救急救命士の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>救急救命士の仕事の年収・やりがい・本音

救急救命士の仕事の年収・やりがい・本音

emergency-response-personnel

救急救命士 仕事の年収・月収

救急救命士は地方公務員にあたるため、その収入は地方自治体によって変わります。具体的なデータで言うと、年収では平均400~500万円程度、月収では約35万円程度と言われています。
体力面で負担の大きい救急救命士ですが、その分給与以外の待遇で優遇されている傾向があります。消防官専用の寮や団体保険、通常の職業よりも比較的多い休日など、給与面以外の魅力も多い職業となっています。逆に言えば、それだけ体力的な負担の大きい職業ともいえるでしょう。

スポンサードリンク

救急救命士の仕事は、消える職業?消えない職業?

今日の日本では、救急医療をさらに充実させていくことが重要な課題と言われています。その中で救急救命士の役割は非常に大きく、従ってニーズも高い食業と言われています。
それを裏付けるように、近年では救急隊が出動する件数が増加傾向にあり、自治体によっては救急隊を増体する動きも見受けられます。今後はさらにニーズが増えるものと思われます。
よって、救急救命士は消えない食業ということが出来ます。今後も消える職業となることはないでしょう。

救急救命士 仕事の将来性・安定性

救急救命士は地方公務員です。そのため安定性に関して言えば抜群といえるでしょう。しっかりと働いていれば、毎月決まった額の収入が入り、さらに自身から辞職しないかぎり、職を失うという事態に陥ることもありません。
将来性においても高いといえます。救急救命士は地方公務員ですから、毎年必ず昇給があります。さらに近年では、公務員の収入は比較的高い水準にあります。そのため最終的には、収入の水準はかなり高くなるといえます。将来性においても高いのが、救急救命士という職業です。

救急救命士 仕事のやりがい・本音

救急救命士の仕事は、人の命を助けることです。特に生きるか死ぬかの瀬戸際にある患者さんを病院まで運ぶケースも多く、そういった場合は、応急的な処置を行いながら、患者さんを病院まで運びます。
自身が運んだ患者さんが無事助かった時、その患者さんから後日『ありがとう』と言われた時の喜びは一塩といいます。命を助けられた喜びと、感謝される喜びは、救急救命士としてこの上ないやりがいということが出来ます。
ただし、救急救命士は消防職員の中でも比較的評価されないケースが多く、そのことに不満をつのらせている……という本音を抱えた救急救命士の方も多くいるようです。

救急救命士 仕事の良い点

やはり地方公務員ですから、その待遇は魅力的です。自身が決心しないかぎり職を失うことはなく、さらに収入は比較的高水準。休日や社会保障といった面でも高待遇であり、救急救命士という職業は、その大変さに見合うだけの待遇を受けることが出来ます。これは仕事を続けていく上で良い点といえます。
特に、休日に関しては多くの方が良い点として挙げています。体力的に負担の大きい仕事内容である分、休日が多く設定されている職場がほとんどで、場合によっては一ヶ月のうちに20日前後が休日……という場合もあります。しっかりと休日を取りたい人にとっては、特に良い点であるといえるでしょう。

スポンサードリンク

救急救命士 仕事の悪い点

やはり、多くの救急救命士が『勤務の苛酷さ』を悪い点として挙げます。待遇面においてかなりの高待遇が光る救急救命士ですが、その分勤務内容は苛烈を極めます。中には体力的に仕事を続けられなくなり、退職していく人もいるほどです。体力のない人にとっては悪い点といえます。
また、人の命を助けることが仕事ですが、場合によっては悲しい場面に立ち会わなければならない場合もあります。時には悲惨な現場を目の当たりにすることもありますし、人の死を見とらなければならない場合もあるでしょう。そういった瞬間に立ち会う可能性があるというのも、悪い点と言わざるを得ません 。

救急救命士 仕事の内容

救急車に同乗し、病院までの搬送中に患者さんの身に緊急事態が起こった際、医師の指示のもとで救急救命処置を行うことが、救急救命士の仕事です。
通常、救急救命士は消防官として消防署に勤めています。救急車に乗っている救急隊員の全員が救急救命士というわけではなく、緊急を要する傷病者を担当する蘇生処置専門のスタッフが、救急救命士です。
救急救命士が行える処置は限られており、心肺停止状態での電気ショックや薬剤投与、点滴、気道確保や気管挿管などが該当します。また、独断でこれらの処置を行う事はできず、必ず無線や電話による医師の指示を受けなければなりません。

救急救命士 仕事に必要な資格

救急救命士になるには、救急救命士国家試験に合格し、その国家資格を取得する必要があります。
国家試験を受験するにはいくつか条件があり、救急救命士養成学校を卒業するか、資格取得前に消防署に勤務して所定の勤務時間を経験することが求められます。
いずれの場合も、勤務地はほぼ消防署となります。そのため国家資格の取得とは別に、消防官採用試験に合格する必要もあります。他の勤務地は自衛隊、海上保安庁、警察などが該当しますが、いずれの場合も採用試験に合格する必要があります。

救急救命士 仕事に必要なスキル

多くの方が、判断力を必要なスキルとして挙げます。救急救命士のしごと現場は、そのほとんどが緊急を要する状態です。そのため、どのような状況でも冷静かつ的確に行動、判断出来る判断力が必要と言われています。
また、『人の命を助ける』という使命感も必要な素養といえます。どのように過酷な状況でも、諦めずに行動出来る使命感や責任感、制止の場面に立ち会う際に必要になってくる強い精神力もまた、必要な素養といえるでしょう。

救急救命士の仕事のまとめ

非常に過酷な職業であり、様々な問題を抱えている職業でもあります。需要は年々増加傾向ではありますが、行える救命処置の範囲の問題や人手不足など、過酷な現状は枚挙に暇がありません。
ですが、そのような状況であっても公務員としての高待遇は魅力的で、救急救命士の人数は、毎年少しずつ増加傾向にあります。
また、2011年に起こった東日本大震災において、被災した人々を懸命に助ける救急救命士が大きくクローズアップされました。その姿が全国の求職者や中高生に大きな印象を与え、特に現在、救急救命士国家試験の受験者数が大きく伸びているといいます。
このように過酷な職業であり、様々な問題を抱えている救急救命士ではありますが、その状況も改善されてきています。また、人の命を救うという使命を帯びた職業でもあり、『ヒーロー』とまとめることの出来る、素晴らしい職業といえるでしょう。

スポンサードリンク

救急救命士の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング