イベント制作スタッフの仕事の年収は800万円。やりがいは非日常の楽しい空間を作ることで、大勢の人に感動を与えられること

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の名言>>イベント制作スタッフの仕事の年収は800万円。やりがいは非日常の楽しい空間を作ることで、大勢の人に感動を与えられること

イベント制作スタッフの仕事の年収は800万円。やりがいは非日常の楽しい空間を作ることで、大勢の人に感動を与えられること

イベント制作スタッフ 仕事の月収・年収

イベント制作スタッフの年収は、勤務先によってだいぶ異なり、小さい会社では一人の仕事量(案件)が多い割には残業代や休日手当等が出ないなど、生活するのにギリギリの薄給で恵まれていない人が多いようです。しかし、大手の会社になると福利厚生もしっかりしているので、それなりのポジションになりさえすれば30代で800万円台の年収を得る人もいます。実力主義の世界なので独立もしやすく、経営者になれば3000万円以上稼ぐことも可能です。

スポンサードリンク

イベント制作スタッフの仕事は消える職業?消えない職業?

バブルの崩壊以降、日本経済の低迷が続き、イベント業界も縮小傾向にありましたが、近年は地域活性化のための街おこしのイベントや、婚活のイベントなど、自治体とのタイアップしたイベントが増加するなど、イベント制作スタッフの活躍の場が増えつつあります。したがって、イベントそのものが今後も無くなることはないので、イベント制作スタッフが消える職業か消えない職業のどちらかと言えば、今後も消えない職業と言えるでしょう。

イベント制作スタッフの将来性・安定性

気になるイベント制作スタッフの将来性と安定性についてですが、残念ながら現実的には厳しいと言わざるを得ません。なぜなら、イベント制作の仕事は、実力勝負の仕事であり、一部の有能な人や会社に、仕事が集中しているのが実情だからです。競争率の激しい世界の中で、生き残りをかけてイベント制作スタッフとして働くことに疲れ、途中で挫折して辞めてしまう人も多々います。したがって、将来性、安定性ともにあまり期待できないので、覚悟が必要でしょう。

イベント制作スタッフの仕事のやりがい・本音

イベント制作スタッフとして活躍する人の多くは、何もないスペースから大勢の人を集め楽しめる空間を作れることや、色んな業界に携われることで、自分の視野が広がることに魅力を感じているようです。イベントという非日常の楽しい空間を作ることで、大勢の人に感動を与えられるのは大きなやりがいであり、この仕事の醍醐味であると言えます。

イベント制作スタッフの仕事の良い点

仕事の良い点は、イベントという特殊な世界であるがゆえ、商品も業務内容も勤務地も変わるので、仕事がマンネリ化しない点です。普通のサラリーマンでは飽き足らない、同じことをするのが嫌いな人や、常に刺激が欲しい人、変化が欲しい人にとっては、新しいものを生み出すイベント制作スタッフの仕事は、まさに心がワクワクするような良い仕事と言えるでしょう。

イベント制作スタッフの仕事の悪い点

この仕事の悪い点は、仕事柄、接待などが多く肝臓が弱い人には向かない点です。また、経営者目線で見ると、安定感がなく資金繰りも大変であることや、イベント制作という性質上、社会的信用が高い仕事とは言えず、住宅ローン組むのも一苦労するなど、金銭面での苦労が多いのも悪い点と言えるでしょう。

スポンサードリンク

イベント制作スタッフの仕事の内容

この仕事の内容とは、企業の販促イベント、地方自治体の主催する博覧会や展示会、コンサートなどの実施を請け負い、その制作・管理をすることです。さらに仕事内容を深く掘り下げると、企画や演出にそった会場作り、パンフレットの制作、音響や照明スタッフとの打合わせ、広報活動などを担当し、当日も滞りなく進行できるよう受付やアルバイトスタッフの管理などをします。

イベント制作スタッフの仕事に必要な資格

イベント制作スタッフになるには、特に必須となる資格はありませんし、学歴も原則不要です。一般的には大学・短大・専門学校等を卒業した後、イベント制作会社や広告代理店に就職するのがお決まりのコースですが、この仕事は資格よりも経験が重視されますので、イベント会場でアルバイトするのも一つの方法です。現場がよくわかるとともに人脈もできるので、これらの経験がのちのち仕事に有利に働くこと間違いありません。

イベント制作スタッフの仕事に必要なスキル

イベントにはハプニングもつき物ですから、イベント制作の仕事に必要なスキルとしては、まず臨機応変さが挙げられます。また多くの人と関わる仕事なので、チームワークや周囲の雰囲気を大切にできるコミュニケーション能力も必要不可欠なスキルと言えるでしょう。さらに制作という特徴から、1つのことに熱中できること、厳しい環境の中でも常にモチベーションを維持できる精神力も必要です。

イベント制作スタッフの仕事のまとめ

年収は、勤務先によってだいぶ異なり、小さい会社では労働の割には薄給ですが、大手の会社であれば、手当も充実しているため、30代で800万円台を稼ぐ人もいます。また実力主義の世界ですので、独立しやすいですが、一部の有能な人や会社に仕事が集中して、安定的に仕事を請け負うことが難しいため、将来性・安定性ともに厳しい仕事といえます。しかし、無から有を生み出し、大勢の人に感動を与えられるイベント制作スタッフの仕事は、毎日が刺激的で、大きなやりがいを感じられる魅力的な仕事と言えます。仕事内容としては、企業の販促イベント、地方自治体の主催する博覧会や展示会、コンサートなどの実施を請け負い、その制作・管理をすることであり、この仕事をするには資格は不要ですが、多くの経験を積み、人脈を作ること、さらに必要なスキルとしてコミュニケーション能力、臨機応変さが重要です。

スポンサードリンク

イベント制作スタッフの仕事の年収は800万円。やりがいは非日常の楽しい空間を作ることで、大勢の人に感動を与えられることに関連する記事

人気記事ランキング