エンジン設計技術者の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>エンジン設計技術者の仕事の年収・やりがい・本音

エンジン設計技術者の仕事の年収・やりがい・本音

ENGIN

エンジン設計技術者 仕事の年収・月収

エンジン設計技術者の収入は全国平均に比べてやや高い傾向があります。具体的には、年収で平均約540万円、月収で約35万円前後というデータがあります。
エンジン設計技術者は非情に多岐にわたる知識や経験が必要なため、このような高い水準の収入を得られてるものと思われます。
また、平均年齢は約40歳と平均的ながら、平均勤続年数が他の職業に比べてやや高いのも特徴です。そういった点も、収入の高さに関係しているかもしれません。

スポンサードリンク

エンジン設計技術者の仕事は、消える職業?消えない職業?

自動車は、現在の人間の社会生活において、なくてはならないものとなっています。その自動車の心臓部であるエンジンの設計に携わるのがエンジン設計技術者です。
特に昨今では、環境問題への取り組みなどから、新技術を取り込んだ新しいエンジンの開発のため、エンジン設計技術者のニーズは増加している傾向があります。
その為、エンジン設計技術者が消えない職業であるといえます。仮に自動車が無くなっても、エンジンを利用するものは世の中にたくさんあります。それらが一掃されないかぎり、エンジン設計技術者が消える職業となることはないでしょう。

エンジン設計技術者 仕事の将来性・安定性

エンジン設計技術者は安定性・将来性共に高い職業であるといえます。
安定性に関して言えば、エンジン設計技術者という仕事は幅広くかつ深い知識、長年の経験が求められます。しっかりと知識を身につけ、地道に実績を積んでいれば、職を失うということはないといえます。
将来性に関しても、動揺に高いといえます。近年ではエンジン設計に関わらず、設計に携わった人たちが優遇される傾向があります。そのため、仮に所属する社内で将来性が感じられなくとも、キャリアパスの一環として、より待遇のよい会社に転職することが容易となっています。その意味で、将来性が高いといえます。

エンジン設計技術者 仕事のやりがい・本音

特に自動車のエンジン設計に携わる人に多いようですが、エンジンは最先端技術の結晶です。環境問題や省エネルギー、ハイパワーとニーズに合わせたあらゆるエンジンを、持てる知識をフルに使って設計していきます。そうして完成したエンジンを目の当たりにした時、なにより強いやりがいを感じるとのことです。
また、エンジン設計技術者の仕事には、技術的な問題がつきものです。そういった課題を克服し、新たなエンジンを開発、設計していくことがとても楽しい……という本音を持っているエンジン設計技術者の方もいらっしゃいます。

エンジン設計技術者 仕事の良い点

近年では、転職の際のキャリアパスを考えやすいという特徴があります。エンジン設計技術者には非情に広範囲な知識が必要とされ、その知識とエンジン設計の経験は、他の設計職についても充分に応用が効きます。そのため、さらなる高待遇を求めての転職を行う事が容易です。これは良い点であるといえます。
同様に、他の職業からエンジン設計技術者への転職も行いやすく、他の工業製品の設計で培った知識と経験をエンジン設計に活かすことも出来ます。これもまた、良い点であるといえるでしょう。

エンジン設計技術者 仕事の悪い点

非情に多岐にわたるスキルが必要とされる職業です。ざっと挙げても機械工学、電気工学、金属工学、コンピュータ等、数え上げるとキリがありません。その点は、勉強ではなく経験を積んでいきたい人にとっては悪い点であるといえます。同業他社や別業種への転職をしやすいという点はメリットですが、裏を返せば、その分幅広い知識と経験が必要な仕事です。一人前になるには、長い時間を有する、ある意味では職人のような側面のある職業といえます。

エンジン設計技術者 仕事の内容

エンジン設計技術者の仕事は、エンジンの設計を行うことです。市場のニーズ、使用目的に応じた、信頼性の高いエンジンの設計を行います。
他の部門と協力し、機能を取捨選択して、それに見合った性能を持つよう設計し、構想を開発企画書にまとめていきます。
仕事は設計だけでなく、技術的な問題にぶつかった際は、自身が持つ知識と経験をフル活用し、課題の解決に取り組みます。
また、試作品を作った後にはテストが待っています。テストによる実験結果を詳細に分析し、問題があればそこを修正して、より完成度の高いエンジンを目指します。

スポンサードリンク

エンジン設計技術者 仕事に必要な資格

エンジン設計技術者になるのに必要な資格は特にありません。関連する資格として『機械・プラント製図技能士』や『技術士』がありますが、これらは必須ではありません。
なり方ですが、理工系の学校を卒業したのちに就職するのが一般的なようです。特に製図に関する勉強を学校でしっかりと行った後に就職した方が有利であると言われています。
勉強する学校は理工系の高校や大学、専門学校です。特に機械科や機械工学科などを卒業しておいたほうが有利と言われています。

エンジン設計技術者 仕事に必要なスキル

まずはエンジン設計に必要な専門知識が必須なスキルといえます。非情に多岐にわたっており、機械工学、材料力学、熱力学、流体工学、電気工学などが当てはまります。また近年では、コンピューター知識や電気工学、材料科学なども必要と言われています。最先端技術の塊を作り上げるので、多岐にわたる知識が必要になるわけです。
また、知識を持っているだけでなく、それらを複合的に利用するスキルも求められます。持てる別分野の知識をうまく融合させ、課題をうまく乗り切ることの出来るスキルは必須です。
さらに、英語のスキルも近年では必要となるケースもあります。英語のマニュアルや技術的な論文を理解するためには必須といえます。

エンジン設計技術者の仕事のまとめ

現代の最先端技術を行く職業の一つです。近年ではエンジンへの期待や、要求される水準が上がってきており、それを実現してくための充分な知識を持つエンジン設計技術者が、どの職場でも重宝されています。
エンジン設計技術者の仕事は、とても大変です。時には原因不明の難題にぶち当たる時もあります。時には無茶な要求を実現しなければいけない時もあります。
だからこそ、持てる知識をフル活用し、課題克服が出来た時の喜びはひとしおです。エンジンを製作するという『モノヅクリ』の醍醐味と言える瞬間でしょう。
『最先端の職業の一つ』とまとめることが出来ます。近年の要求水準を実現していくのは大変ですが、それだけ達成したときの喜びはひとしおなのです。

スポンサードリンク

エンジン設計技術者の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング