい人には、惹かれる人もいれば、反対にいじめの対象にする人も多いんです。
自分よりも強い者に対しての、敵愾心をあおられるからですね。

人間の素直な防衛本能ともいえるかな。それを刺激しないためには、とにかく目立つことを避けるのが最善です。

幸せ光線を出しまくりのママは、羨ましがられて理不尽にいじめられたりするわけですね。

Ⅲおかしいな?と思ったら距離を置く

「ママ友いじめ」され始めていると感じたら、悲しいですし、切ないですが、
そういう時には相手から理由を聞き出そうとせずに、空気を読むことですね。

江角マキコがしたように「ママ友いじめ」をしていくる相手と距離を置くことが大事です。
自分のダメージも最小限にとどめられますからね。

じっと我慢して、無理に仲良くしようとは思わないことですね。
去る者は追わずです。その方がトラブルが大きくなりません。

「ママ友いじめ」をしてくる相手とは距離を置いて、他の方と仲良くすると思います(Yさん、36歳、ワーキングママ)」
本を読んだり、映画を見ると気持ちが切り替えられたりしますね。

学生時代や故郷の古い友人と再会してみるのもいいでしょう。

それでも、「ママ友いじめ」の標的にされていることに我慢がならなくなったなら・・・。

なぜ「ママ友いじめ」をされているのかを、そっと周りに聞く

直接、「ママ友いじめ」をしてくる本人に尋ねると角がたちます。
周りに「ママ友いじめ」の理由をそれとなく尋ねるのがいいでしょう。

親しいママ友に、私、何かあの人に悪いことしたかなあ? と
素直に聞いてみたりすることですね。

女性は、男と違って、集団行動がお好きです。
自分と同じ位のレベルの群れの中にいることで安心感を得るのでしょう。

ママ友なんかその典型例ですね。
共通点の多い仲間同士で結びついて、安心するんです。

なので、ちょっと毛色の違う誰かを見つけると、
自分たちの群れの規律を守るために、一斉攻撃を始めるのかも。

それが「ママ友いじめ」につながっているとしたら、
うまく立ち回って、
相手の矛先を避けるのが懸命ですね!

まあ、江角マキコみたいに
こんな素晴らしい経歴だと、
目立過ぎて、

 

江角マキコは「ママ友いじめ」されるのも有名税といった感じもなきにしもあらずですがね・・・。

本名:平野真紀子(ひらの まきこ)(旧姓:江角)
生年月日:1966年12月18日(年齢47歳)
出身地:島根県出雲市
出身高校:島根県立大社高等学校
身長:170 cm
血液型:AB型
旦那:・桐島ローランド(1996年2月 – 1996年10月)
・平野眞(2003年 – )フジテレビ ゼネラルプロデューサー
家族:息子、娘
事務所:研音→2014年3月20日から個人事務所インクワイヤー

■経歴
1985年 高校卒業後、日本たばこ産業女子バレーボールチームに入団し、バレーボール選手として活躍
1987年頃 ケガで選手業を引退し、日本たばこ産業も退社。ファッ ションモデルに転身
1995年 映画『幻の光』で女優デビュー
1996年2月 写真家の桐島ローランド(桐島かれんの弟)と結婚したが、9ヶ月後に離婚
1998年 平野眞監督のドラマ『ショムニ』主演でブレイク
2003年 フジテレビのディレクター・平野眞と再婚
2005年2月21日 第1子となる女児を出産
2009年11月30日 第2子となる男児を出産
2014年3月1日 所属事務所の研音を退社し、個人事務所インクワイヤー設立

ところが、

この、

江角マキコのいじめられ告白にママ友から抗議声明文!

