イベントプロデューサーの年収・収入は500万円。やりがいは、自分が企画したイベントが成功し、参加してくれた人が楽しんでくれた時

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>イベントプロデューサーの年収・収入は500万円。やりがいは、自分が企画したイベントが成功し、参加してくれた人が楽しんでくれた時

イベントプロデューサーの年収・収入は500万円。やりがいは、自分が企画したイベントが成功し、参加してくれた人が楽しんでくれた時

イベントプロデューサーの年収・月収

イベントプロデューサーの月収はおよそ20万円から40万円、年収はおよそ300万円から500万円となります。
新人の頃は一般的なサラリーマンと同じ程度の年収になりますが、実力をつけていく事で大きな仕事を任されるようになり、年収を増やす事も可能です。
イベントプロデューサーは働く環境やその人の能力で年収に大きく差が生まれます。

スポンサードリンク

イベントプロデューサーは消える職業?消えない職業?

イベントプロデューサーは消えない職業です。
展示会やセミナー、格闘技イベントなど様々なイベントをプロデュースする職業なので、イベントの規模は大小様々なものがあります。
イベント会社だけでなく、一般企業や自治体でもイベントを行っていく傾向があり、イベントプロデューサーとして総合的に活躍できる人材が不足している状態です。
イベントプロデューサーとしての実力をつけていく事で、継続的に仕事を引き受ける事ができる職業です。

イベントプロデューサーの将来性・安定性

イベントプロデューサーの将来性は高く、しっかりとした実力があれば継続的に多くのイベントを任されます。
スポーツや格闘技などの大きなイベントから、自治体による地域活性化のイベントまで様々な仕事があり、これからもイベントプロデューサーの需要は増え続けます。
広告代理店やイベント企画会社に就職することで安定性のある収入を得る事が可能で、実力をつけて経験を積めばさらに多くの収入を得る事ができます。

イベントプロデューサーの仕事のやりがい・本音

イベントプロデューサーの仕事のやりがいは、自分が企画したイベントが成功し、参加してくれた人が楽しんでくれた時です。
イベントは一人で作るものではなく、イベント関係者やメディア関係者など、多くの人が関わっています。スムーズなイベント進行ができるとイベントプロデューサーとしての腕も認められてやりがいを感じます。
しかし、イベントプロデューサーの仕事は忙しく、イベント中の問題にも対処しなければならないため、多くの苦労がある事が本音です。

イベントプロデューサーの仕事の良い点

イベントプロデューサーの仕事の良い点は、自分の考えた企画やアイデアが形になる事です。
そのイベントをどうやって盛り上げるか、それを考えて実行する事ができ、実際にイベントが成功すれば感動を与える事ができます。
何十万人と集まる大きなイベントを任される事もあり、イベントプロデューサーとして関われれば名前も売れ、新たな仕事を獲得する事も可能です。
実力をつけていけばフリーランスとしても働け、キャリアアップを目指せるのが良い点です。

イベントプロデューサーの仕事の悪い点

イベントプロデューサーの仕事の悪い点は、初めから自分の企画を考えられることは少なく、地道に経験を積む必要がある事です。
また、イベントの規模が大きくなればなるほど関わるスタッフの数も増え、それを統括する必要が出てきます。イベントプロデューサーは常に現場を確認して、スタッフの動きを把握しなければなりません。
常に忙しく、時には夜遅くまで仕事をしなければならず、イベント全体の責任を負わなければならないため気苦労が多いのが悪い点です。

スポンサードリンク

イベントプロデューサーの仕事の内容

イベントプロデューサーの仕事の内容は、展示会は博覧会、音楽イベントから地域活性化のイベントまで、様々なイベントを企画から運営まで統括する仕事です。
予算の配分やスタッフの確保、会場の選定や出演者の交渉など、様々な仕事があります。
イベントプロデューサーは企画を考える事以外の仕事が多く、たくさんの人と関わりながらイベントを運営し、様々な問題点を解決して成功に導くのが仕事の内容です。

イベントプロデューサーの仕事に必要な資格

イベントプロデューサーの仕事に必要な資格は特にありません。
イベントを盛り上げるための企画や演出を考えるための感性を磨いておく必要があります。たくさんのライブやショーなどのイベントを体験しておく事で、将来自分が実際にイベントを企画する時に役立ちます。
イベントプロデューサーの仕事は多くの人と関わる事が多く、コミュニケーション能力も必要とします。

イベントプロデューサーの仕事に必要なスキル

イベントプロデューサーの仕事に必要なスキルは、現場を統括するための判断力とコミュニケーションスキル、そしてイベントを企画する企画力です。
イベントプロデューサーとしてスタッフを管理するマネジメントスキルもあると良いでしょう。
また、マーケティングのスキルを持っている事で、ニーズに合わせた企画を立案する事もできます。
就職先によっては大学卒以上を求められる事もあるので、自分が就職したい企業について調べておく必要があります。

イベントプロデューサーの仕事まとめ

イベントプロデューサーの仕事は、企画立案から運営まで一貫して関わる事となり、様々な問題に対処するための判断力が必要となります。
イベントには大小様々なものがあり、規模が大きくなるほど仕事量も増え、経験や実力が求められます。
的確な判断力、統率力、交渉力が重要で、責任者としての自覚を持ち、イベントを成功に導く事がイベントプロデューサーとしての仕事です。

スポンサードリンク

イベントプロデューサーの年収・収入は500万円。やりがいは、自分が企画したイベントが成功し、参加してくれた人が楽しんでくれた時に関連する記事

人気記事ランキング