と、
女性セブンが報じています。

女性セブンによると、
江角マキコのいじめられ発言とは真逆のことを語るママ友・A子さんが激白しています。

[ここから引用:女性セブン]

「一体どういうつもりで、彼女は“あんなこと”を書いたのか…。
その真意はわかりませんが、ただひとつだけ、はっきりと言いたい。書かれた内容は全てウソです」

そう憤るA子さん。さらに、彼女は、江角の一件について、こう話す。

「みなさん、しゃべりたいことがたくさんあるんです。
でも“本当のこと”を言うと、あの人に何をされるか、そして子供の学校生活にどんな影響が出るのか、それが心配なんです…」

それでも、A子さんは「少しでも真実を知っていただければ…」と
勇気をふりしぼり、彼女と親しい江角を知る複数のママ友有志でひとつの文書を作成。
そして、それを女性セブンへの回答としてくれた。

2053文字に及ぶその抗議文には、衝撃の内容が綴られていた。

《彼女が仮に自分がいじめられていたと感じているとすれば、
それは幼稚園の年長さんの3学期以降、彼女が数々の同級生へしてきたことがバレたために、

彼女からみんなが距離を取ったというのが事実です。
つまり、いじめがあったとするならば、それはむしろ彼女自身がされていたことであり、
彼女は被害者というよりも加害者ではないか、と考えます》

これが本当であれば、江角の主張とは、真っ向から食い違うことになる。

A子さんたちによれば、当初、江角もママ友たちと親しくつきあっており、
江角が下の子(長男、5才)を妊娠した際には、彼女の代わりに友人たちが長女の面倒を見ることもあったという。
しかし、江角はそんなママ友を裏切る行為をしていたというのだ。文書はこう続く。

《いろいろな善意を受けてきながら、彼女は陰で、なぜかそのような人たちのありもしない噂を流したり、中傷をしていたのです。

それは毎回同じような手口で、例えばAさんには「Bさんがあなたの悪口言っているよ」と言い、
Bさんには「Aさんがあなたの悪口を言っているよ」という手口で、いろんなお母様と接触していたようです。

賢い保護者の方たちが、それが何かおかしいと気づき始めたのは当然の流れだと思います。
その事実を知ったお母様方が、お互いに確認作業したところ、
おかしな言動の元がどこであったかが分かり始めました。
その頃から、江角さんが離れて行ったというのが事実です》

A子さんたちは、これ以上具体的な内容を話すと子供たちに危害が及ぶ可能性があるとして、
被害の実情については、明言はしなかった。
しかし、女性セブンが学校関係者を取材したところ、複数の証言が出てきた。

「確かに江角さんは当初は他の保護者のかたと仲よくやっていました。
行事も休まずに参加していましたから。ただ、彼女はいつも上から目線で、

高圧的な態度だったんです。基本的に人の意見は一切聞かず、自分の正義や主張を押し通すんです。
校内のボランティア活動などでは、他の保護者のやることにいちいち文句をつけて、
全て自分のやり方が正しいと思って譲らない。自分がいちばん上に立って先導できないと我慢ならないタイプみたいで、
周囲との軋轢を生みやすいかたでした」(学校関係者)

そのため、自分より目立つ母親がいたら、容赦なく、彼女の攻撃対象になっていった。
「あの人は目立ちたがり屋だから」とか、
「本当はやる気なんかないのよ」とか、周囲に悪口を言いふらすのが常だったといい、
そんな彼女の言動に傷ついた保護者はたくさんいたという。

A子さんは、この抗議文を書いた理由について、最後にこう語っている。

「正直、江角さんに反論するのは、彼女と同じ土俵に上がることになるし、嫌でした。
でも、ブログが嘘であるということ、そしてなによりも、彼女に傷つけられた人がどれだけいるか、
ということを、世間のかたがたにどうしても知ってほしかったんです…」

[ここまで引用:女性セブン]

江角マキコとこのママともの、どちらが本当のことを言っているのか・・・。
真相は、深い藪の中ですね。

スポンサードリンク

江角マキコブログで「ママ友いじめ」告白は嘘!?年収 5千万円で上から目線の嫌な女と評判!?に関連する記事

人気記事ランキング